12月に入ってもまあまあ温かいと感じていたのもつかの間、最近はどっさり雪が降ったり、最高気温がマイナス20度とかで、全く外に出たくない。

そんな時にはミシンをカタカタする時間が長くなります。
最近作ったものを紹介!
d0200143_08284727.jpg
子どもたちの家用ベスト。使わなくなったフリースのブランケットを中生地につかい、外側は余ってたキルティング。うちの家はセントラルヒーティングで基本的には暖かいのだが、夜とか寝起きは冷えると思い子どもたちに1つずつ作りました。けど、脱ぎたがる。子供は体温高めやったね。

d0200143_08321858.jpg
中身が見えるおもちゃ入れ袋。テーブルの保護なんかで使うようなビニールがうちに残ってたのでそれを使ってシャシャシャーと作りました。ビニールがしっかりしてるのでヘターっとなることなく自立するので中身が見えやすい。もう少し大きいものをもう1つ作りました。

d0200143_08345475.jpg
でっかいショッピングバッグ。
d0200143_08355552.jpg
冬のお出かけでは分厚いジャケットに帽子、手袋、マフラーと大荷物。外は凍てつく寒さでもお店の中はヌクヌクなので、お店についたら子どもたちが脱いだジャケットなんかを入れられるようなバッグが欲しいと思って作りました。
d0200143_08384300.jpg
バッグを使わないときは両端を左右に引っ張ればこんな細長い形になるので、それを端っこからクルクルと巻けば小さく収納することができます。
d0200143_08401401.jpg
比較対象がないので分かりにくいが手のひらサイズ。これ、めちゃ便利。

d0200143_08415645.jpg
ソウソウのキャンバス生地で作った2口トートバッグ。
d0200143_08431616.jpg
こんな感じで真ん中に小さなポケットを挟んで大きな入り口が2つあります。
d0200143_08445410.jpg
片方に借りた絵本、もう片方はクラスで使う教材を入れるのにピッタリ。日本語センターで便利に使えるものが欲しくて作りました。
肩からかけても窮屈じゃない長さの紐にして正解。重い本たちも楽々持つことができます。

d0200143_08470491.jpg
余った生地で作った旦那さんのお弁当袋。これはもう型紙も何もなく適当過ぎる感じで作りました。旦那さんのものとなると意欲がわかない…?
d0200143_08484583.jpg
ついでに、日本のダイソーで買ってきていた手ぬぐいであずま袋を作り、お弁当を包むのに使ってます。
d0200143_08502091.jpg
最後は、友達親子に作ったエプロン。ポケットの付け方はわざとデザインを変えてみたけど、こうやって写真で見てみると同じにすればよかったな。

こんな感じで、この冬、まだまだいろいろ作ります!


[PR]
# by k_meiko | 2017-12-28 08:23 | 作ってみました。 | Comments(0)

2017年ももうすぐ終わり

前回のブログから1ヶ月が過ぎてしまった。この1ヶ月間、何してたかあんまり覚えてないくらいあっという間に過ぎ去りました。

ちょっと思い出しながら…
d0200143_03084813.jpg
1歳3ヶ月になる直前にすたこら歩き始めた次男。今ではお兄ちゃんの後を追いかけてどこへでも歩いて行きます。ちょっとした段差とかも平気。
d0200143_03104765.jpg
お兄ちゃんが大好きで、お兄ちゃんが歌うと必ずそばに来て踊ります。
d0200143_03122313.jpg
どっさりと雪が降った時も数回あり、気温がそんなに低くない日は外で遊びます。この日はソリに乗せて近所を散歩。私は汗だくで背中がバキバキになりました。
d0200143_03141269.jpg
保育園で貰ったクリスマスのお菓子。我が家はクリスマスを祝わないので、こういったことでしかクリスマスを味わえません。
d0200143_03154558.jpg
槍が飛ぶおもちゃに槍をつめている次男。最近は手先が器用になり、こんなことも出来るようになった。ゴミはゴミ箱に捨てるし、靴下持ってきてと言うとちゃんと持ってきて、自分で履こうとする。服も自分で脱ぐし、ご飯も自分で食べたいと主張する。
なんでも「ママしてーー」の長男とは違って、早い時期から自立心高め。

相変わらず甘えっタレの長男は、私の周りをウロチョロします。抱っこを要求されるときも多いし、一緒に寝るときもあります。
最近は何に対しても興味があるらしく、「あれは何?どうして?それから?どうして?」ってずっと聞いてきます。
1つの歌を最後までちゃんと歌えるようになりました。数字もわかるようになってきました。

けど、お絵かきとか塗り絵とかには興味がないようで、未だにえんぴつが上手に持てません。
d0200143_03233773.jpg
たまにお兄ちゃんらしい行動をする時もあって、なんだか成長を感じる。

そんな我が家のボーイズ、只今ノロウイルスにヤラレ中。その処理を全面的にしている私は今んとこ元気だが、ちょろっとしか関わってない旦那さんが昨夜から病んでます。気合が足らんのじゃ!

[PR]
# by k_meiko | 2017-12-28 03:05 | モントリオールライフ | Comments(0)

今回は移民関連の話。
これから紹介するのは私ではなく姑(モロッコ人)の話です。実際に私が何かをしたわけではなく、話を聞いただけなのだし、「これが絶対!」ってわけではありません。またケースバイケースな事なので、必ずしもみんながそうであるというわけでもありません。

姑は2011年に「親の呼び寄せ移民」でカナダに移民しました。呼び寄せたのは私の旦那さん。その当時健在だった舅と一緒にです。基本的にモロッコに生活拠点を置き、5年後の移民更新に影響がないくらいはモロッコで暮らす予定でしたが、舅が病気になり、モロッコで治療を受けるということで、二人揃ってモロッコでいることが多くなりました。
2013年の夏に旦那さんが他界してからはちょくちょくカナダに来てたけど、2016年の移民更新の時期までに、必要日数(5年のうちの3年間はカナダにいること)にはるかに足らない日数しかカナダにいなかったのです。

Canadaの移民局によると、カナダにいられなかったそれなりの理由(姑の場合は、舅の看病)があり、それらを証明するものがあれば、日数が足らなくても更新申請ができる、ということで、2016年の5月に弁護士を通して申請書類を提出しました。
提出後はネットで進行状況を確認していたようで、申請書類が届いたのが8月(これは弁護士がちゃんと送らなかったのでは?と疑っている)10月頃に「審査を開始した」となっていました。
それからなーんの音沙汰もなく、電話で問い合わせてもメールもFAXも、全て「今審査中です」で済まされ…2017年の春になった頃また色々必要書類を提出するようにと手紙がありました。
それを出してからまたなんにも音沙汰なし。

9月末にまた手紙が届き、「10月末にインタビュー」のご案内が来て、おーいよいよかぁーと意気込んでいました。
インタビューの練習を弁護士として準備万端で臨んだ姑。ど緊張したらしい。内容はあんまり聞かなかったが、インタビューが終わって帰り際にインタビュアーに「あなた合格よ、おめでとう。早速国に帰れるわねー」とかまかけられたようで、姑、「そう!早く帰りたい!と言いそうになったけど、カナダが好きになったからカナダにいるよ!って言えて良かったぁ」と言ってました。

2016年の9月末から1年以上もカナダに居続けた姑。こんなに長くモロッコにいなかったのは初めてのことで、何度も移民のことは諦めて帰ろうとしてました。私も正直、そんな気持ちなら帰ったほうがいいんじゃない?って思ってたし、姑にもそう言いました。別にカナダに来られなくなるわけじゃないし、やっぱり生活拠点はモロッコなわけだし。
けど私以外の全員(親戚)が「移民のことがはっきりするまではカナダにいなさい」と言っていたようで、我慢しながらカナダにいました。モロッコではお手伝いさんもいて、楽な生活ができてたのに、カナダでは自分でなんでもしないといけない。ちなみに独身の長女がカナダにいるのでそこで生活してて、たまーに、うちに遊びに来てるくらいでした。
この1年何にもしてなかったわけではなく、コミュニティセンターみたいなところで子どもたちのお世話をしたりとかっていうボランティア的なことをして、インタビューの時に有利になるような活動をほそぼそとしてました。
ほぼ毎日ひまーな生活をしているのに、部屋が汚いのはやっぱり、モロッコでお手伝いさんにしてもらってたからなのだろう。

10月末にインタビューを受けた時に合否を言われていたのだが、カードが届くのは1ヶ月か2ヶ月先に郵送か、もしくは直接取りに行かなければならない、と言われたそうです。まだモロッコには帰れません。

そしてつい先日、カードが届きました。それを姑に言うと「今まで生きてきた中で一番嬉しいニュース!!」と喜んでました。それだけモロッコに帰りたかったようです。まだ詳しくは聞いてないけど、たぶんもうすぐモロッコに帰るんでしょうな。

長くなりましたが、移民更新の日数が足らない人、根気よく待っていれば更新できるかもですよー。


[PR]
# by k_meiko | 2017-11-25 02:43 | 移民について | Comments(0)

今回は次男のことー!
昨日で1歳2ヶ月になりましたー。あー早い!毎日あっいうまに過ぎていくー。
d0200143_13380610.jpg
食べるの大好き。なんでも食べます。食べ物の用意してたら「マンマ、マンマ」と言いながら寄ってきます。熱い時は「フーフー」ってしてます。

d0200143_13395647.jpg
お兄ちゃんにおもちゃ取られます。けど取り返すこともします。お兄ちゃんの遊びの邪魔をしてよく叩かれます。けどお兄ちゃん大好きです。
d0200143_13412965.jpg
手を上手に使います。蓋を閉めたり、お菓子をつまんだり。手遊びの歌(幸せなら手を叩こう、とか)を歌うと手を叩きます。眠いときは自分の髪の毛を引っ張ります。

d0200143_13440718.jpg
食べてる写真ばっかり…

昨日、初めて自分で立ち上がりそのまま2歩歩きました。「出来たー」って感じでこっちを見て笑ってる姿がかわいかったー!どんどん成長していく次男。まだまだちっこい赤ちゃんでいてほしいなー。あ、けど、そろそろ朝までずっと寝てほしいなーとも思う。

[PR]
# by k_meiko | 2017-11-06 13:35 | 次男 育児 1歳 | Comments(0)

豪華なハロウィン

去年初めてハロウィンと言うものを経験し、なかなか楽しいじゃないか!と今年はかなり前から準備をしてました。

消防士になりたい!という長男のためにダンボールとフェルトで消防車を作り、中古屋さんで見つけた消防士のコスチュームとヘルメットで準備完了!とノホホンとしておったら、このコスチュームがビニール製であんまり柔らかくなく、これを着ると消防車に乗れない!ということが前日に発覚したので、急いで衣装も作りました。
d0200143_13103807.jpg
この日はデイケアがストライキでおやすみになったので、子供二人に邪魔されながらジャケットとズボンを作りました。
適当すぎやろ?ってくらい適当に作ったけど、なんとか形になって一安心。後から気づいたのだが、そういや消防士の衣装って赤じゃなくね?ヘルメットと消防車がなければカンフーオジサンに見えます。

次男はたまご寿司にしようと思ったけど、寒くなる予報だったのと、お下がりでもらったのがあったのでそれを着せることにしました。

ハロウィン当日はデイケアに仮装していき、消防車もちゃんと持って行ったのだが、お迎えに行ったときにはお友達が遊んでおった。その子の衣装、タートルズ。

夜はお友達にお願いしてお友達の近所の金持ちエリアをまわりました。
d0200143_13182606.jpg
次男はライオン。ズボンもあったが似たような色の服を着てたので割愛しました。
次男用の袋もちゃっかり用意。数種類のお菓子を詰め合わせにしたものをくれる人や、バラバラバラーと入れてくれる人、ドアの前に「ご自由にお取りください」という人、「赤ちゃんならこっちのほうがいいわね」とわざわざ選んでくれる人…いろーんな人がいましたが、総じて言えるのは「家が豪華ー♪」
お菓子をもらえるのが嬉しい長男は自分でちゃんと歩いてちゃんとお礼も言って頑張ってました。次男をずっと抱っこして歩いてくれた旦那は汗だくになり、豪華な家を見て回った私は「あー金持ちってやっぱ余裕が見られるな」とそんなことばっかり考えてました。
d0200143_13230909.jpg
デコレーションもすごいし、コスプレも本格的。左はポリスで右はトップガン。
d0200143_13244272.jpg
風になびくかぼちゃのおばけのデコレーション。この家はシンプルな方。
d0200143_13260444.jpg
お金持ちエリアだからもらえるお菓子も豪華だろうと予想していた通り、HERSHEYのチョコやチップスなども多くありました。がやはり、色がどぎついキャンディや、見たことないようなキャラメルなど、子供にあげたくないと思うようなお菓子も入っていました。
とりあえず、HERSHEYとチップス系は私と旦那さんのご褒美!として頂き、残りをすこーしずつ子供にあげようと思います。
がしかし、ハロウィンの次の日から高熱を出した長男は、まだハロウィンで貰ったお菓子を食べてません…チョコ大好きな長男が欲しがらないくらいぐったりしていた数日間だったので、インフルエンザかも…?

[PR]
# by k_meiko | 2017-11-06 13:06 | モントリオールライフ | Comments(0)