今回は移民関連の話。
これから紹介するのは私ではなく姑(モロッコ人)の話です。実際に私が何かをしたわけではなく、話を聞いただけなのだし、「これが絶対!」ってわけではありません。またケースバイケースな事なので、必ずしもみんながそうであるというわけでもありません。

姑は2011年に「親の呼び寄せ移民」でカナダに移民しました。呼び寄せたのは私の旦那さん。その当時健在だった舅と一緒にです。基本的にモロッコに生活拠点を置き、5年後の移民更新に影響がないくらいはモロッコで暮らす予定でしたが、舅が病気になり、モロッコで治療を受けるということで、二人揃ってモロッコでいることが多くなりました。
2013年の夏に旦那さんが他界してからはちょくちょくカナダに来てたけど、2016年の移民更新の時期までに、必要日数(5年のうちの3年間はカナダにいること)にはるかに足らない日数しかカナダにいなかったのです。

Canadaの移民局によると、カナダにいられなかったそれなりの理由(姑の場合は、舅の看病)があり、それらを証明するものがあれば、日数が足らなくても更新申請ができる、ということで、2016年の5月に弁護士を通して申請書類を提出しました。
提出後はネットで進行状況を確認していたようで、申請書類が届いたのが8月(これは弁護士がちゃんと送らなかったのでは?と疑っている)10月頃に「審査を開始した」となっていました。
それからなーんの音沙汰もなく、電話で問い合わせてもメールもFAXも、全て「今審査中です」で済まされ…2017年の春になった頃また色々必要書類を提出するようにと手紙がありました。
それを出してからまたなんにも音沙汰なし。

9月末にまた手紙が届き、「10月末にインタビュー」のご案内が来て、おーいよいよかぁーと意気込んでいました。
インタビューの練習を弁護士として準備万端で臨んだ姑。ど緊張したらしい。内容はあんまり聞かなかったが、インタビューが終わって帰り際にインタビュアーに「あなた合格よ、おめでとう。早速国に帰れるわねー」とかまかけられたようで、姑、「そう!早く帰りたい!と言いそうになったけど、カナダが好きになったからカナダにいるよ!って言えて良かったぁ」と言ってました。

2016年の9月末から1年以上もカナダに居続けた姑。こんなに長くモロッコにいなかったのは初めてのことで、何度も移民のことは諦めて帰ろうとしてました。私も正直、そんな気持ちなら帰ったほうがいいんじゃない?って思ってたし、姑にもそう言いました。別にカナダに来られなくなるわけじゃないし、やっぱり生活拠点はモロッコなわけだし。
けど私以外の全員(親戚)が「移民のことがはっきりするまではカナダにいなさい」と言っていたようで、我慢しながらカナダにいました。モロッコではお手伝いさんもいて、楽な生活ができてたのに、カナダでは自分でなんでもしないといけない。ちなみに独身の長女がカナダにいるのでそこで生活してて、たまーに、うちに遊びに来てるくらいでした。
この1年何にもしてなかったわけではなく、コミュニティセンターみたいなところで子どもたちのお世話をしたりとかっていうボランティア的なことをして、インタビューの時に有利になるような活動をほそぼそとしてました。
ほぼ毎日ひまーな生活をしているのに、部屋が汚いのはやっぱり、モロッコでお手伝いさんにしてもらってたからなのだろう。

10月末にインタビューを受けた時に合否を言われていたのだが、カードが届くのは1ヶ月か2ヶ月先に郵送か、もしくは直接取りに行かなければならない、と言われたそうです。まだモロッコには帰れません。

そしてつい先日、カードが届きました。それを姑に言うと「今まで生きてきた中で一番嬉しいニュース!!」と喜んでました。それだけモロッコに帰りたかったようです。まだ詳しくは聞いてないけど、たぶんもうすぐモロッコに帰るんでしょうな。

長くなりましたが、移民更新の日数が足らない人、根気よく待っていれば更新できるかもですよー。


[PR]
# by k_meiko | 2017-11-25 02:43 | 移民について | Comments(0)

今回は次男のことー!
昨日で1歳2ヶ月になりましたー。あー早い!毎日あっいうまに過ぎていくー。
d0200143_13380610.jpg
食べるの大好き。なんでも食べます。食べ物の用意してたら「マンマ、マンマ」と言いながら寄ってきます。熱い時は「フーフー」ってしてます。

d0200143_13395647.jpg
お兄ちゃんにおもちゃ取られます。けど取り返すこともします。お兄ちゃんの遊びの邪魔をしてよく叩かれます。けどお兄ちゃん大好きです。
d0200143_13412965.jpg
手を上手に使います。蓋を閉めたり、お菓子をつまんだり。手遊びの歌(幸せなら手を叩こう、とか)を歌うと手を叩きます。眠いときは自分の髪の毛を引っ張ります。

d0200143_13440718.jpg
食べてる写真ばっかり…

昨日、初めて自分で立ち上がりそのまま2歩歩きました。「出来たー」って感じでこっちを見て笑ってる姿がかわいかったー!どんどん成長していく次男。まだまだちっこい赤ちゃんでいてほしいなー。あ、けど、そろそろ朝までずっと寝てほしいなーとも思う。

[PR]
# by k_meiko | 2017-11-06 13:35 | 次男 育児 1歳 | Comments(0)

豪華なハロウィン

去年初めてハロウィンと言うものを経験し、なかなか楽しいじゃないか!と今年はかなり前から準備をしてました。

消防士になりたい!という長男のためにダンボールとフェルトで消防車を作り、中古屋さんで見つけた消防士のコスチュームとヘルメットで準備完了!とノホホンとしておったら、このコスチュームがビニール製であんまり柔らかくなく、これを着ると消防車に乗れない!ということが前日に発覚したので、急いで衣装も作りました。
d0200143_13103807.jpg
この日はデイケアがストライキでおやすみになったので、子供二人に邪魔されながらジャケットとズボンを作りました。
適当すぎやろ?ってくらい適当に作ったけど、なんとか形になって一安心。後から気づいたのだが、そういや消防士の衣装って赤じゃなくね?ヘルメットと消防車がなければカンフーオジサンに見えます。

次男はたまご寿司にしようと思ったけど、寒くなる予報だったのと、お下がりでもらったのがあったのでそれを着せることにしました。

ハロウィン当日はデイケアに仮装していき、消防車もちゃんと持って行ったのだが、お迎えに行ったときにはお友達が遊んでおった。その子の衣装、タートルズ。

夜はお友達にお願いしてお友達の近所の金持ちエリアをまわりました。
d0200143_13182606.jpg
次男はライオン。ズボンもあったが似たような色の服を着てたので割愛しました。
次男用の袋もちゃっかり用意。数種類のお菓子を詰め合わせにしたものをくれる人や、バラバラバラーと入れてくれる人、ドアの前に「ご自由にお取りください」という人、「赤ちゃんならこっちのほうがいいわね」とわざわざ選んでくれる人…いろーんな人がいましたが、総じて言えるのは「家が豪華ー♪」
お菓子をもらえるのが嬉しい長男は自分でちゃんと歩いてちゃんとお礼も言って頑張ってました。次男をずっと抱っこして歩いてくれた旦那は汗だくになり、豪華な家を見て回った私は「あー金持ちってやっぱ余裕が見られるな」とそんなことばっかり考えてました。
d0200143_13230909.jpg
デコレーションもすごいし、コスプレも本格的。左はポリスで右はトップガン。
d0200143_13244272.jpg
風になびくかぼちゃのおばけのデコレーション。この家はシンプルな方。
d0200143_13260444.jpg
お金持ちエリアだからもらえるお菓子も豪華だろうと予想していた通り、HERSHEYのチョコやチップスなども多くありました。がやはり、色がどぎついキャンディや、見たことないようなキャラメルなど、子供にあげたくないと思うようなお菓子も入っていました。
とりあえず、HERSHEYとチップス系は私と旦那さんのご褒美!として頂き、残りをすこーしずつ子供にあげようと思います。
がしかし、ハロウィンの次の日から高熱を出した長男は、まだハロウィンで貰ったお菓子を食べてません…チョコ大好きな長男が欲しがらないくらいぐったりしていた数日間だったので、インフルエンザかも…?

[PR]
# by k_meiko | 2017-11-06 13:06 | モントリオールライフ | Comments(0)

日本語センター運動会

長男が幼児1(3歳クラス)に行くようになってから初めての親子参加イベント「運動会」
旦那と次男も一緒に朝から張り切って行ってきましたー!

がしかし、体育館についた時から不機嫌な長男。
お友達もまだ数人しか来ておらず、いつもと違う場所だから「帰る帰る」の連発。しまいには大泣き。。。

開会式、ラジオ体操、玉入れと全て参加を拒否し、しかもみんなと一緒におらずに、パパに抱っこされ、おやつの時間に食べるはずのお菓子を早速食べておる!!

こんな様子じゃいても意味ないので「なら帰ろ帰ろー!」と手を引いて出口に行くふりをしながらクラスのみんなの場所へ連れて行ったら、仲良しのお友達が優しく手を繋いでくれてすんなり仲間に…なんじゃそりゃ。しかもタイミングよくおやつの時間。楽しそうに残りのお菓子を食べておる。なんじゃそりゃ。

d0200143_12535146.jpg
幼児1が出る種目は玉入れとせんべい競争。
玉入れは出なかったが、せんべい競争は嬉しそうに参加してました。
せんべい取ってゴールに走ったあと「そーいやまだ残ってたな?」とまたせんべい取りに行こうとするのを先生に呼び止められてました。

d0200143_12560787.jpg
閉会後にもらったメダルとお菓子たち。
保護者参加の玉入れにはうちの旦那さんも参加し、人生で初めてしたはち巻と玉入れに興奮してました。

慣れない環境に戸惑ったのは次男もで、最初から最後までグズグズしてました。
疲れた午前中の運動会を終え、午後からは私のクラスの子どもたちと一緒に児童部の運動会にも参加した私は、その後チューターもあったのでクッタクタになりました…

[PR]
# by k_meiko | 2017-11-06 12:46 | 長男 育児三歳 | Comments(0)

最近の製作活動

次男がデイケアに行くようになってから、今までたまりにたまっていた製作欲望をドドーンと満たしております。
作りたかったもの、どんどん作っているのですが、これがめちゃいいストレス発散になっているのです!
家事と育児だけをするのであれば、長男も次男も毎日家に居てくれていいのだが、裁縫とかDIYが好きな私は、これらをする時間もほしい!ということで、子どもたちには週2か3でデイケアに行ってもらっています。もちろん、デイケアに行かせる理由は他にもあるのですが…

ではでは製作活動をご紹介!
d0200143_11261724.jpg
友人にお下がりで頂いたハッピをリメイクして作ったトート。
d0200143_11271728.jpg
腰紐、ハチマキも一緒にもらったので、ハッピを着ているかのようなデザインにしてみました。
d0200143_11282266.jpg
中の裏地はイケアで安売りしてたキャンバスっぽい生地。余ったハッピの袖を内ポケットにしてみました。
持ち手の紐も家に残ってたのを使ったので、家にあるものだけで作ることが出来ました。

次はこれ。
d0200143_11304027.jpg
ソウソウの生地で作ったソウソウ風の斜めがけバッグ。
厚手のキャンバス生地なので、ジーンズ用の針でもなかなか難しく、縫うのが結構大変でした。生地が4枚重なっているところでギリ。
d0200143_11324674.jpg
チャックは家にあったものを使用。端から端までキチンと閉じられるように付けてみました。
d0200143_11340704.jpg
内ポケットは、携帯とお財布がすっぽり入るようにつけてみました。
1メートル四方の生地を余すことなく使い切ったので、ポケットは生地のミミをそのまま利用。
d0200143_11360218.jpg
お財布(右)と同じサイズのカード入れも作成。
d0200143_11370897.jpg
蛇腹に折り込んで端をミシンでガーッと直線縫いするだけでできるので簡単なのだが、生地の厚さがハンパなかった!針、折れなくてよかったー。

他にも…
d0200143_11384530.jpg
d0200143_11392436.jpg
ランチョンマットにもなる巾着袋。
円形なので長い紐が必要なのだが、家にある紐じゃ長さが足らなかったので紐も作成。
円を縫うのって結構難しい。基本的に縫い代込みで生地を裁断するので、縫い線と言うものを引かずにミシンをするのだが、この巾着の外側の生地は、イチョウ型の生地を4枚縫い合わせて円形にしているので、どうしてもズレができてしまい、外側の円形と縫い合わせるときに形が合わなかったりして困ったり…

写真には撮ってないが、この他にもスカートやトップスを作ったりしました。生地が足らなくて急遽デザインが変わってしまったり、ポケット付け忘れたり…など、いろいろ不満足な部分もあるが、日頃のストレスが解消されるので、そこは満足!

さぁ次は何を作ろうかな?

[PR]
# by k_meiko | 2017-10-21 11:20 | 作ってみました。 | Comments(0)