カテゴリ:モントリオールライフ( 261 )

こないだの週末、久しぶりモントリオールのオールドポートに行きました。
朝からゴロゴロしてた旦那が「今日、どっか行こっか?オールドポートで何かしてるってよ?」と言うのでお出かけ準備を始めたが、はい出たいつものやつ。遅いのよ、出るのが。出発、遅すぎるのよ!

オールドポートの話の前に、「なんでいつも旦那は出発が遅いのか」について。
元々朝から活動的な人ではない。朝も誰よりも遅くに起きてくるし、起きてからの行動も遅い。世の男性は「なぜ女性は支度に時間がかかるのか?」とイライラしてると思うが、うちは逆。私は支度もさっさと済ませ、しかも子供二人分の荷物の用意、食事から着替えなどのお世話も全部やっても尚、旦那待ちなのである。
「さぁ出かけよう!」と言い始めてから髭そりを始める。(普段、毎日剃ってるわけではないし、ボーボーにはやしているときもあるので、ルーティーンとしてのひげ剃りではない)
「財布がない。携帯がない」と慌てるし、着替えもまだしてないのにテレビに夢中。5歳未満児です。

そんなこんなでオールドポートに着いたのは4時すぎ。朝からハイテンションで遊び回った子どもたちは車の中で寝てしまったので、ムリヤリ起こされて不機嫌…そりゃそうだ。

d0200143_12041932.jpg
有料の遊び場が作られていたのでそこで遊ぶことにしました。料金は1時間12$だったかな?大人は付き添いだけなので払わずに入れます。遊ぶ子供は腕に入園の時間が書かれたブレスレットを付けられます。
d0200143_12071307.jpg
ちょっと高度なアスレチックをするエリアもあって、こちらは大きな子供や大人も楽しめるようになってました。(ここで遊ぶなら大人も有料)命綱をつけてのアスレチックで、かなりスリル!

海賊船をモチーフにした空気で膨らませてある柔らかい遊具が幾つかあり、小さい子も少し大きな子も一緒になって遊ぶのだが、まだ体の小さな長男もお兄ちゃんやお姉ちゃんに混じって汗だくで遊んでました。セキュリティの人もいて、ちゃんと子どもたちを見ててくれるので安心でした。
d0200143_12092309.jpg
次男は遊べないので私とスナック食べたりして遊びました。

途中から古くからの友達と合流して、オールドポート内を遊べる4人乗りの自転車にのったり、フードトラックでご飯買って食べたりと、「あーむかしよくこうやって遊んでたなー」と懐かしく思えるような時間を過ごしました。

d0200143_12123599.jpg
付けられたブレスレットをカットバンと勘違いしてるのか「のけるの痛いからイヤ」といってのけない長男。あの日から1週間つけたままでした。



[PR]
by k_meiko | 2017-09-04 11:53 | モントリオールライフ | Comments(0)

別荘で一泊

こないだ初めてシャレー(別荘)に避暑しに行ってきました。
と言ってももう肌寒いのですが…

旦那さんの友人の友人が保有しているシャレーを、この友人が4日間借りると言うことで、私達家族も誘ってくれました。私たちはお泊りは無しで日帰りの予定で行きました。

朝早くから出発しようと思ってたのにいつも通りの遅出…到着も昼前になってしまいました。

「広くてキレイでめちゃんこリラックスできるでぇー」と前々から言われていたのでかなーり期待していった。のが間違いだった!!

d0200143_11095906.jpg
ふ、フルイ…狭い…
私が想像してたのは、韓国ドラマとかで出てくるような別荘…
全然違う…

古いからといってオンボロなわけではないし、掃除もきちんとされてるので不快ではないが、やっぱ想像と違ってたというのがあって結構へこみました。

d0200143_11133309.jpg
別荘のテラスから見える景色は最高によかったです。これは湖。向こう岸に見えるのはビールメーカーのMolson家が所有する島らしい。

d0200143_11175537.jpg
この別荘は湖に面して建てられていて、湖まで降りていけるようになってました。これは、別荘の主が所有するボート。うちら誰も運転の仕方がわからないので乗れませんでしたが。
d0200143_11204435.jpg
長男は大海原に出てるような気分。
d0200143_11235803.jpg
次男も冷たい水で足バシャバシャして楽しそう。
d0200143_11252356.jpg
「ジャグジーもあるよ~」と前もって言われていたが、こちらも期待とは違うもの。でっかいビニールプールのような感じでした。ブクブクーとなる感じは気持ちよかったです。長男も次男もめちゃ楽しかったみたい。

今のところこれと言って「リラックスー」な感じは味わえてないのだが、普段と違うところといえば、何と言っても旦那の友人が一緒にいるというところ。この友人、50代後半とかなり上の人なのだが、ソロソロ自分にも孫がほしいというタイプで、長男も次男もずっとみててくれます。この友人の彼女さん一緒に来てて、同じくらいの年で、料理も片付けも子供の面倒もみてくれるので、その時間私はの~んびりすることができました。お義母さんなんかに預けるよりももっと安心できるカップルです。

d0200143_11342154.jpg
日が暮れるとかなり寒くなってきたが、このキャンプファイヤーの周りはとってもヌクヌク。

私は次の日に友達に会う約束があったので、お泊りはせずにこの日のうちに家に帰る予定だったのたが、この友人カップルに言いくるめられて結局泊まる羽目になった。「私は明日友達と約束があるって言ったよね?元々日帰りするつもりで来てたよね?お泊りセットはないよ?オシメもないよ?」と友人にも旦那にも何度も言うが「夜の運転は危険だ」とか「コンタクトレンズつけたままで寝れば?」とか色々言われて、しかも旦那が全然味方してくれない。アンタ泊まる気満々やったやろー!!

私は友達との約束をキャンセルしなきゃならないことにすごくイヤな気分になり、しかも、子供二人の寝かしつけや、寝付いた後でもベッドから落ちないかどうかが心配で、結局子供が寝る時間に自分もベッドにいなきゃいけなかったこと、その間旦那はキャンプファイヤーのところでのんびり星空を眺めていたことなんかがゼーンブ嫌になり、「どんな手を使ってこのイライラを発散させようか…」ということを考えながら眠りにつきました。

朝早くに出発すれば昼から友達に会えるかもよ?と旦那が言ってたから早起きしたのに、結局のんびり朝ごはん食べて、何でか知らんが近くの養蜂場の行くことになったりして…家に着いたのはお昼過ぎてました。

その後一人でベッドにダイブして、耳栓して寝始めた旦那にイライラマックス。

晩御飯、作りません。
茶碗洗いもしません。
旦那に全部やってもらいました。




[PR]
by k_meiko | 2017-08-24 11:04 | モントリオールライフ | Comments(0)

最近話題になかったことですが、久しぶりにモロッコのこと。

そう、うちの旦那さんはモロッコ人。つまり義理の家族も友人の多くもモロッコ人です。
今回は愚痴話になりますー。私自身のイライラをスッキリさせたいだけなので、笑い話として聞いてください。

まず義理母。
たまーにうちに来て泊りがけで過ごすことがあるのですが、孫たちと遊ぶときに自分のやりたいことを強制させます。うちの子どもたちはクルマとかで遊ぶのが好き、あとは歌やダンス。普段私といる時は日本語の歌や絵本で日本語に触れさせるようにしています。
アラビア語を教えたい義理母はいきなり「はい、横に座ってー、リピートアフターミー、、、」と数やアルファベットなどをむりやり教えようとする。もちろん楽しくないので「も~しなーい」という子供。それに対し「この子は勉強が嫌いね~」と言う義理母。
ちゃうやろっ!他にも彼女に対するイライラポイントはあるのだが、嫁と姑と言うものはこういうものだと思うので割愛します。

次、義理姉。この人一番ありえない。
独身で子供もいない義理姉だが、普段保育園で働いているので知識はある(と思う)。
が、爪が長い。これで子供と触れ合っているのか?と言うくらい長い。
オシメの替え方がめちゃ下手。
一歳未満の赤ちゃんにハチミツをあげようとする。
うちの長男が「歌うたってー」と寄っていくとYoutubeをつける。
ハイハイするような小さな子がいる我が家なのに土足であがる(カナダなので土足オッケーな家庭もたくさんあるが、うちは前から土禁だと知っているのに、だ)
他にももっとありえないことがたくさんあるのだが、なぜか育児のことや親子関係の話になると、自分も子育てをしたことがあるかのようにベラベラ喋りだす。そして「アンタ(私)のやり方は間違ってる!」的な感じで自論を押し通す。
絶対に子供を預けたくないひとである。

最後に友人。
これは昨日の話だが、夜の8時過ぎに予告なしに来客しやがった。何度も言いますがうち、小さい子供がいるんですっ!その友人(家族四人)が来たとき、うちの旦那は買い物に行ってておらず、私は子供の寝かしつけをしておりましたがな!突然来たから旦那に電話して「○○さん来たけど、くる予定だったん?」って聞いたら「いや、知らん」って。もし旦那が知ってたらこりゃ旦那が悪いのですが、(いや、8時過ぎの訪問はいかんやろっ!)旦那にも知らせずに来るって…結局帰ったの10時過ぎ。眠気が通り過ぎた子どもたちは全然寝ず、しかも、この家族を車で家まで送り届けた旦那も不在中で、私の疲労はマックス超えました。コンタクトをのけずに寝てしまいましたよっ!

あー、もーいやー!!
これってお国柄なんかな?日本人でもこういう人たちっておるんかなー?


[PR]
by k_meiko | 2017-08-11 09:00 | モントリオールライフ | Comments(0)

今年の夏、暑くない

モントリオールって雪のイメージか強いから、夏なんてないんじゃないの?って思ってる人いると思います。

その通り!

めちゃんこ暑い日が1週間あるかないかくらい。しかも連日連夜暑いわけではなく、暑い日の次の日は肌寒かったり…

今年はそんなめちゃんこ暑い日がまだないような…クーラーつけないと汗ダラダラで眠れない!なんて日、まだないよな?

そんな冷夏のモントリオールで、とても過ごしやすいのは嬉しいのだが、せっかく植えた野菜などがあまり育たない…
d0200143_12305716.jpg
ヤーコン。まだ背が低い。11月の収穫を予定しているが、この茎の長さを見ると全然成長していかないんじゃないかと思う。
d0200143_12325529.jpg
シソ。去年のをそのまんまほったらかしにしてたら生えてきたシソ。寒い冬を生き抜いて来た種たちだが、なかなかブワーと生えてこない。ちょっと大きくなった葉があるとすぐに摘み取って食べちゃう。全然足らなーい!

d0200143_12353281.jpg
地植えしていたミントだが、どんどん広がって芝生の邪魔をしそうなのでプランターに植え替えた。プランターが膨らむくらい根を張り続けている。生命力と繁殖力の強いミント、キライになりそう…

d0200143_12380976.jpg
近所で咲いてたあじさい。ってことはまだ梅雨か?

d0200143_12393254.jpg
プールをするほど気温が高いわけじゃないけど、少しだけプールをさせろーとうるさいので少し遊ばせた。

d0200143_12413647.jpg
d0200143_12422131.jpg
最近二人でよく遊ぶ。
上は広告ちぎり、下は小麦粉遊び。

d0200143_12440304.jpg
暑くなくたってアイスは食べる。
ミルクシェークをお気に召した次男と、アイスとキャンディを同時に食す長男。

[PR]
by k_meiko | 2017-07-31 12:26 | モントリオールライフ | Comments(0)

Parc Safari サファリパーク

日曜日、初めてParc SafarIに行ってきましたー!そう、動物園です!
うちから45分くらいのところにあって、アメリカの国境付近にあります。
長男も3歳半近くになるので、そろそろ動物園とかも楽しめる年頃になってきたということで、家族で行ってきました。
前の日の夜に「明日は9時に出発!」と気合入ってた旦那だが、早朝4時から長男に起こされ、二度寝してしまったようで8時50分起床…私も6時前には次男に起こされてたが、お昼用のパンを焼いたりとやることたくさんで、全く9時に出発できる気配なし…
9時40分に出発し、途中コストコでガソリン入れに寄ったら、旦那「コトコトのクレジットカードがない!」車の中、ポケット、財布、カバン、どこ探してもない…タイムロス。

サファリパークに着いたのは12時前でした。料金は大人が39ドル(税抜き)で決して安くない!が、CAAのカードを持ってると割引になるので、大人は33ドル、子供が2歳未満は無料、2歳が6ドルくらいかな?3歳以上で22ドルくらい。で、長男3歳やけど、2歳ってことにしよう!と思ってチケットブースに着いたらレジのお姉さん「大人2人分ね。子どもたちは二人共無料よー」ってさ。年も言ってないし、長男は確実に2歳以上に見えるが?ま、あえて突っ込まず、大人二人分のみ払って入場。

入ってすぐに爬虫類のエリアがあって、そこで蛇やらなんやらを見たのだが、ちょっと前まで絶対触りたがらなかった蛇を長男自ら触りたい!とさ。
d0200143_09450465.jpg
「かわいい♫」と何度もナデナデ。

それから腹ごしらえで作ってきたお弁当を食べ、その後はパターゴルフしたり、プールエリアを横目でチラチラ見ながら動物のエリアへと進んでいきました。
(ここ、サファリパークだけど、ビーチみたいなプールもあって、結構広いし浅いので小さな子供でも安心して遊べそう。)
d0200143_09483998.jpg
奥の方にちらっとあるのがプールエリア。

d0200143_09494573.jpg
次男はベビーカーを嫌がるので抱っこで。前抱っこにしてるので、いろんなものを見ては「うぉー」と手足をバタバタさせておりました。
d0200143_09511608.jpg
ライオンエリアはガラスのトンネルになっていて、かなりエキサイティングな見学をすることができるのだが、この日は熱くて殆どのライオンがダラーと日陰で寝そべってました。すると、ボスっぽいライオンがガラスのトンネルの上を歩いて私らの前でピタリと止まった!少し前の長男なら怖がってただろうに、こんな感じでハイタッチを平気でしてた!
ライオン、トラ、ハイエナなどの猛獣エリアの次は、触れ合える系の動物たち

d0200143_09542832.jpg
カピパラ
d0200143_09555644.jpg
フラミンゴ
d0200143_09565247.jpg
ラクダ。
触れ合い系の動物にはエサをあげることもできる。エサは園内で2.50ドルで買うこともできるし、キャベツなどの野菜を持ってきてあげてもいい。ただ、にんじんはダメみたい。「にんじんはあげないでねー」というポスターを至るところで見かけるのだが、その数と同じくらいにんじんを動物にあげている人たちも見た。ニンジン、だめって書いてあるのに何であげるんやろ?しかも、園で働いているスタッフが見てみぬふりしてる…なんで?動物、大事にしなよー!

d0200143_10002941.jpeg
少し前なら泣いて嫌がったであろう「ポニーに乗る」のも体験した長男。カウボーイハットとスカーフもチャッカリ借りちゃってます。
こちらは4ドルでした。

d0200143_10021907.jpeg
私、キリン大好き!

触れ合いエリアを一通り見て回ったらすんごい疲れた!2時間くらい歩き続けたかなー?次男を抱っこして歩くのに慣れてるけど、流石に腰が痛くなりました。
アイスクリームを食べながら少し休憩。フードコート的なものがちょろっとあるだけなので、結構並びました。アミューズメントな場所なので、やっぱりお高め。ソフトクリーム(小)が4ドルでした。けど、「これホンマに小か?大はどんだけデカイんや?」ってくらいでっかいソフトクリームでした。

トイレは広々としててまあまあきれい。おむつ替えの台もあります。

休憩が終わってからいよいよ車で回るエリアへー!動物にエサをあげれるので私が運転をし、旦那には長男を抱っこしてエサをやる係をお願いしました。(次男は車に乗った瞬間爆睡)
d0200143_10035978.jpeg
私、運転するだけのはずやったのに、動物みんなドライバーの方に来る…仕方ないので私がエサをあげるのだが、よだれやらなんやらで私はあまり好きじゃない、こうゆうの…しかも、餌をあげた鳥には指を噛まれるし、もっとくれーと首を車内へ突っ込むし、動物にたかったハエとか、そういうのが…嫌でした…

サファリパーク、年間パスポートもあるが、それはいらんかなー?って感じですが、来年はプールにも入れたらえーなーって思います。
次はZoo de Granbyの方にも行ってみたいなー。皆さんオススメの場所あったら教えてくださーぃ!

あ、そうそえ旦那のコストコのクレジットカード、家に帰って探したら、タンスに入ってるジーパンのポケットに入ってました。入れたまま洗濯してしまってたみたいで「君がポケットの中身を確認せずに洗濯したから…」と言われました。「いや、ポケットの中身を確認せずに洗濯かごに入れたんは自分やろ?その前に、カード、財布に入れときなよ?」と言い返したら「普通は確認してから洗濯機に入れるやろ」と言われました。カッチーン!!
「ハイハイ、アンタはそうやってママにベタベタに甘やかされて育ったからねー、私はアンタのママじゃない!」と言ってやりましたとさ。チャンチャン。



[PR]
by k_meiko | 2017-07-19 09:24 | モントリオールライフ | Comments(0)

ラマダン明けとガソリン

1ヶ月続いたラマダンが日曜日に明けました。
今回は5月27日から6月24日の1ヶ月でした。
今年も私は授乳中ということでラマダンせず、我が家では旦那だけが断食してました。次男が寝る時間と日暮れの時間が同じなので、旦那はほぼ毎日一人でご飯食べてました。(私は二人の子供の寝かしつけ)

暑い日もあったりして結構大変そうだったラマダンがようやく終わった日曜日、この日は友達んちに行ったり、義理母んとこに行ったりしました。
d0200143_00160500.jpg
友達のとこの娘さん二人に遊ばれた長男。ちょっと女子っぽいポーズをとるあたり、まんざらでもない様子。

d0200143_03304492.jpg
お気づきだろうか。この日はイスラム教徒にとって大事な日なのでうちの男たちはみんなおそろいのシャツ着てます(旦那はひだり、次男を抱っこしてるのは友達の旦那さん)

この日、同じくラマダン明けのお祭りを楽しんでいたであろうパキスタンで悲しい事件が起きた。パキスタンのある地方都市でガソリンタンクを運んでいたトラックが交通事故を起こし、タンクからガソリンが漏れてしまった。そのガソリンを盗み取ろうと近所の住人がわんさか集まったそうな。100人以上の男女、子どもたちが家から持ってきたお鍋やボトルなどにタンクから漏れたガソリンを拾いに集まる…こんな風景、私は想像できません。
ガソリンが漏れてる交通事故現場、絶対近寄りたくない。絶対危ないやん。
この事件で何が悲しいかと言うと、この群がった住人たちの中にタバコを吸いながらガソリンを集めようとしていた人がいたがために、100人以上の人が一気に燃え上がったのだ。
タバコを吸いながら?!タバコ?!
ありえない…

日本ではガソリンスタンドでタバコは絶対に吸ってはいけないことになっている。(禁煙のサインがある)
カナダでも常識としてタバコを吸わないことになっている(サインはない?)けど、たまに吸っている人がいるから怖い。それにカナダのガソリンスタンドにはコンビニの様なお店があり、ここでタバコが売られている。ということは、ガソリンスタンドでタバコを吸ってもいいのか?日本が厳しいだけなのか?
日本が厳しいだけだとしても、パキスタンで起きた事故はやっぱり「無知」や「無教育」から来るものなのかなー?

もしこのトラックが前日に事故を起こしていたら、つまり、ラマダンが開ける前に事故を起こしてたら、タバコを吸いながらガソリンを集める人はいなかっただろうに…(ラマダン中、日中は喫煙も禁止されている)そしたら100人以上の人が一気に燃え上がるなんてことはなかっただろうに…


[PR]
by k_meiko | 2017-06-27 00:06 | モントリオールライフ | Comments(0)

新しいミシン

ついに買いました、新しいミシン。
ずっと前に、日本へ完全帰国して行った友人にもらったやつを使ってましたが、もらった時からイライラせずに裁縫ができたことがないくらい調子の悪いミシンでして…(くれた友達には悪いが…)

裁縫は上手ではないが、何かを作るのが好きな私は、裁縫が上手じゃないのをミシンのせいにしていた!
だから、ちょっといいヤツを使えば上手に作れる!と信じ、今回ちょっといいヤツを買ってみた。

d0200143_09154189.jpg
PFAFFというドイツの会社の。passport 2.0という型です。お値段499ドルプラスタックス。
お店はSaint HubertにあるClub tissusの中のPenelopeというミシン専門店。
1000ドル以上するやつ買わないとイイヤツじゃないんかなー?と思っていたが、お店の人が「子供のものやちょっとしたものを作るのなら300ドルくらいでも十分」と教えてくれた。1000ドル超えのやつは、スーパーコンピュータが内蔵されてて、刺繍のデザインがたくさんあったりする。もしくは、工業用のやつ。鉄?というかどっしりとした作りのやつで、ガンガン毎日ジーパン縫います!みたいな人に良さそげ。

「んじゃ予算500ドルでー」とお店の人に伝えると、ちょうどプロモーションで激安になってるやつがあるよ。と。(たしか元値は800ドル以上)それが、私が今回買ったPFAFFのPassport 2.0。コンピューターミシンです。
d0200143_09565037.jpg
縫い目の幅など、ボタンをピピっと押すだけで調整できます。
d0200143_09235304.jpg
フットペダルもあるが、無くてもスタートとストップができます。
d0200143_09593984.jpg
ミシンの右端っこにペラっと刺繍の一覧表。こんなにたくさんあっても多分、ベーシックなやつしか使わんだろうな…
d0200143_10013974.jpg
ハードカバーに電源コードを収納するスペース有り。
作業をする場所がダイニングテーブルなので、毎回片付けをする必要がある私には大変ありがたいハードカバーと収納スペース。

最近の楽しみはもっぱら布屋さんに行くこと!Fabric villeのメンバーカードも手に入れたので、いつもお安く布を買うことができる!けど、やっぱりデザインとか質とかが、日本のに比べてわくわくが劣るなー。なんか、日本って最近は若い子や、ママさんなんかがするようになったからか、かわいい布地が多いが、こっちはオバサンがするイメージが強いのか、布の柄や素材が一昔前な感じ。パターンも売っているが、日本ではアンティークな域に入るのではないかと思われるようなヤツが多い気がする。(肩パット入ってる?バミューダパンツ?)

パターンは自分の持っている服から作ることにしました。初めての挑戦たけど、体がでかい私には既成のパターンはサイズが合わないので、自分の持っている服を参考にした方がいいと思って。

いやー、失敗!
ミシンがいい仕事してくれるので、縫う作業は快適なのだが、パターンが失敗しているので、着られない!!

いつか「できたっ!」と満足できるものが出来たらお見せします。


[PR]
by k_meiko | 2017-06-25 09:11 | モントリオールライフ | Comments(2)

父の日

カナダにも父の日があります。
日本の母の日や父の日に比べて盛り上がりには欠けますが、一応パパである人には「Happy father's day」と言ってあげるようです。

私は自分の父(日本にいる)にパジャマと洋服をプレゼントしました。旦那の父は他界しているので何もせず。
そして私の子どもたちの父である旦那に何かしようかな?と考えておりました。けど、ほしそうなものもなさそうなのでケーキくらい作ろうかな?って思ってました。

d0200143_10081498.jpg
日本語センターで作成した父の日のプレゼント。お父さんの顔を書いているらしい。顔がピンクで塗りつぶされている…クラスの女の子たちはきちんと目や鼻、口に髪の毛としっかり顔が書いてあるのだが、長男のは「20世紀少年」のトモダチみたい。(わかるかな?)

さて、父の日当日、かなり気温が上がるってことで朝の涼しいうちに公園に子どもたちを連れて行きました。それでももうすでに暑かった…
この日、早朝から仕事に出かけた旦那(オンコールなので土日でも問題発生で呼び出しがあれば出勤しなければならない)は9時半には家に帰ってきて、私達が公園で遊んでる間は寝てたみたい。

公園から帰ったらみんなで出かけよう!というので11時くらいにお家に戻ったら旦那はまだ寝てた!起きる気配もなし!

ま、父の日ヤシ、朝早くから仕事に行ってたからゆっくり寝かせてあげよう。
本当なら「いつまで寝てるんだー!子供と遊んであげなよー!」と叩き起こすところだが…

昼からはみんなでお出かけして、帰ってきてからみんなで昼寝をして(この時も旦那は誰よりもたくさん寝た)、いつもと同じように私が子どもたちの相手をしながらご飯の用意や片付けを一人でしたので、旦那にケーキを作る時間はありませんでした。

子どもたちが大きくなって父の日がわかるようになったら何かしてもらいー。



[PR]
by k_meiko | 2017-06-20 10:04 | モントリオールライフ | Comments(0)

男と女の家事育児

子供を育てているお母さん方、子育てをしながら家事もこなし、更にはフルタイムで働きに出ているお母さん方、子供だけじゃなく旦那も面倒見なくちゃいけないって方、そんな旦那のお母さん(姑)も同居って方、、、

世の中にはいろいろなスタイルで生活をしている人がいて、そのどのバージョンでも「これが一番ラク!」とか「もう幸せしかないっ!」ってのはないような気がします。

最近良く聞くのが、
「家事も育児も私ばっかり、夜満足に寝ることができないのも私だけ、子供が泣いててもグースカ寝息をたてている旦那にイライラするー」って話。

私もそう思うときが多々あった。旦那は、仕事とはいえ、毎日外に出て人に会い会話をする。お昼休みにはたっぷり1時間休憩があり、トイレに行きたいときに行けるし、コーヒーも熱いうちに飲むことができる。

私の生活は全部子供次第。
コーヒーを熱いうちに飲みきったのなんて何年前?
お風呂上がりに化粧水塗らずに寝かしつけ、そして私も寝落ち、、、

こんなのが当たり前になってしまっていたけど、やっぱりふとしたときに「なんで私ばっかり…」と思うことがよくあった。

それでも病気にならずにパワフルに家事でもなんでも一人でこなし、少々髪がボサボサでも気にならずに外に出ていける根性があるのはやっぱり「母」だからなんやと思う。
女は「母」になったとき、こんな風に生きていけるように出来ているのだと思う。

男は違う。
子供ができても生活は何も変わらない。少し支出が増えるけど、やっていることは前と変わらない。
「家族のために一生懸命働いているんだ」って言うかもしれないけど、家族がいなくても一生懸命働いているだろう。
けど、男の人は女の人みたいなパワフルさやテキパキさ、臨機応変さのどは備わってない生き物。そう思うようにすれば「あー男の人ってホンマに…(私がおらんとなーんもできん)」とちょっと優越感を持てるようになる。

うちには男が三人おる。
一番下の8ヶ月の男はまだ赤ちゃんだからいーのだが、
3歳の長男、「ティッシュちょーだい、取ってきてー!」私「自分で取りなさい」長男「どこにあるかわからん」私「目の前にあるやん、ちょっとは探せー!」

旦那「昨日買ったあれ、どこにおいた?」
私「どこに置いたって?自分が置いたやん。どこに置いたかしらんの?私が置いたわけじゃないけど、どこにあるか知っとるよ」
旦那「後から動かしたな?」
私「動かしてないけど。誰が見てもわかるとこにあるやん…」
旦那「どこ?」
私「探せー!」

どこの家庭もそうやと思いますが、家族は女がいないとダメですね。




[PR]
by k_meiko | 2017-05-20 10:39 | モントリオールライフ | Comments(0)

母の日

日本と同じ日にカナダでも母の日があります。
母になって3年が過ぎ、初めて息子からプレゼントをもらいました。
d0200143_11064088.jpg
日本語センターで作ってくれたペンたて。
お母さんの似顔絵を書いている面があるのだが、黒ペンでクルクルーって、円が書いてあるだけ…??
「髪の毛ー」だそう。

d0200143_11082620.jpg
なんでも口に入れてもぐもぐする次男。
長男はご飯もそんなに好きじゃなかったし、おもちゃやら紙やらティッシュやらもなんにも口に入れなかったので、何でも口に入れてしまう次男が新鮮。
d0200143_11110962.jpg
ご飯はもうすでに3回食。一回あたりに子供用茶碗一杯分のお粥に、その他3品くらいをぺろりと食べる。
好きな食べ物は、きなこご飯、とうもろこし、レバーペースト、お野菜のポタージュ。
ドンドン丸くなってきております。

そんなかわいい二人はまだ母の日が何なのかわかってないが、旦那さんは母の日を知っていた。(普段イベントごとにはウトイタイプ)

「母の日、何ほしい?レストラン行きたい?」とお尋ねがあったので、

「一人の時間がほしい」と正直にほしいものを伝えてみた。

そしたら「よし、日曜日は朝から出かけるから、ゆっくりしてー」と。(どうせ義理母のところに行くし、安くついたと喜んでる?)

母の日当日、期待していなかったが、その期待していなかった通りになったので少しいらつきました。
朝から出るって言ったのに、旦那が起きたのは10時。朝ごはんの用意をしたのは私。子供のお出かけ用意をしたのも私。
結局出ていったのは12時前。

私は一人でお昼を食べ、14時から自宅で日本語を教えているのでその準備やら部屋の片付け&掃除で全然リラックスできず。
15時に日本語の勉強が終わって少しソファーにゴロンってして、あーウトウトするなー、あー、少し寝てから長風呂しよーかなー、あー、ノンビリー…から15分後、子どもたち帰宅…

「早くない?」の問いかけに、「子どもたちがママロスの限界が来そうやったから」って、たった数時間でママロスなるかーい!!

多分、次男に手を焼いた義理母に帰らされたのだろう…

そんな感じで私のリラックスタイムは15分ほどでしたー!!



[PR]
by k_meiko | 2017-05-16 11:04 | モントリオールライフ | Comments(0)