カテゴリ:モロッコライフ( 36 )

私と双子いうだけあって、私とほぼ同じような考え方をする「双子のねーちゃん」
旅が本当にしやすい。
目新しいもの、珍しいものへの食いつき方や、楽観的なところ、働かざるもの食うべからず精神、一緒やね!!!

d0200143_718135.jpg
フェズの旧メディナで出会った小さいおじさん。
d0200143_7193794.jpg
フェズのタンネリ(革を洗って色を付けるところ)。今日は茶色の日だったようで、色が悪い・・・

d0200143_721179.jpg
へたくそなヘナタトゥーをしてもらったり。
d0200143_7222511.jpg
モロッコ絨毯を買ったり。
(ここで値段が高くふっかけられたので、半額以下の値段を交渉したら「モロッコ人より手ごわいわー」とお店の人に言われ、結局私の希望の値段で買えた。ってことは、その値段で売れるんやんっ!)

d0200143_7251575.jpg
温泉で有名なところで硫黄の温泉に入ったり。いやー、気持ちよかった。そのさっぱり感もむなしく、クーラーなしの宿で暑さにやられながら寝苦しく、あっという間にベタベタになったのでした。

まだまだ続きます。
[PR]
by k_meiko | 2013-09-11 07:27 | モロッコライフ | Comments(0)

今回のモロッコ滞在の大目玉!!
「ふたごのねーちゃんがやってくる!!」

モロッコでいろいろあったけど、ラマダン終わって最後の最後の週、日本からはるばる双子の相方がやってきてくれました。もう、それはそれは、どれだけ楽しみにしていたかっ!!!

モロッコ滞在の最後のエピソードになります。もうしばらくお付き合いくださいませ。

d0200143_795145.jpg
空港にお出迎え。

d0200143_7104814.jpg
近所のサボテンの実おじさんから試食をもらう。

d0200143_7115037.jpg
ショッピングモール内にたまたまいた、アラビア語で名前を書いてくれるおじさんに書いてもらったあと、おじさんに気に入られ書いている風の写真を撮らせてくれた。かなりたくさん。

d0200143_7125860.jpg
d0200143_713316.jpg
クスクス作りを手伝いながらしっかりレシピを記録する。

まだまだ続きます。
[PR]
by k_meiko | 2013-09-11 07:14 | モロッコライフ | Comments(0)

モロッコで初めて経験したこと。
①ラマダン
②暑さ
③車の故障で旅行が台無し
④モロッコに一ヶ月滞在
⑤毎日モロッコ料理

これら全部しばらく遠慮したい。

モントリオールに帰ってきてから、この「しばらくモロッコはイヤだ!」の感情が止まらないのですが、ちょうど私達夫婦と入れ違いでモロッコからモントリオールに遊びに来ていた友だち家族がもうすぐモロッコに帰るというので、うちにお茶を飲みに来た。
時間がないのはわかるけど、来たの夜10時。しかも自分で作ってきたスープの仕上げをうちのキッチンでやり、家族全員で食べて帰った。今、夜中。

この家族はモロッコ人らしさがなく、とってもいい人たち。なのにこれやからね。標準的なモロッコ人やと、「泊まっていく〜!」なことになっていたのでは?こわーー!
[PR]
by k_meiko | 2013-08-28 23:41 | モロッコライフ | Comments(2)

モロッコで寿し

いま、モロッコに里帰り中。
ラマダン中ということで、昼間は何にも食べれんのやけど、日が暮れてからの食事が毎回一緒...同じスープに同じ飲み物。細々したサイドの食べ物もほとんど変わらず。そして大半のものが甘いっ!

夜中に食べる食事ももちろんいつもモロッコの料理で、好きなんやけど、飽きたというかアッサリサッパリな味が恋しい。醤油が恋しい。
たまにインスタントの味噌汁食べるけど足ら
なーい!

そんな時、夕暮れの食事後に行った新しいショッピングモールにフードコートがあって、寿し売ってた!
生魚はちょっとコワイので、エビフライ巻とスモークサーモンの巻きずし買ってみました。
d0200143_4195231.jpg

お箸は日本のhottomotto。キャンペーンが終わって日本ではもう使わないものがこうやって異国に流れているんですねー。

各四切れで合計70ディラハム。日本円で800円強くらいじゃないかな?たかいねー。クルクル寿司なら8皿も食べれる!

ま、遠い異国の地モロッコでお寿司が食べられたので満足。ということにしよう。
[PR]
by k_meiko | 2013-08-01 19:07 | モロッコライフ | Comments(3)

一ヶ月続いたラマダンも、今夜が最後です。
厳密に言うと、イスラムの世界では、一日の始まりは夕暮れからなので、今日の夕暮れまでがラマダン最終日ということです。

今日はラマダン最終日だったので、有名なアルジェリアのお菓子屋さんに行きました。
客も店員もアラブ。
お菓子もアラブ。

味も中身もまったく予想ができないお菓子ばっかりで、
「これはなんや?あれはなんや?」と店員に聞きながらわんさか買いました。

たった二人家族なの総額60ドル。約5500円くらい分のおやつを買ったということです。
たった二人家族なのに、ケーキ8種類。
たった二人家族なのに、食べたことないようなお菓子500グラム。

一人思いっきりアジア人の私は、客からも店員からも注目のまと。
ちょっと得意げにしっとるアラビア語で返事してみたら、
「あの子、アラビア語しゃべった!!!」って店員同士で驚いてた。

当たり前や!!モロッコ人の嫁さんしとるんや、「ありがとう」くらいアラビア語で言えますがな!!!

帰ってきたら6時半。
日が暮れるまであと1時間半。
急いで片づけして、ご飯の準備して・・・
ばたばたして迎えたラマダン最終日。
今回は日本からの時差ぼけやら、暑さやら、体調の悪さやらで、大変しんどいラマダンでしたが、
なんとかがんばれました。

この大量のお菓子、明日からずーっと食べないかんのか・・・
ハピーターンが食べたい・・・
[PR]
by k_meiko | 2012-08-19 11:50 | モロッコライフ | Comments(4)

私の日課

うちの相方はモロッコ人。

だから、モロッカンティーが大好き。

だから、毎日、仕事から帰ってくるのに合わせて、つくってあげてんのー!

良妻。

このモロッカンティー、中国茶(茶色なんやけど、ウーロンじゃない)に、砂糖がたーっぷり入った、甘々のお茶なん。

私は、やっぱり砂糖が入ってない日本茶が好きやから、モロッカンティーは飲みません。


d0200143_8422568.jpg

このティーポットに大さじ二杯ほどの茶葉と、大さじ5杯の砂糖が入ってます。
もうこれは『砂糖汁』

写真に写ってるコップで八杯分くらいかな?
これを一晩で飲み切る相方、糖尿病間違いなしやな!
[PR]
by k_meiko | 2012-01-20 07:56 | モロッコライフ | Comments(6)

今回のモロッコ旅行は、前も何度もいいましたが、
「義理姉結婚」

2週間も居たんだもの、ちょこちょこ観光もしましたよ。今回はモスクの紹介。

まずはモロッコの地図から。
d0200143_10295738.jpg

相方の実家はカサブランカ。

海沿いにはでっかいモスク、「ハサン2世モスク」があります。
d0200143_10312888.jpg

高い塔のことをミナレットといいますが、これが200メートル。
モスク内には2万人が入れるそうです。
夜のライトアップがめちゃきれい。やけど、写真で撮るとそれがぜんぜん伝わらんなー。
d0200143_10414988.jpg

モザイクで装飾されたドアのモチーフがこれまたきれい。
でも、そばで見ると結構雑?

d0200143_1044736.jpg

これはマラケシュの「クトゥビーヤモスク」。
こちらも結構でっかいです。
でも、ふるーーい感じであんまりゴージャス感はありません。
カサブランカからマラケシュまでは車で約3時間。
この日の気温40度近く。
しかも日差しが痛いほど強いため、私はほっかむりをずっとしてました。
モロッコ人の相方には心地よいらしい。

フェズにも行きました。
ここは友達に会いに行ったので、あまり観光はしなかった。ほんまはしたかったけどっ!!
フェズからもう少し山のほうに行ったところに「イフラン」という町があり、そこには行きました。
アトラス山脈の中にある町で、緑もたくさんあるし、空気も澄んでとっても過ごしやすかった。
ここは冬には雪も降るらしく、建物がスイスっぽかった。
「ほんまにここモロッコか??」って思うくらいきれいな町やけど、
人は「やっぱモロッコやな」って感じやった。
このイフランのメインはこれ、
d0200143_10585971.jpg

石のライオン。
すごいけど、これだけのためにフェズの観光を諦めてわざわざここまできてこれをみるだけとは・・・
しかも着いたときにはすでに夜・・・

ちなみに、カサブランカからフェズまでは車で3時間半から四時間くらい。
フェズからイフランまでは1時間くらい。
[PR]
by k_meiko | 2011-10-06 11:06 | モロッコライフ | Comments(6)

汚い話をはじめます。

モロッコのトイレ事情。
(トイレの写真、出てきます。)








d0200143_8465454.jpg

これがスタンダードなモロッコの便所。

手前にドアがあるとして、
女子は、小の場合壁を向き、大の場合ドアのほうを向くらしい。

トイレットペーパーはなくて、右にある桶の上には蛇口があって、そこから水を出して桶にため、
それを器用に流しながら手でおしりを洗い流すらしい。

残りの水で便器をきれいに流すらしい。

これがスタンダード。

洋式トイレをおいているところは、
ハイソなカフェやレストラン、ホテルのみです。

(相方の実家は洋式とスタンダードの両方があります。でもトイレットペーパーは使わない!
便器の横に小さなシャワーみたいなのがついてて、ウォシュレットのように使います。
私は、トイレットペーパーを用意してもらってたので、それを使用。でも便器に流せないのでゴミ袋に入れてゴミ箱へ・・・というめんどくさかった)

モロッコ式の便所で用をたすのがいやいやーーーーーー!!
っていつも思ってたからか、
普段、トイレが近い私ですが、モロッコ滞在中はあんまりトイレに行かなかったような・・・

モロッコ式のトイレに遭遇したときは、
私なりにがんばったけど、どうしても水でおしりを洗うってのができんかった。

以上、汚い話でした。
質問等、なんでも受け付けます。
[PR]
by k_meiko | 2011-09-27 08:59 | モロッコライフ | Comments(11)

何度もいいますが、
今回のモロッコ旅行は、「義理姉結婚のお祝い」

料理もいつもより豪華です♪
量もすごいです♪
お手伝いに来ている人の数もすごい!!(お手伝いの人がいるので、女たちはほとんど何もしません)

d0200143_943859.jpg

牛肉のタジン。
あまーくなるまでいためたカラメル色のたまねぎがたっぷり乗っていて、おいしかった。
牛肉が、「にくにくーーーー!!」してて少し気持ち悪かったけど・・・

d0200143_9451771.jpg

この料理の名前はしらん。
薄い春巻きの皮みたいなやつを敷き詰めた上に、
グリルされたチキン、ローストアーモンドとかがちりばめられてて、
サフランでまっきっきなスープかけながら、
手づかみで食べます。
チキンをちぎるのも、春巻きでチキンをくるむのも右手で器用に・・・
私も今回のたびで上手になりました。

d0200143_9491922.jpg

甘いクスクス。
てっぺんの器には蜂蜜が入ってます。
クスクスの上のデコレーションは、ナッツやらシナモンやら。
蜂蜜をスプーンで少しすくい、自分のテリトリーのクスクスにタラタラたらし、
クスクスと一緒にすくって食べます。
甘い。
私は甘くないクスクスがすき。

最後に、
d0200143_9524727.jpg

なんていうフルーツ?わかる人おしえてちょうだい。
道端で山盛り売ってます。一個10円とか?
d0200143_9542693.jpg

その場でむいてくれて、その場で食べます。
噛めない種もたくさん入ってますが、飲み込みます。

ほかにもたくさん食べました。
基本的にパンばかりの生活。
朝パン、昼パン、夜パン。

太るわなー。
[PR]
by k_meiko | 2011-09-24 09:59 | モロッコライフ | Comments(4)

今回のモロッコ旅行のメインイベントは、なんてったって
「ねえさんの結婚」

花嫁の両手両足にヘナタトゥーをする儀式まであります。
d0200143_11132442.jpg

d0200143_11151330.jpg

花嫁さん(義理姉)、本来はド派手なデザインをしてもらうのですが、控えめをリクエスト。
これでかなり控えめ。


ついでにその場にいた女の人たち数人も、タトゥーしてもらいました!
まず私。
d0200143_11172421.jpg

水で溶いたヘナを、専用の注射器のような容器にいれて、器用にフリーハンドでデザインしていきます。
そのまま乾くまで待ちます。
この時間が長ければ長いほど発色がきれいです。長持ちもします。
でも、乾いてくるとポロポロとれてきてしまうので、それを防ぐためにオイルを振り掛けます。(香水でもOK)

私は手を洗いたかったので早めにとりました。

d0200143_1120593.jpg
d0200143_11211515.jpg
d0200143_11213279.jpg
d0200143_11214829.jpg


花柄がやっぱりきれいね。
[PR]
by k_meiko | 2011-09-23 11:24 | モロッコライフ | Comments(6)