カテゴリ:移民について( 20 )

今回は移民関連の話。
これから紹介するのは私ではなく姑(モロッコ人)の話です。実際に私が何かをしたわけではなく、話を聞いただけなのだし、「これが絶対!」ってわけではありません。またケースバイケースな事なので、必ずしもみんながそうであるというわけでもありません。

姑は2011年に「親の呼び寄せ移民」でカナダに移民しました。呼び寄せたのは私の旦那さん。その当時健在だった舅と一緒にです。基本的にモロッコに生活拠点を置き、5年後の移民更新に影響がないくらいはモロッコで暮らす予定でしたが、舅が病気になり、モロッコで治療を受けるということで、二人揃ってモロッコでいることが多くなりました。
2013年の夏に旦那さんが他界してからはちょくちょくカナダに来てたけど、2016年の移民更新の時期までに、必要日数(5年のうちの3年間はカナダにいること)にはるかに足らない日数しかカナダにいなかったのです。

Canadaの移民局によると、カナダにいられなかったそれなりの理由(姑の場合は、舅の看病)があり、それらを証明するものがあれば、日数が足らなくても更新申請ができる、ということで、2016年の5月に弁護士を通して申請書類を提出しました。
提出後はネットで進行状況を確認していたようで、申請書類が届いたのが8月(これは弁護士がちゃんと送らなかったのでは?と疑っている)10月頃に「審査を開始した」となっていました。
それからなーんの音沙汰もなく、電話で問い合わせてもメールもFAXも、全て「今審査中です」で済まされ…2017年の春になった頃また色々必要書類を提出するようにと手紙がありました。
それを出してからまたなんにも音沙汰なし。

9月末にまた手紙が届き、「10月末にインタビュー」のご案内が来て、おーいよいよかぁーと意気込んでいました。
インタビューの練習を弁護士として準備万端で臨んだ姑。ど緊張したらしい。内容はあんまり聞かなかったが、インタビューが終わって帰り際にインタビュアーに「あなた合格よ、おめでとう。早速国に帰れるわねー」とかまかけられたようで、姑、「そう!早く帰りたい!と言いそうになったけど、カナダが好きになったからカナダにいるよ!って言えて良かったぁ」と言ってました。

2016年の9月末から1年以上もカナダに居続けた姑。こんなに長くモロッコにいなかったのは初めてのことで、何度も移民のことは諦めて帰ろうとしてました。私も正直、そんな気持ちなら帰ったほうがいいんじゃない?って思ってたし、姑にもそう言いました。別にカナダに来られなくなるわけじゃないし、やっぱり生活拠点はモロッコなわけだし。
けど私以外の全員(親戚)が「移民のことがはっきりするまではカナダにいなさい」と言っていたようで、我慢しながらカナダにいました。モロッコではお手伝いさんもいて、楽な生活ができてたのに、カナダでは自分でなんでもしないといけない。ちなみに独身の長女がカナダにいるのでそこで生活してて、たまーに、うちに遊びに来てるくらいでした。
この1年何にもしてなかったわけではなく、コミュニティセンターみたいなところで子どもたちのお世話をしたりとかっていうボランティア的なことをして、インタビューの時に有利になるような活動をほそぼそとしてました。
ほぼ毎日ひまーな生活をしているのに、部屋が汚いのはやっぱり、モロッコでお手伝いさんにしてもらってたからなのだろう。

10月末にインタビューを受けた時に合否を言われていたのだが、カードが届くのは1ヶ月か2ヶ月先に郵送か、もしくは直接取りに行かなければならない、と言われたそうです。まだモロッコには帰れません。

そしてつい先日、カードが届きました。それを姑に言うと「今まで生きてきた中で一番嬉しいニュース!!」と喜んでました。それだけモロッコに帰りたかったようです。まだ詳しくは聞いてないけど、たぶんもうすぐモロッコに帰るんでしょうな。

長くなりましたが、移民更新の日数が足らない人、根気よく待っていれば更新できるかもですよー。


[PR]
by k_meiko | 2017-11-25 02:43 | 移民について | Comments(0)

PRカード届く

5年に一度のPRカードの更新。
更新については以前ブログに書きました。(7月16日にポストに投函)

パスポートの全ページをコピーし、学校に行っていたという証明や収入に関する書類などをたくさん用意しました。

すべてのコピーを、それが原本あっているという公証をつけてもらわないといけないとか、日本の出入国のスタンプを翻訳しないといけないとか…っていうのは無視し、単に家でコピーしたものを送付しましたが、なんにも問われることなくたった2ヶ月で新しいカードが届きました。

PRカード申請の書類が受理されたよというお知らせメールに「ネットで進行状況が見れますよ」というのがあったので、そのときに1度だけネットで確認して以降、全く気にしてなかった。
申請書受理から90日くらいかかってカードができますよともネットに書いてあったが、私の場合は受理のメールが来てから1ヶ月少しでカードが届きました。

ちなみに、書き留めで来るわけではなくメールボックスにポーンと入れられてるだけです。こんな大事なカード、受取るのにサインが必要なようにしてほしいけど、なんか考えがあってのことだろう期待しています。(真相を知る人教えてください)

それから、カードのデザインが変わってました!可愛くなったとかではないけど、なんか雰囲気かわりました。

私の場合は簡単にさっさとカードが届きましたが、きっと担当してくれた人のさじ加減だろうと思うので、この通りに行くとは限らないのであしからず。



[PR]
by k_meiko | 2016-09-25 09:43 | 移民について | Comments(0)

PRカードの更新

私はカナダで永住権を持っています。この永住権のカードをPRカードといって、5年ごとに更新する必要があります。
大体更新に半年くらいかかると聞いたので、来年2月に切れるけど、余裕を持って更新手続きをすることにしました。

PRカードの更新はカナダのイミグレのサイトに詳しく載っています。必要書類や申請書のダウンロードなどは全てこのカナダのイミグレのサイトに従って行います。

まず申請書類をダウンロード。そして必要書類をかき集めます。
1.ID系のコピー。パスポートなどをコピーしたもの。
2.1以外のID系のコピー。免許証とか、ランディングの時の紙とか。
3.カナダにいたことを証明するもの。パスポートの全ページのコピー。過去五年のうちにパスポートを更新していたら二冊分を全部コピーしないといけないとか?私は一冊で済みましたー。あと、英語かフランス語で書かれてないものは自分や親族以外の人に翻訳してもらった上に公証までいるらしい。
4.インカムタックスのやつ。これはNotice of assessmentというやつで、revenue canadaから発行されたやつだから郵送でも受け取っているし、オンラインでも見ることができる。
5.学校とかいってたら成績証明書。
6.証明写真2枚。これはjean coutuで撮ってもらった。
7.申請代金50ドル。オンラインで払ってレシートをプリントアウトしたものを同封。

必要書類は人によって異なるし、パスポートの全ページコピーもどこまで真剣に見られるかはわからないので、カナダのイミグレのウェブをしっかり読むことが大切。受理されるか拒まれるかはオフィサー次第。

申請書類には、過去五年の住所や職歴学校歴などを書くだけでなく、旅行などでカナダを出た期間を全て書くようになっている。
このカナダを出た、というのは、アメリカに日帰りで行ったというのも含まれる。まずカナダは出国でスタンプを押されないし、アメリカもビザが有効なうちはスタンプを押されないので、パスポートだけの情報だといつカナダを出たかが不明な場合がある。
なので、手帳などに出入国を細かく記録しておくのがベスト。

今回初めての更新だが、そんなに大変だとは思わなかった。これを5年ごとに行うのだが、昔よりも提出書類が増えたとか審査が厳しくなったと聞くので、5年後の更新のときはもっとめんどくさいもになってるかもしれないなー。

さて、夏休み中だし、お役所もノンビリモードだろうから、いつ新しいカードが届くだろうかね?


[PR]
by k_meiko | 2016-07-16 12:34 | 移民について | Comments(4)

健康保険更新

カナダに移民して約1年になりました。
移民してからしなければならないことについては今までいくつか書いてきました。

今回は、さらに「更新」について。

今回の「更新」は「健康保険」

カナダに移民してからまず最初に「健康保険(l`assulance maladie)」の申請をしたのですが、それが3月に切れます。3月に切れるのに、更新の案内がもう来た!!

案内の手紙の中に
・12月14日まで更新手続きをすれば、有効期限から遅れずに新しいカードを受け取ることができます。
→3月に切れるのに、3ヶ月も前に更新手続きせんといかんのか?のんびりしとるなー。

・運転免許証があれば、運転免許証も一緒に更新できます。そして、その運転免許証関係の支店で手続きできます。
→運転免許センター的なものはモントリオール内にひとつしかなく、かなり不便なところにあるので、支店でできるのはありがたい。ちなみにその支店、結構家の近く。

フォームを埋めて、その支店に行ってきました。
15時半に学校が終わって16時前にはその支店についたのですが、なんと50人待ち!!!!

特に予定もないからせっかくきたし待つか!!
しかも、支店だけあって、免許証の更新のお金を払いに来ただけの人や、保険証の更新だけだったりして結構スムース。50人待ちに耐えられずに何人も途中リタイアしたようで、結局35人待ちくらいだったかな?

1時間も待たずに順番が来ました。

「カードに載せる写真代、10ドルです」と担当のお兄さん。
(写真は自分で用意してもいいみたいに案内状に書かれているけど、それが使われることはなく、絶対にその場で写真を取られるようです。意味不明)

「初めて保険証を作ったときは8ドルだったけど、値段上がったのね」と私。

すると、「運転免許証も一緒に更新すれば2つで8ドルだよ」とお兄さん。

??????

2つ買えば安くなりまっせ????

おいおいおい!!ちょいまて!!

そんなスーパーでアイス買うんとちがうんやで?政府機関でお買い得商品?

私の運転免許証、2015年の誕生日まで有効やで。健康保険証は誕生日とか関係ない月に切れるで?
年もぜんぜん違うしな!!!!

そんな運よく二ついっぺんに更新できる人おるんかいな???


と少し不満をもらしつつ、お兄さんも「そうやんな、おかしいよな」とさ。

ええ、おかしいです。

もしかしたら納得できる理由があるのかも?
いや、ないな。
[PR]
by k_meiko | 2012-12-02 13:11 | 移民について | Comments(2)

こっちで運転する機会は皆無なんやけど、
持ってて損ではない「運転免許証」

損ではないっていうのは、
私たちが通常携帯するIDの中で、住所まで記載があるのは「運転免許証」だけ。
そして、
この住所が記載されている。というのが、必要だったりするときがあるわけで・・・

ほら、日本でも身分を証明するものとして、運転免許証が一番よく使われるでしょ?

ということで、
免許書の申請に行ってきました。

そのまえに準備・・・・
まず、
日本人は(そのほかの国もいくつかあるけど)、日本で免許証を取ったなら、
ケベックでの運転経験があるとかないとか、まったく関係なく、
「筆記テストや実技試験などナシ」で
免許証の切り替えができます。

必要なものは
1、日本の免許証
2、日本の免許証の翻訳(日本領事館に発行されたもの)
3、移民カード(PRカード)
4、ランディングしたときの紙
5、メディケアカード
6、お金
(お金以外はすべてその場で返却してくれます。)

それに、電話で予約しないといけない。

私が電話したのは4月の中ごろで、予約が取れたのは6月5日。
2ヶ月近くかかるのです・・・・

必要書類を持ってSAAQへ行ってからはさくっと終わります。

カウンターで番号もらって、自分の順番がきたら、必要書類を出して、サインして、
写真撮って、
終わり。

SAAQは市内から離れた辺鄙なところにあって、行くのが大変だけど、
申請するのに40分。

あーっというまに終わり。

これが、筆記テストや実技テストがあるとなると・・・・丸一日つぶれます。

自分の国で20年以上も運転してきた人でも、丸一日つぶれます。

私、ペーパーなのに、40分で作れます。

いーね。

SAAQについてのサイト→http://www.saaq.gouv.qc.ca/en/driver_licence/exchange/index.php
サイトには必要書類とかがあんまり詳しく載ってないので、電話して確認しなければいけません。
予約も電話でしかできないので、結局電話しないといけないってことですね。
[PR]
by k_meiko | 2012-06-09 11:26 | 移民について | Comments(2)

(注:カナダ移民に関する内容は、私が解釈したものをかいていますので、間違いや把握しきれたない部分があるかもしれません。正しいことはカナダ移民局のサイトに載っています。リンク→http://www.cic.gc.ca/english/immigrate/sponsor/spouse.asp)


今回はフランス語について。

ケベック州に移民したら、フランス語の学校にいかなければ行けません。
絶対に!というわけではありませんが、フランス語を話せないと、仕事をしたり日常生活で少し不自由します。
それに、移民用の学校は「タダで!」通うことができます。

(ここで話す内容は、私が理解したことであって、正しいかどうかはわかりません、詳しくはウェブサイトをみてください。
ケベックでフランス語の学校に行く→http://www.immigration-quebec.gouv.qc.ca/en/french-language/learning-quebec/index.html)

私が調べた中で、移民用のフランス語学校というのは、2種類あって、
1、パートタイムで勉強
2、フルタイムで勉強

まず、1、パートタイムで勉強
http://www.immigration-quebec.gouv.qc.ca/en/french-language/learning-quebec/part-time/course-locations.html
Consult the Directory of partners offering part-time courses
自分で行きたい学校を選択します。近所にあるとか、いつから始まるとか、どんな時間割かとか、すべて学校それぞれで異なります。
そして、自分で電話なり直接訪れるなりして、クラス分けのテストを受けます。
クラス分けのテストもすべて、学校独自のものです。

私が4月からしばらく通ったのは、
ALACという学校でした。
家から近いというのが一番ですが、ここでは月・水・金の午前中3時間というカリキュラムでした。
先生はフランス人で、とてもきれいなフランス語を話すし、クラスメイトもとてもいい感じで楽しかったです。

2、フルタイムで勉強
http://www.immigration-quebec.gouv.qc.ca/en/french-language/learning-quebec/full-time/index.html
こっちは、オンラインで申し込みをします。
すると、レベル分けのテストを受ける日を指定され、面接官らしき人と一対一で会話をしてレベルわけされます。(これはフルタイムをとる人は同じ場所でのテストになる)
学校は、ケベック移民局が指定したところに行くし、その学校が決めた日から授業が開始されます。

朝8時半スタートで、夕方4時くらいまで、週5で勉強です。
といっても、グラマーとかをみっちり勉強するのは半分くらいで、残り半分は美術館に行ったり公園行ったりと、アクティビティーをしながらフランス語を学ぶ。という感じです。

それでも、朝8時半はきついな~・・・

といってサボってはいけません!!
なぜなら、ケベックからお金をもらいながら勉強するからです。
その金額は、どんな移民の仕方をしたかにもよるし、今時点で他の金銭的援助を受けているのかというのにもよりますが、
私の場合は、だんなのスポンサーで移民をし、基本的に私のめんどうをみるのは「だんな」ということで、
支給される額は、「交通費と昼食代」くらいです。

個人移民をしている人、他にも援助を受けている人等は、週に150ドルくらいもらえるそうです。いーねー。

ということで、
4月から行っていた週3の半日学校は先週で辞め、
今日から、8時半開始のフルタイム学校へ行きはじめました。

クラスメート19人のうち、日本人は私だけ。
中国人も韓国人もいません・・・さみしいね。

今までひまひまひま人だったのが、一変。
毎朝7時に起きて昼ごはんも用意しないといけない。

規則正しい生活、がんばります。
[PR]
by k_meiko | 2012-05-01 05:18 | 移民について | Comments(5)

(注:カナダ移民に関する内容は、私が解釈したものをかいていますので、間違いや把握しきれたない部分があるかもしれません。正しいことはカナダ移民局のサイトに載っています。リンク→http://www.cic.gc.ca/english/immigrate/sponsor/spouse.asp)

前回は、健康保険を作るところまででした。

今回は、SINを作る。
これはSocial Insurance Numberのことで、カナダで仕事に就く場合は必ずこの登録が必要です。

これはケベック州政府ではなく カナダ政府機関で作成します。
ダウンタウンのPlace des Arts駅の近くにある Service Canadaでたった10分くらいで作れます。
番号はこのときにさっそくもらえて、カードは後日自宅に郵送されます。

このカードはとっても大事で、誰かに不正使用されないために、普段持ち歩くということはせず、
必要なときに使用するというものです。

仕事をするとき(給料をもらうとき)、税金のこと、タックスリターンなどのときに必要です。
[PR]
by k_meiko | 2012-05-01 04:51 | 移民について | Comments(4)

(注:カナダ移民に関する内容は、私が解釈したものをかいていますので、間違いや把握しきれたない部分があるかもしれません。正しいことはカナダ移民局のサイトに載っています。リンク→http://www.cic.gc.ca/english/immigrate/sponsor/spouse.asp)

晴れて、永住権を手に入れたわけですが、
まだまだすることはあります。

移民してからすること。
1、健康保険証を作る。
2、SINを手に入れる。
3、運転免許証を作る。
4、フランス語の学校に行く。

たぶんほかにもあると思うけど、とりあえず、私がしたこと(しようとしたこと)はこれくらいかな?

まず、
1、健康保険証を手に入れる。
これはケベック州の健康保険になります。
RAMQ(the Régie de l'assurance maladie du Québec)
http://www.ramq.gouv.qc.ca/en/immigrants-foreign-workers-students/health-insurance/Pages/eligibility.aspx

ダウンタウンにあるオフィスで申請をするのですが、
ここのオフィス、すんごい混むといううわさで、張り切って朝一からいったのですが、
すでにながーい列が・・・

8時半にオフィスが開き、長かった列が少しずつ動き出した!!
30分ぐらいで順番がきて、そこで初めて「順番待ちの番号」をもらいました。

そこからまた30分ぐらい待って、
やっと申請書の記入。

で、ケベックに住所があるという証明のための「公的な場所からの手紙」を持参しなければならないんだけど、
移民したばっかりで、公的な場所からの手紙があると思う??

ということで、
私はだんなの「公的な場所からの手紙」」を持って、私は「このだんなと一緒に住んでいます」
という証明をしようと試みたのだけど、

私のだんなの情報がRAMQ上で見つけられないとかなんとかで・・・

保険証の申請はできたけど、
住所の証明ができなかったから、後日送らなければならないことになって・・・めんどくさっ!

それから、証明写真を撮って、8ドル払って(ホームページには、証明写真を持参するように書いてるけど、
結局オフィス内でとらされるらしいと聞いてたから、よかった)

申請終了!

移民して、3ヶ月は保険はありません。
3ヵ月後に、顔写真つきのカードが送られてきます。

このカードがあれば、
病院はただです!!!

歯医者と目医者はカバーされませんが、それ以外はただです。

子供を産むのも育てるのもただです。

追記:
このメディカルカード、すごくしっかりしているように見えて、チープです。
というのも、ちょっとべったりするシールがひっついたら最後、証明写真の部分、はがれます・・・
私、カードが手元にきてたった1ヶ月で、もうすでに、顔写真の半分がはげてます。

しなければならないことの続きは次回・・・
[PR]
by k_meiko | 2012-04-18 10:01 | 移民について | Comments(2)

(注:カナダ移民に関する内容は、私が解釈したものをかいていますので、間違いや把握しきれたない部分があるかもしれません。正しいことはカナダ移民局のサイトに載っています。リンク→http://www.cic.gc.ca/english/immigrate/sponsor/spouse.asp)

またまた、だーいぶ昔の話をしますが、
移民のことについて更新。

前回は、パスポートがPRと一緒に戻ってきたというところまで。

今回は、最終段階。
「カナダ入国」について。

私は、「国外申請」をしたため、カナダ国内にいたけれども、移民申請的には「カナダ国外から申請」
したことになっているので、
最終的に、
「カナダへ入国」しなければなりません。

ということで、一度カナダを出ます。
これは、陸つながりのお隣の国「USA」との国境へ行って、そこでいったん国境を渡り、また入ってくる。
というのでも、OKなのですが、

せっかくなので、私は日本に帰りました~!!!!

1年ぶりに日本♪
11月1日から12月20日まで、たーぷっり一ヶ月半、楽しい楽しい日本ライフを満喫して、
カナダに戻ってきました。

日本から一度NYへいき、
そこからモントリオールに入りました。

同じ時間帯にモントリオールに到着した乗客に、私以外に移民する人がいなかったので、
移民の最終段階が、ほーんと、あっという間に終わりました。

モントリオールに入国すると「フランス語で面接する」とかって聞いたことがあるけど、
ここは「カナダ」
「英語で面接」ってのが正解です。

パスポートと一緒に送られてきたPRの紙とパスポートをオフィサーに渡し、
PRの紙に書かれていることを一緒に確認して、私のサインをしたらそれで終わり。

次に、ケベックの移民局のブースへ行って、
英語が苦手そうなおばさんが、なんかの冊子みたいなのをくれるだけで終了。

私の帰国を待ってた相方は、
「バラの花」
ではなく、
「チョコレート」を持って、出口で待ってました。
[PR]
by k_meiko | 2012-04-18 09:33 | 移民について | Comments(4)

(注:カナダ移民に関する内容は、私が解釈したものをかいていますので、間違いや把握しきれたない部分があるかもしれません。正しいことはカナダ移民局のサイトに載っています。リンク→http://www.cic.gc.ca/english/immigrate/sponsor/spouse.asp)

久しぶりに移民のことを更新します。

2011年3月末に書類を送付してから約5ヶ月後の9月9日、ついにパスポートリクエストが来ました。

手紙でもなく、電話でもなく、
メールで「パスポート送ってください」とのお知らせが来ました。

そのときちょうど私はモロッコにいて、
カナダに帰るのは9月19日。
パスポートは30日以内に送れとのこと。つまり10月9日。
延長していたビジタービザは10月末に切れる。

もし!!
10月9日までに届かなかったら?(カナダから東京までは1~2週間くらいかかる場合がある)

もし!!
パスポートが10月末までに戻ってこなかったら?(ビジタービザを延長しておくのが筋)

もし!!
それなら、モロッコから送って、モロッコに送り返してもらう?(いつ戻ってくるかわからないのに、そんなに長くモロッコにいたくない!!)

と、どきどきしてましたが、

カナダ入国時にはさらに半年分のビジタービザがもらえた。
(私はラッキーだったけど、申請して延長してたビジタービザは10月末までだったわけで、
もしかしたら、10月末までのスタンプを押され、さらに半年分ってのはもらえなかったかもしれないっ!)

次の日の9月20日に、東京のカナダ領事館にパスポートを送り、
レジスター付で18ドルもしたのに、やっぱり1~2週間はかかるかも・・・と言われた。

でもトラッキングによると、9月26日は東京に着いてた~!はやっ。

そして、10月5日には決定が出され、その数日後には手元にポスポートが戻ってきました。はやっ!!

パスポートともに、
・PR(permanent resident)の用紙
・最初に送った、結婚証明書の原本が、クリアファイルに入って戻ってきた。
・最初に送った、自作の思い出ファイルも帰ってきた。

ご案内のお手紙もついてて、そこには、
「パスポートにはテンポラリーのビザが貼り付けてあり、そこに書かれてる期限までにカナダに入国すること。
PRの用紙には何も書かないこと。入国時にオフィサーの指示に従って記入すること。記載されてることで異なることがあればすぐにお知らせすること」
とのこと。

夏あたりにカナダポストが1ヶ月のストライキをしてたのを含め、半年ほどでここまで順調に進むなんて、
ラッキー!!!

周りの人では結構、「この種類が足りません」「証明写真がクリアじゃありません」など、
いろいろ不具合があったりすると聞くけど、
私はなんもなかったー。

ラッキー!!!!
[PR]
by k_meiko | 2012-01-14 13:11 | 移民について | Comments(0)