ラマダン明けとガソリン

1ヶ月続いたラマダンが日曜日に明けました。
今回は5月27日から6月24日の1ヶ月でした。
今年も私は授乳中ということでラマダンせず、我が家では旦那だけが断食してました。次男が寝る時間と日暮れの時間が同じなので、旦那はほぼ毎日一人でご飯食べてました。(私は二人の子供の寝かしつけ)

暑い日もあったりして結構大変そうだったラマダンがようやく終わった日曜日、この日は友達んちに行ったり、義理母んとこに行ったりしました。
d0200143_00160500.jpg
友達のとこの娘さん二人に遊ばれた長男。ちょっと女子っぽいポーズをとるあたり、まんざらでもない様子。

d0200143_03304492.jpg
お気づきだろうか。この日はイスラム教徒にとって大事な日なのでうちの男たちはみんなおそろいのシャツ着てます(旦那はひだり、次男を抱っこしてるのは友達の旦那さん)

この日、同じくラマダン明けのお祭りを楽しんでいたであろうパキスタンで悲しい事件が起きた。パキスタンのある地方都市でガソリンタンクを運んでいたトラックが交通事故を起こし、タンクからガソリンが漏れてしまった。そのガソリンを盗み取ろうと近所の住人がわんさか集まったそうな。100人以上の男女、子どもたちが家から持ってきたお鍋やボトルなどにタンクから漏れたガソリンを拾いに集まる…こんな風景、私は想像できません。
ガソリンが漏れてる交通事故現場、絶対近寄りたくない。絶対危ないやん。
この事件で何が悲しいかと言うと、この群がった住人たちの中にタバコを吸いながらガソリンを集めようとしていた人がいたがために、100人以上の人が一気に燃え上がったのだ。
タバコを吸いながら?!タバコ?!
ありえない…

日本ではガソリンスタンドでタバコは絶対に吸ってはいけないことになっている。(禁煙のサインがある)
カナダでも常識としてタバコを吸わないことになっている(サインはない?)けど、たまに吸っている人がいるから怖い。それにカナダのガソリンスタンドにはコンビニの様なお店があり、ここでタバコが売られている。ということは、ガソリンスタンドでタバコを吸ってもいいのか?日本が厳しいだけなのか?
日本が厳しいだけだとしても、パキスタンで起きた事故はやっぱり「無知」や「無教育」から来るものなのかなー?

もしこのトラックが前日に事故を起こしていたら、つまり、ラマダンが開ける前に事故を起こしてたら、タバコを吸いながらガソリンを集める人はいなかっただろうに…(ラマダン中、日中は喫煙も禁止されている)そしたら100人以上の人が一気に燃え上がるなんてことはなかっただろうに…


[PR]
by k_meiko | 2017-06-27 00:06 | モントリオールライフ | Comments(0)