<   2016年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

例により、夜中一人でベッドで寝れない息子をどうにか抱っこで寝かしつけてベッドにそっと置くがすぐ起きる!を夜中3時間くらい繰り返してたので、
ナースに、「もうムリ。一緒にソファーで寝てもええやろか?」と、ベッド外で親と寝ることを認めていない病院のポリシーに反し懇願すると、
しぶしぶ了承してくれた。
d0200143_10225902.jpg
この、背もたれがフラットになれば最高なのにならない、狭いソファーで息子と二人でギューギュー寝た。
足に酸素量を測るモニターをつけ、そのコードが絡まないように、モニターが外れないようにと、ゴニョゴニョ動くたびに目が覚め、全く寝れない!

なにはともあれ、酸素量低下のピーピーは一度もならなかったようで、夜中のナースから朝のナースに私たちの状況は説明がなかったのか、またもや「ポリシー違反」のことを言われ、「今日はきっと退院よー」とサラッと冷たく言われた。

早く家に帰って白ご飯食べたーい!
が止まらない私。

ご飯よりも眠気のほうが強く、親子共々、帰宅後夜まで寝続けたのでした。

そこで




[PR]
by k_meiko | 2016-03-26 12:44 | 長男 育児二歳 | Comments(0)

今日はイースター休日の始まりの金曜日。
病院はシーンと静まりかえり、計画的な手術もないため、手術後のリカバリールームも、昨夜から泊まりの3組のみ。しかも私の息子以外は退院を許されたようで、午前中には私たちだけとなった。
普段、週末や休日などで手術が予定されていない日は、このリカバリールームにはナースはいないのだが、今日は私の息子のためだけにナースが二人もいる!
「あなた達がいなけりゃ私たちはいないのよ、ここには!」
と何度もぶーたれてるので、いる間はしっかり働いてもらおうとこき使ってやったぜ!

だって、私達だって入院病棟にいればこんなことにはなってなかったのだ!

だから今夜は絶対入院病棟に移りたい!
ナースたちも早く移ってほしいと思ってる!

なのに、入院病棟に移れたのは夕方5時ころ!

そこに移るまで、暇を持て余す息子の相手、お見舞いに来た旦那の友人と義理姉の相手、とってもへとへとの私。妊婦にはきっつい一日でした。
特に義理姉!
「手術がうまくいってよかったね、息子もあなたもよく頑張ったね」と言ってくれるのは、私のまわりのお友達や家族。
義理姉は「これからお風呂に入れるのとか気をつけなさいよー。将来アルツハイマーにならないらしいからいいわねー。息子、熱があるんじゃないの?あんな薄着で風邪ひくんじゃないの?」みたいなことばっかり言ってる。

この義理姉、自分の子供はいないのに、託児所で働いているから知識はある。
だけど実践的でないので、私にとっては「そんな情報は必要ない」ものばかりなのである。というか、私は聞く耳を持っていない、彼女に対して。
子供を持つ母親の気持ちというのは、母親をしたことある人にしか分からないと思う。
あ、でも母親してても「えっ!?」と驚くようなことをいう人もいるが。。。

なにはともあれ夕方から移った入院病棟は完全個室ででっかい窓はついてるいい部屋でした。
テレビもついてる!
d0200143_10192962.jpg
車が大好きな息子にとって最高のビュー。高速道路に車がたっくさん!

d0200143_10201595.jpg

d0200143_10210406.jpg
この椅子、快適ー!
d0200143_10225902.jpg
予想通り、夜は一人で寝られない息子とギューギューで寝たソファー。

[PR]
by k_meiko | 2016-03-25 10:02 | 長男 育児二歳 | Comments(0)

夜就寝の時間になり。。。
問題は、息子がベッドで一人で寝られない!ということ。
生まれてからずっと私と添い寝。

案の定、一人でベッドで寝れず、私がソファーで抱っこで寝かしつけた後ベッドに置くが、一時間くらいで目を覚ます。

というのも、いろいろ繋がれたモニターの1つ、酸素量を測る装置がピーピー鳴ってウルサイ!
その度にナースが様子を見に来る。
ピーピーなるのは、息子が寝ている間の酸素量が減るためで、でも、酸素マスクを直接つけずに顔の近くに置いてあるだけだからちょっと動けばすぐ酸素量が下がりピーピー鳴る。

結局、何回も起こされるたびにギャーギャー泣いてうるさい息子のせいで、隣のカーテン越しの娘も起きちゃうってんで、ちょっとした個室に移された。。。
元はといえば、入院病棟に泊まらせてくれなかった病院側のせいである!!

ともかく、ちょっとした個室では私の簡易ベッドで一緒に寝て、グッスリ寝れたものの酸素量が下がるのは何回もあったため、大事をとって次の日も入院することになったのである。。。

[PR]
by k_meiko | 2016-03-24 10:31 | 長男 育児二歳 | Comments(0)

1時半頃、ブザーは鳴ってないが、手術室の前の待合室に行く。
手術自体は20分だけど、麻酔のことやその他もろもろで一時間はかかると言われてた。

待ってたらすぐに執刀医が来て、成功したよー、アデノイド、思ってたよりでっかくて取って大正解!と。
ほっとしてたらすぐにナースに呼ばれ、息子さん、もう目を覚ましたよ!と。

術後のリカバリールームに行くと、きれいなナースにお水貰ってました。過去二回の麻酔では、目覚めてギャーギャーがすごくて大変だったのに、今回めちゃおとなしくてびっくり。
美人やからか?


そんなムッツリ息子も私の顔を見た途端泣き出して、抱っこをせがむので、モニターや点滴などいろいろ繋がっていたが、ナースが抱っこさせてくれた。
d0200143_10265814.jpeg

お腹ペコペコでリンゴジュースをゴクゴク飲み、
d0200143_10255712.png
ストローくわえたまま寝た。スゴイ!鼻呼吸してる!しかも、ゴーっていびきかいてない!

なんて感動しつつ、入院病室にはいつ行くのかしらー?って待ってたら、
空きがないので、今夜はここで寝てもらいます。って、え?
カーテンで仕切るしかないここで?しかもナースステーションの目の前?術後の患者さんが来るとこ?

いやー!!!

なんて言えません。
本来なら、息子がした手術くらいのレベルはその日のうちに家に帰される。
実際、リカバリールームにいたほとんどが家に帰り、ここで寝泊まりしたのは3組だけでした。

親には簡易ベッドを用意してくれ、リクライニングチェアもくれたし、あんまり不便ではなかったかな?
ナースの気遣いも良かったし、DVDも借りれた。

が、よかったのは夜中までー。
続く。。。

[PR]
by k_meiko | 2016-03-24 10:15 | 長男 育児二歳 | Comments(0)

昨日の夜から絶食の息子を朝早くに起こしたくないなーとずっと寝かせてたら、危うく時間に遅れそうになった。
私は、手術後に食べるご飯や飲み物の用意のために早く起きてたが、うちの旦那は出発の10分前に起きやがって、優雅にコーヒーとパンを食べている。
こーゆーとこイラつくね。

9時に予約で9時に着く。。。しかも手術する場所に行く前に、addmission center で手術用のファイルを貰って来ないと行けないのに、今日は長蛇の列。
旦那にファイルをまかせ、私と息子はとりあえず手術の場所に行き、来てますよー!のアピール。

10時前には血液検査を終え、息子は手術用のガウンに着替え、結果を待つ。
もしヘモグロビン値が低ければ手術はしないし、ここ最近鼻水と咳が出てるのでそこもクリアできるか心配。
d0200143_10041436.jpeg
お腹もペコペコだろうが、元気に遊ぶ息子。

血液検査が出るのに2時間かかり、麻酔師や執刀医と最終的な検査や話し合いをし、ヘモグロビン値もそう低くなかったので、手術決行が決定!

今回は、両耳の鼓膜にアナをあけ、ちっさなチューブを取り付けて、外耳と中耳の空気の通り道を作り、中耳に水がたまらないようにするのと、
アデノイドを取る、という2つ。20分で終わるらしい。

12時半、麻酔師と麻酔師のレジデントの若い女の子と手を繋いで自ら手術室に入っていった。
残された私たちには、フードコートなどで渡される出来ましたよーのブザーと同じようなものを渡され、病院内、どこにいてもいいと言われた。

手術後にご飯食べる時間ないから二人で病院のカフェテリアでランチをした。



[PR]
by k_meiko | 2016-03-24 09:54 | 長男 育児二歳 | Comments(0)

ブログに書いたことがあるかどうか記憶にないが、息子は1歳の検診の時に口呼吸を指摘され、かつ寝るときにいびきもスゴイと伝えると、耳鼻科に見てもらうように言われた。一年以上前の話である。

ここでは、耳鼻科や皮膚科と言ったスペシャリストに見てもらうには、小児科医やファミリドクター、ジェネラルドクターなどにリファレンスを貰わなければならず、日本みたいに鼻の調子悪いから耳鼻科行こーと気楽には行けないのだ。

1歳検診で貰ったリファレンスでMontreal Children's Hospitalの耳鼻科医に予約を取り、1年間、耳の検査や鼻の検査、スリーピングモニターなどいろいろした結果、
両耳には水が貯まり、鼻はアデノイドが肥大で空気の通り道を塞いでいると診断され、手術することが決まった。それが去年の暮れ。
その後、手術前の健康診断などをし、二回もキャンセルされ、ようやく手術前日を迎えることができた。

いよいよ明日だー!と入院準備中、小児科医から電話。
2月にした血液検査が昨日手に届いた、と。その結果、ヘモグロビン値が今まで以上に低い、と。手術かなんかして血をたくさん出したか、と。

いえ、手術は明日です。と伝えると、

心配だから耳鼻科医と話してみます。と迅速に対応してくれ、明日は手術の前にもう一度血液検査をすることなった。

待ちに待った手術を逃すまい!と、昔処方されてた鉄分のシロップを飲ませ、鉄分タップリの子供用ミルクを飲ませ、あとは神頼み!

明日、手術できますように。。。






[PR]
by k_meiko | 2016-03-23 09:35 | 長男 育児二歳 | Comments(0)

新調したもの

もう3月半ば、今更なんですが、今年始めに財布を新調しました。
d0200143_03210555.jpg
クアトロガッツのちいさいふ。めちゃ小さい。
d0200143_03230177.jpg
カード入れが2つでそれぞれ三枚くらい入る。
お札も入るし小銭も入る。
職人さんが毎日いろいろなデザインのちいさいふを手作りしている。革でできたしっかりした財布。

普段あまりバックを持たずに出かけることが多いので、ポケットに入り、かつ邪魔くさくないものを探していたので、ドツボ!!
ただ、カード入れがもう少しほしいので、同じサイズで作ってみた。
d0200143_03272989.jpg
d0200143_03283007.jpg
あとこれに携帯と家の鍵だけを持って出かけるので、身軽なのであるー!


[PR]
by k_meiko | 2016-03-18 03:19 | モントリオールライフ | Comments(0)

新しいおもちゃ

うちの旦那は買い物に行けば必ずと言っていいほど毎回おもちゃを買う。
息子が手にとったものは、必ず買う。
私が一緒にいる時は、「一つだけっ!一番安いの!」
と釘をうつ。
私と息子が二人きりで買い物行く時、私はおもちゃを買わない。
おもちゃを買うのは旦那の特権ということにしている。

そんなある日、家族三人でコストコへ行った日曜日。
私自身もずっと気になってた三輪車が売っていた。

息子も私も旦那も「これ買おー!」

お値段113ドルプラス税金。けして安くない!!
でもうちは誕生日プレゼントもクリスマスプレゼントもないので、良しとした。
旦那は45ドルやと思ったらしい。。。

d0200143_03141248.jpg
後ろの大人が持つハンドルで前輪を操作できるし、ベルトもちゃんと付いているので安心。
息子よりも小さい月齢の子用に、腰回りがしっかり固定出来るものもついてるし、足置き場もある。

息子自身も楽しんでるが、私も楽しい!
暖かくなってきたし、公園いこー!!

[PR]
by k_meiko | 2016-03-18 03:07 | 長男 育児二歳 | Comments(0)

着付けのレッスン

モントリオールのお友達が着付けのレッスンを開催してくれましたー。
ずっと興味はあったけど、一着も持ってないし、成人式以来。そもそもこのでか過ぎる体型に合う着物ってなかなかない。
成人式でも、おはしょりギリギリだったしね。

今回は着物をたくさん持ち、普段からよく着ているお友達を誘って行きました。
着物は先生のをお借りして。。。

初めて自分で着てみた感想は、
「難しい!!」
やることもたくさんあるし、注意点もたっくさん。
綺麗に見せるためのコツもたーっくさん!

大変な分、着たあとのシャンと感はとても心地よく、一気に着物ワールドに引き込まれました。

これからもっとお腹が出てきて着るのが難しくなるだろうけど、いつか着物を気軽に着れるような女性になりたいなー。

d0200143_03053497.png
でっかい方が私。そう、デッカイの!
d0200143_03061561.png
みんなで着るとテンションあがるー!

[PR]
by k_meiko | 2016-03-17 10:22 | モントリオールライフ | Comments(0)

アラビア語の方が得意?

長男くんは週に2回ほど託児所に行きます。
フランス語の託児所だし、フランス語を話す大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんが一緒にいるため、フランス語の理解力はわかります。

その2日以外は私と過ごします。
どっぷり日本語です。
歌ったり踊ったり一緒に車で遊んだり、ご飯も和食が多いし、絵本なんかも日本語です。

なのに喋る日本語は、
アンパンマン
ワンワン
ブーブー
う~(消防車のまね、もはや日本語とはいえないか。。。)
ねんね
まんま
ないない(片付けのこと)
これらはキチンと意味をなして発します。
まだまだ赤ちゃん言葉です。

アラビア語を話す旦那とは、平日の夜と週末のみ。
しかも、仕事で疲れてるので、そんなに期待するほど遊んでくれないし面倒もみない。
なのに、アラビア語っぽい言葉をいくつか習得しているのだ!
ラーラー(アラビア語でNOの意味)
クックー(クスクスのこと。クスクス食べたいーの時に言う)
ナーンナンナンナン(モロッコ人にとってのブーブーのようなもの。レーシングカーの音。)
ッラー(アルハムドゥリッラー、ごちそうさんの意味の最後のッラー)
と、結構言えるのだ。

フシギー!

[PR]
by k_meiko | 2016-03-13 11:14 | 長男 育児二歳 | Comments(0)