新しいミシン

ついに買いました、新しいミシン。
ずっと前に、日本へ完全帰国して行った友人にもらったやつを使ってましたが、もらった時からイライラせずに裁縫ができたことがないくらい調子の悪いミシンでして…(くれた友達には悪いが…)

裁縫は上手ではないが、何かを作るのが好きな私は、裁縫が上手じゃないのをミシンのせいにしていた!
だから、ちょっといいヤツを使えば上手に作れる!と信じ、今回ちょっといいヤツを買ってみた。

d0200143_09154189.jpg
PFAFFというドイツの会社の。passport 2.0という型です。お値段499ドルプラスタックス。
お店はSaint HubertにあるClub tissusの中のPenelopeというミシン専門店。
1000ドル以上するやつ買わないとイイヤツじゃないんかなー?と思っていたが、お店の人が「子供のものやちょっとしたものを作るのなら300ドルくらいでも十分」と教えてくれた。1000ドル超えのやつは、スーパーコンピュータが内蔵されてて、刺繍のデザインがたくさんあったりする。もしくは、工業用のやつ。鉄?というかどっしりとした作りのやつで、ガンガン毎日ジーパン縫います!みたいな人に良さそげ。

「んじゃ予算500ドルでー」とお店の人に伝えると、ちょうどプロモーションで激安になってるやつがあるよ。と。(たしか元値は800ドル以上)それが、私が今回買ったPFAFFのPassport 2.0。コンピューターミシンです。
d0200143_09565037.jpg
縫い目の幅など、ボタンをピピっと押すだけで調整できます。
d0200143_09235304.jpg
フットペダルもあるが、無くてもスタートとストップができます。
d0200143_09593984.jpg
ミシンの右端っこにペラっと刺繍の一覧表。こんなにたくさんあっても多分、ベーシックなやつしか使わんだろうな…
d0200143_10013974.jpg
ハードカバーに電源コードを収納するスペース有り。
作業をする場所がダイニングテーブルなので、毎回片付けをする必要がある私には大変ありがたいハードカバーと収納スペース。

最近の楽しみはもっぱら布屋さんに行くこと!Fabric villeのメンバーカードも手に入れたので、いつもお安く布を買うことができる!けど、やっぱりデザインとか質とかが、日本のに比べてわくわくが劣るなー。なんか、日本って最近は若い子や、ママさんなんかがするようになったからか、かわいい布地が多いが、こっちはオバサンがするイメージが強いのか、布の柄や素材が一昔前な感じ。パターンも売っているが、日本ではアンティークな域に入るのではないかと思われるようなヤツが多い気がする。(肩パット入ってる?バミューダパンツ?)

パターンは自分の持っている服から作ることにしました。初めての挑戦たけど、体がでかい私には既成のパターンはサイズが合わないので、自分の持っている服を参考にした方がいいと思って。

いやー、失敗!
ミシンがいい仕事してくれるので、縫う作業は快適なのだが、パターンが失敗しているので、着られない!!

いつか「できたっ!」と満足できるものが出来たらお見せします。


[PR]
Commented by YUKI at 2017-06-28 01:00 x
ミシン買ったのねー!最近全然、裁縫する時間ないけど、私も欲しいぃー(って大したモン作らないけど)。
Commented by k_meiko at 2017-07-02 09:10
YUKIさん、
教えてもらったあの店で買いましたよー!なんかストレス発散するかのように即決で!ミシン台もkijijiで買って、気分はマダムクチュール。
by k_meiko | 2017-06-25 09:11 | モントリオールライフ | Comments(2)