カテゴリ:フランス語( 7 )

cabane a sucre (砂糖小屋)

cabane a sucre
直訳すると「砂糖小屋」

カナダといえば、「メープルシロップ」というだけあって、この時期はcabana a sucreに行ってメープルの木から樹液を取り、煮詰めてメープルシロップを作る、という感じの文化的アクティビティーが盛んです。

メープルの木から樹液をとり煮詰めるのはもちろん職人さんの仕事であって、私たちはただ過程のお話を聞いて、メープルの林を散歩して、メープルシロップを味見する・・・というだけ。
それだけじゃー客が集まらん!!ということで、ブッフェ(食べ放題)で豚のように食べる!!というのが含まれます。

そのブッフェの質の悪さ・・・
バラエティーのなさ・・・
がっかり・・・

そんなアクティビティーにフランス語の学校全体で行って来ました。
大人たちを乗せた黄色いスクールバスで1時間。

少し散歩したら、豚のように食べ、その後70~80年代の音楽に合わせて踊り狂う・・・

帰りにまた1時間。

一番楽しかった時間・・・「バスの中でしゃべりまくったキューバ人の友達のキューバの話」
[PR]
by k_meiko | 2013-03-17 12:30 | フランス語 | Comments(4)

Joyeux Fetes

フランス語の学校でもクリスマスパーティがありました。

前日に「スノーストーム注意報」が発令され、「もしかしたら明日は学校閉鎖になるかもしれません」
と言われ、
「今年最後のクラス(クリスマスパーティ)がないかも???」だったのですが、
モントリオールはなんてことのない普通の日でした。

ほかの地域では停電になるくらいのひどいストームがきたらしいです。

ま、そんな中私はポットラック用のおにぎりを大量に作り、風呂敷にくるんで学校まで行きました。

午前中は各クラスの発表会。
うちんとこのクラス、ほんまは劇をしようとしてたけど、結局時間がなくて歌を歌ったんやけど、ほかのどのクラスも劇なんかせず、全員歌でした・・・なんじゃそりゃ?

うちらが選んだ歌は「tetes a claque」というケベックのアニメ(?)の中で登場したジングルベルベースのラップ、「un very beautiful noel」


ラップです。

それが、このラップのノリというのがつかめないおじさんたちは普通に「ジングルベルのリズム」に乗って歌っちゃうわけ。しかも声がでかい・・・

最初から「ジングルベルのリズム」で始まるものだから、しばらくはみんな「ジングルベルのリズム」で歌い、
「ちがう!これラップなんやで!!」と気づく女子たちが徐々にラップにもっていく・・という。

面白かったです!!!
d0200143_2544233.jpg

[PR]
by k_meiko | 2012-12-27 02:57 | フランス語 | Comments(1)

NIVEAU1のとき、クラスのアクティビティーでボタニカルガーデンに行きました。
でーーーっかい公園で、中には中国庭園と日本庭園、植物園、昆虫園・・・などいろいろなものがもりだくさん。

私たちが行ったときはちょうどハロウィンの時期だったので、どっかの学校の生徒が作ったのであろうかぼちゃのお化けがたくさん飾ってありました。

そして、ちょうどランタンフェスティバルが中国庭園でやってて、昼間に行ったからライトアップはされてなかったけど、きれいでした。
d0200143_12434733.jpg
d0200143_12442450.jpg


クラスメイトの女の子の写真を撮ってあげてたんやけど、さすがキューバ、立ち姿がモデルです。
絶対腰に手、斜めに立ち、あごは引き、ちょっと歯を見せた笑顔。プロですね。
その子が私の写真も撮ってくれたんやけど、ポージングも教えてくれました。プロですね。

クラスの集合写真も撮ったりするけど、やっぱり中米&南米の人は写り方がきれいね~。
ピースしとるの私だけやったわ・・・恥
[PR]
by k_meiko | 2012-11-16 12:48 | フランス語 | Comments(3)

NIVEAU 1ようやく終了♪

NIVEAU 1というのは、レベル1のこと。
4月末から通い始めたフランス語のフルタイムコースですが、本来なら7月の半ばでレベル1を終わるのですが、
途中で日本に遊びに行ったため、途中辞退をせざるをえず・・・

ここで今後移民局のフランス語フルタイムコースをとる人へのいろいろためになる話~!!

・一度コースを取ると、それはそれは厳しい規則があって、30時間以上の欠席、または連続で5日間欠席すると除名になる。(遅刻もきちんとカウントされて、何分以上から遅刻とみなされ、それが何回になると1回の欠席と同等とみなす・・・などなど)

・私たちニューカマーにとっては休まざるを得ないいろいろな行事(たとえば免許を取る)があって、それに小さな子供とかがいる場合には、病気になったりすると休んだり遅刻せざるをえなくなる。どんな理由であれ遅刻も欠席もカウントされるが、30時間近くになると警告が入る。

・なにはともあれ、学校にこれないなら絶対除名で、また再開したいなら最初の申請からやり直し。

この、「最初からやり直し」ってのが、面倒くさい。
オンラインで申請して、インタビューの日程が決まるまで待ち、インタビュー後もまた待つ・・・
そして、次回開始のコースに間に合うのかどうかもわからないし、また同じ学校なのかどうかもわからない・・・

私の場合は、除名されてすぐに再申請をしたので、結構早く連絡が来て、しかもインタビューが免除されたのだけども、レベル1を終えずに退学したのでレベル1のやり直し・・・
そして、今度は家から少し離れた小さな学校。

その学校は8月の末から始まって、それはそれは順調に進み、なんの問題もなく、これといって面白い生徒もおらず・・・どちらかというと、とっても楽しかった!!
クラス環境にもとても恵まれ、先生もとてもすばらしい。
クラス全体が「フランス語、がんばるぞ!!」というやる気のあるクラスだったので、私もとても上達できた。

そのクラスが今日で終わり。つまりようやくNIVEAU 1が終了したのです。

明日から1週間のお休みのあと、次はいよいよNIVEAU 2です。
ますます難しくなるようだけど、また楽しくがんばろっと!!
[PR]
by k_meiko | 2012-11-08 14:00 | フランス語 | Comments(8)

みんなでお出かけ。

今日の学校は、午前中はみっちりフランス語の勉強で、
午後からはMONT ROYALというでっかい公園へみんなで行きました。

道中も公園内でもフランス語オンリーという決まりだけど誰も守っちゃいない。
私はクラスに日本人がいないということもあって、英語とフランス語がゴチャゴチャになりながら会話を楽しむ…
そしてとても疲れる…

d0200143_827274.jpg

この公園のてっぺんからみたダウンタウン。

帰りはみんなとは違う方向行きのバスに乗って図書館へ。
なんと、先生と二人っきり…
みっちりフランス語。頭痛。

しかも、図書館ではもう一人のフランス語の先生にも会った…激痛。

でも、図書館からの帰り道、
日本の春を思い起こせそうな満開の木に出会えて、スッキリしたわ~。
d0200143_8272813.jpg

d0200143_8272953.jpg

[PR]
by k_meiko | 2012-05-10 05:34 | フランス語 | Comments(5)

月曜日から、モントリオール大学でフルタイムでフランス語を勉強しています。
朝8時半から12時半まで、休憩もそこそこの4時間・・・
1時間のお昼休憩後、1時半から4時くらいまでこれまたみっちり・・・

とにかく、朝7時におきて8時に家を出るという習慣が、カナダでなかったため、
それはそれはキツイ一週間でした・・・

月曜日の初日・・・
さっそく教室を間違って教えられるというミスをされ、
日本に行ったことがあるという陽気なメキシカンのおっさんもおれば、とても素敵なアイラインのひき方をするインド出身のおばさんがおったり、英語が達者なネパール人がノンストップで話しかけてきたり・・・

なにより、先生が途中から病院に行って、そのまま戻ってこなかった!!!
「お昼からは、先生が戻ってくるかどうかわからないので、とりあえず、ランチして、もし先生が戻ってきたら授業します」とほかの先生にいわれ・・・

で、結局昼からは休講。
初日やぞ、おいっ!

しかもその先生、
「どこの国から来ましたか?」の質問に
「ケベックから来ました。」

「あなたの国籍はなんですか?」の質問に
「ケベック人です。」

と答える。

フランス語の勉強の中で、自己紹介の仕方や、自分の出身国や国籍の言い方を習うのは当たり前。

だから、私たち生徒は
「日本から来ました。」「インドから来ました。」「イランから来ました。」
と答えるが、

なんで、ケベック?
ケベック、国じゃないし、
ケベック人は国籍じゃないし。

もうそれが気になって気になって・・・

火曜日もそれ言いよったら理由を聞いてみようか?
と思ったら、
「ケベックは国だ!」と自分から言い始めたから、
「あ、この人はケベックの独立を願ってる人なんだ・・・」ということがわかりました。

ということで、私が学んでいるのは
「フランス語」ではなく、
「ケベック語」です。

ここはケベックだから当然か!!
[PR]
by k_meiko | 2012-05-07 00:34 | フランス語 | Comments(2)

今日の一言

今日学んだフランス語のフレーズ

Depechez-vous!!!!

急いで!!

注:最初のeの上に/ 
  次のeの上に^
  最後のeの上に/


普通、お出かけ準備をするのに男性よりも女性が時間がかかるはず。
ほら、お化粧したり、服と靴を選んで、それにあうバッグを探して、髪セットして・・・
って、女性のほうがやることたくさんあるでしょ?

なのに、こっちの人、男のほうが遅い!!
”十時に出発ね”っていう話だったはずだから、それに間に合うように準備を始める私と、
十時になってから準備を始める相方。
しかも、ちゃっちゃと準備しないから、結局出発は30分後とか・・・

そんなときに使えるフレーズ:Depechez-vous!!!
(相方にならDepeches!!でいいのかな)
[PR]
by k_meiko | 2010-11-17 13:06 | フランス語 | Comments(4)