<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

餅がー!

もーどーしても、どーしても、餅が食べたくて..

もち米で餅を作ってみた。

d0200143_11325056.jpg


炊飯器で三合炊いて、コップの底でどんどんついてみたけど、粒々が全然なくならんくてな、で、疲れたけん、もーこれでえー!
ってなって、あんこをくるんで食べてみたら、

おいしー!!
ちょっとおはぎみたいやし、びょーんって伸びたりせんけど、私はこれで、満足!

餅好きの旦那さんも、食べたことあるやつとちょっと違う餅に首をかしげなら、おいしーと食べてくれました。

d0200143_1136577.jpg

もっと作ったんやけど、たくさん食べたけんあとこんだけ。

元旦用の鏡餅も作ったよ。

みなさま、今年一年、しょーもない私のブログを見ていただいて、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。今年よりももっと頻繁に、そして楽しいモントリオールライフをお届けしたいな。

よいお年をー(^o^)
[PR]
by k_meiko | 2013-12-30 21:31 | モントリオールライフ | Comments(2)

来た!

モントリオールの本気、来ました!
d0200143_7552559.jpg

写真じゃよくわからんけど、吹雪いとります。

昨日の夜から降り始めた雪で辺り一面真っ白。
強い風でビュービュー。

あー、来たね、これ。

最近は、マイナス20度くらいまで下がって寒い日が続いていました。
そんな中、家の中は+30度近くの乾燥砂漠…

「あー雪見だいふく食べたい!」と思い始めたら止められんくて、
凍える気温の中、往復一時間の距離を歩いて、アジアン食材店へ行ってきました。(この吹雪きの中ではなく、一昨日の話)

d0200143_7594892.jpg

雪見だいふくっぽく、2つ入りの韓国製のもあったんやけど、バニラじゃなくて微妙な味そうやったし、せっかくここまで来たのだからと、六個入りを買ってみた。
これで6ドル。
d0200143_812015.jpg

この大きさで一個1ドル。
高いね。でもたまにはえーんです!!!

ダンナさんに見せる前にもうすでに3個食べてしまい、「今言うと残りは全部ダンナのものや...」(6個を二人で分けたら一人3個ずつでしょ?),と食い意地全開の私は、このままダンナさんには言わず、6個全て独り占めしたのでした…
[PR]
by k_meiko | 2013-12-15 17:54 | モントリオールライフ | Comments(6)

Rachid Badouri

Rachid Badouriというのは、ケベックのコメディアンの名前。
モロッコ人移民の両親から産まれたモロッコオリジンのカナディアン。
d0200143_455297.jpg

(写真はネットから拝借)

この人のコメディーショーを見に行ってきました!

モロッコオリジンと言っても、コテコテのケベック語を話すし、ケベック人が好きそうな話題やからか、観客のほとんどがケベック人。

こないだモントリオールに来てたモロッコ人のコメディアン、Jamel Debbouzeの時は、メチャメチャアラブ人が多かった!さすがフランスで有名なだけあって、Rachidよりもワールドワイド!(いや、アラビアンワイド?)
日本でも「アメリ」で知ってる人がいるはず。
d0200143_523111.jpg

(写真はネットから拝借)

さて、Rachidさんのコメディーは、大概いつも父親ネタがあるんやけど、今回は新婚なため、嫁さんネタもあって、しかもピアノひいたりしてとても楽しいショーやった〜。

フランス語、ほとんどわからんし、わかっても(それおもろいか?)みたいな話もあるけど、顔芸とかもやってくれるし、ダンスがメチャメチャ上手やから、私でも充分楽しめました。

でもやっぱり、日本のお笑いが一番やわ。年末年始のお笑い番組、それが今は一番楽しみー♪
[PR]
by k_meiko | 2013-12-07 14:51 | モントリオールライフ | Comments(0)

学校終了~!

移民向けのフランス語の学校が終わってから、せっかく学んだフランス語を生かして、他のことも学びたい!!と思い、
”lancement d'une entreprise et servie de garde”(起業の仕方を学びながら、ついでに、自宅で託児所をひらく方法も学ぶ)という、3ヶ月弱のコースに申し込んでいました。

本当は5月からいく予定だったのに、人数が足らず閉鎖。
次の7月から開始のは、私がモロッコに行くためにキャンセル。

そしてついに9月からのコースに参加したわけです。
当初聞いていたのは、月曜日から金曜日までの朝8時半から15時半というながーい授業。しかも家から1時間以上もかかる遠い学校・・・たった3ヶ月弱だし、がんばるぞ~!!と意気込んで行ったみたら・・・

授業自体があるのは、火水木で、朝の9時から12時まで。あれ?お昼ごはんいらんの?たった3時間なの?

先生曰く、「テキストを読むなり、自分で自分のしたいことをリサーチして、わからないことがあれば授業中に聞いてくれ。」「俺は、テキストどおりのことを一から教えるのではなく、テキストには載ってないこととか、起業したいと強い意志があり、がんばっているヤツに手を差し伸べる」という方針。

なるほどー。
私としては、日本ででも「起業」というのは未知のものやったから一から教えてほしかったんやけど、それは全部テキストに書いてるし、とりあえず、テキスト読んでわからんところを聞くことにしよう。と、辞書片手に片っ端から読み漁りました。

クラスには、20代前半のバリバリのケベック人たち。か、アフリカやハイチから移民してきたフランス語が達者な黒人さんたち。という二つの部類しかおらんくて、そのどっちにも属しない私は、最初から浮いてました~。

「このベトナム人か、フィリピン人かよくわからんアジア人、フランス語も下手やし、大丈夫なんやろか?」という視線を感じながら、それでも必死で、バリバリの「ケベッコワ」とノリノリでなんでも楽しそうな「黒人さん」たちに負けないようにと、がんばったわけです。

教室に一番に着くのはいつも私。
欠席しないのも、遅刻しないのも私。
手を上げて質問するのも私。
なんと、最終的に提出しなければならないプロジェクトを一番最初に仕上げたのも私!!!

私、がんばった!!!ケベッコワなまりのフランス語は最後まで良くわからんかったし、陽気な黒人さんたちのジョークもまったくわからんかったけど、やり終えた!!
最後には先生からも「めいこは一番がんばった!」と言ってもらい、
年下のケベックギャルたちや、ガハガハ笑うハイチの女の子たちからも、「めいこに会えてよかったわー」と楽しく終えることができました。

もーそれだけで私は満足!!

そして、しばらくフランス語はご遠慮願います~。
[PR]
by k_meiko | 2013-12-03 10:06 | モントリオールライフ | Comments(4)