カテゴリ:長男 育児三歳( 4 )

この春から長男が日本語センターの幼児部に通うようになりました。
日本へ行ってたので、開講式とその次の会には参加できず、クラスに馴染めるかな?と不安に思ってました。

担任の先生には赤ちゃんの頃抱っこしてもらったりあやしてもらったりしてたし、長男自身は私にひっついてセンターに来てたので、そこまで緊張はしてなかったようです。

すんなり席につき、すんなりバイバイしました。

もしかしたら途中で泣いたり叫んだりするかもしれないからと旦那を教室の前にスタンバイさせてましたが、全く出番なし。
長男本人、めーちゃ、たのしかったようです。

先生に教えてもらった歌や踊りなんかを私にも見せてくれたし、絵本の時間はページをめくる度爆笑してたらしい。
うちの子、笑いの沸点が低すぎて、なんでもバカウケするのである。

d0200143_10113817.jpg
工作したものを大事そうにしていた長男。花びらに見たてた色紙などが入っています。

d0200143_10132403.jpg
ペンを使って塗り絵や線を引くという課題もあったようで、その日以来、ペンで絵を描くのが好きになった。(今までは私にペンを持たせ、私に絵を描かせていた)

d0200143_10151544.jpg
これはセンターには関係ない写真だが、最近なんだか一気にできることが増えてきた。

前ははしごなんて登ろうともしなかったのに、はしごを登るようになった。
年下の子を見るとお兄ちゃんぶって注意したり手を繋いでエスコートしたり。
弟を抱っこしたがる。
鉛筆の持ち方がまともになった。
手を自分で洗える。(台に乗れば蛇口にも手が届く)
シャンプーのときギャーギャー言わなくなった。(ちゃんと口と目を閉じる)
歯磨きも自分でする(その後ちゃんと「仕上げはおかーあさーん」と言いながら仕上げの要求もする)

この調子でオシメもサッサと取れんかなー…





[PR]
by k_meiko | 2017-04-28 10:04 | 長男 育児三歳 | Comments(0)

嬉しいやら悲しいやら

子供の成長って嬉しい反面寂しい気持ちになりませんか?
もっと赤ちゃんでいてー!ヨチヨチのままでいてー!ママ大好きって言ってー!
そんな感情も知らずどんどん成長する子どもたち。

うちの長男3歳1ヶ月。よくおしゃべりするようになりました。歌もたくさん歌います。かなりのママっ子で今でも私と一緒に寝たがるし、私とべったりな分日本語も上手です。

ところが最近お父さんと遊びたがるようになりました。お父さんの方がダイナミックでエキサイティングな遊び方をしてくれるし、何と言っても甘いから。ママがNOでもパパがYESだったりすることを知っているのです。
何よりの変化は言語。最近フランス語の方が強くなってきているような。歌とかは日本語のしか歌わないけど、独り言や文章の組み立て方はフランス語が多いような気がする。
例えば、「赤い車」じゃなくて「車赤いの」ってフランス語の並びで言ったり、「今日デイケア楽しかった?」って聞いたら「アーハン」って答えたり。この「アーハン」にはショックだったなー。「ハイっ言いなさい、わかった?」に「アーハン」である。

そんな感じで本人の中でフランス語のほうが話しやすいのか、フランス語でコミュニケーションをとるお父さんと遊びたくなるのかもしれない。

今までのように極度のママっ子から少し解放される嬉しさと、自分から離れて行ってしまう悲しさの二つが混じった複雑な心境です。

夜は私にべったりで寝るけどねー。
d0200143_11560662.jpg
こんなに散らかした後にキチンと拾ってゴミ箱に捨ててた長男。散らかした事をチャラにしてあげました。


[PR]
by k_meiko | 2017-03-13 11:42 | 長男 育児三歳 | Comments(0)

長男の言い間違い

3歳になった長男。
最近ほんとよく喋る。独り言でもよく喋る。

そんな彼の言い間違い。

こんちには。
スパイマーダン。
サマライヤ。

こんちにはとスパイマーダンは何を間違えているのかすぐにおわかりいただけると思います。

謎なのはサマライヤ。
私も最初は全然わかりませんでした。

それが徐々に使うタイミングや文の流れでわかってきました。
彼が言いたいのはサラマリア。

仲良しのお友達(女の子)の名前。
ラとマが入れ替わっているのです。

こんちにはもスパイマーダンも同じように間違っているのだが、サマライヤは全然わからんかった。

一つずつゆっくりサ、ラ、マ、リ、アと言ってもゼッタイにサマライヤになる。

お友達も自分がサマライヤと呼ばれることにすっかり慣れました。


[PR]
by k_meiko | 2017-02-27 12:43 | 長男 育児三歳 | Comments(0)

スーパー偏食人

うちの長男、スーパーウルトラ偏食人です。
離乳食の頃はなんでもよく食べてたのになー。あー遠い思い出。
一歳過ぎたあたりから徐々に好き嫌いの意思表示を始め、一歳半ですっかり何にも食べない子になってしまった。

父親である旦那も食べられない野菜などが多く、普段料理にも支障が出るくらいのだが、しっかり、その遺伝子を受け継いでおります。食わず嫌い(見た目でアウト!)なところもソックリ!

3歳になった長男、食べるものといえばお米、パン、パスタやうどんなどの麺、お菓子系全般、プレーンヨーグルト、牛乳。

ときどき食べたいと言うものは、煮干し、シシャモ、ひき肉で作ってあるソーセージ、卵焼き。

絶対食べないものは、野菜と果物。

野菜をどうにか食べさせたいけど、どんなに小さく切っても細かくチェックをして野菜を見つけては「アウトー!」を言い渡される…

なので最近はみじん切りのみじん切りくらいまで小さく切ってケチャップご飯にしたり(色でわかりにくい)、すりおろしたものを麺に練り込んでホームメイドパスタにしたり。下の写真はすりおろし人参入りパスタ。
d0200143_11481983.jpg

あとは、生姜のすったやつをうどんの汁に混ぜたり、おにぎりのご飯にバレないように煮干しを砕いたやつを混ぜたり…

いろいろ頑張っても「アウトー!」な時もあるので涙が出そうになる…

そんな私の努力を見て旦那が強硬手段を取り出した。
「食べないならおもちゃを捨てる!」
長男の見ている前で一つずつゴミ箱に入れていくのだ。
おもちゃが捨てられても嫌なものは嫌ー!なのだが、最後には食べざるを得なくなって泣きながら食べる。そして「あ、おいしっ❤」なのである。なんやのん!!

緑のもの、赤のもの、黄色のもの…野菜や果物を見た目だけで判断して試そうともしない長男には、しばらくこの手段を使っていろんな食べ物に挑戦してもらいたいと思います。
d0200143_11512447.jpg
生クリームを「アイス!」と言う長男。生クリームにはクリームチーズ混ぜてます。




[PR]
by k_meiko | 2017-02-07 11:30 | 長男 育児三歳 | Comments(0)