<   2016年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

痰と便秘(次男)

汚い題名ですみません。痰と便秘の話します。

一週間前くらいからゴロゴロ、ゼーゼーという音を出しながらグズるようになった次男。
鼻が詰まってることはなさそうだし、普通に息をするときは静かなのに、グズグズ言うときにゼーゼー音がする。抱っこのときに背中に手をやると少し振動を感じるくらい。

赤ちゃんの痰ってどうするん?
部屋の乾燥予防とか、背中のタッピングとか、いろいろやってみたけど全然だめやった。

鼻水吸い取るやつでズコココーって吸ったらめちゃ鼻水出てきたー!
次男、イヤイヤ泣くけどまだ手で払いのけられたり顔を背けられたりはしないので思う存分吸い取ってやった!
長男のときは初めての経験で恐る恐る鼻に突っ込んで優しく吸ってたけど、今回は容赦なし!
もうしつこいくらい吸います。

ジュルっと鼻水出たあとは本人もスッキリしてるので大丈夫でしょう。

同じく便秘の問題。
生後一ヶ月くらいまでは毎日何回もうんちしてたのに、それ以降全然うんちをしなくなった。
おむつ替えが少なくて良いわーなんて思ってたけど、4日も5日も出ないと心配になる。
しかもうーんうーんとお腹をよじらせてきばってるのに出ないし、便秘3日目あたりから不機嫌マックスなのでイチジク浣腸の出番である。

生後3ヶ月未満は必ず医師に相談とあるが、小児科に行っても「お腹のマッサージと綿棒浣腸ねー」と言われるだけだし、そんなもんはもうすでに毎日やっておるのでイチジク浣腸に頼っているのである。

イチジク浣腸はスゴイ。
なにをしてもダメだったうんちがイチジク浣腸後すぐさまピーゴロロ。本人もスッキリした顔でスヤスヤ眠りに落ちる。
イチジク浣腸はスゴイ。

でもやっぱり浣腸とかせずに自然にうんちを出させてあげたい。
何かいい方法ありませんか?
d0200143_12200817.jpg

[PR]
by k_meiko | 2016-11-30 12:04 | 次男 育児0歳 | Comments(0)

次男、2ヶ月半

次男ただ今、2ヶ月半。スクスク成長しております。
2400gで産まれたのが今は5330g。成長曲線の伸び幅が半端ないと、小児科の先生も驚きー!

そんな次男の日常は…
朝7時ころにお目覚めで、ご機嫌に一人でバタバタしながら過ごす日もあれば、抱っこしてないとギャーギャー言う日もありって感じです。
長男がデイケアに行かない日、つまり家にいる日は、空気を読んでるからか、静かな日が多い。。。泣いてるなーっと思ってたらいつの間にか一人で寝てたり…長男にまだまだ手がかかるので空気が読める次男に感謝。

私と二人きりの日は、私が抱っこしてればいつまでーも寝てる。
一度ベッドにおけばグズグズ言い始めるのであまり家事は出来ないが、もともとあまり家事をする気ではないと決めてる日があるので、次男をだっこしたままテレビを見まくるので特に支障はなし。

夜も結構寝る方で、「あれ、もう朝方?夜中授乳したっけ?」なときもあるけど、一週間に一回くらい、「あー全然横になれんかった…」と一晩中抱っこし続けることもある…

d0200143_08105203.png
3ヶ月の服がピッタリ。昼間はこの椅子(バウンサー?)に座らせることが多い。耳元から音楽が流れるのだが、特に音楽が好きそうとかではない。

クークー言ってお話したり、うーうー言って苦しそうにしたりと、いろんな表情を楽しませてくれます。

大人が食事(特に私)している姿をじっと見て、口をモゴモゴ動かしているので、この子はなんでもよく食べる子になるのではないかと期待大!




[PR]
by k_meiko | 2016-11-22 07:57 | 次男 育児0歳 | Comments(0)

やっぱり理解不能

今週末は食事会が金土日と3日続きました。
金曜日は家に義理母と義理姉を招いて夕食を。
土曜日はイタリア人の友人宅へ。
日曜日はモロッコ人の友人宅へ。

まず金曜日。
好き嫌いがはげしい旦那を持つ嫁(私)は、新しいレシピを試すのは人を招いた時くらいしかないので、張り切ってやってみたかったレシピを試した。
義理母も姉も喜んで食べてくれたが、最後に義理母が「美味しい料理を作れるようになったねー」と言った。多分褒め言葉として言ったんやろうけど、いい気分しないよねー。
だから「前からずっと美味しいの作ってますけど?」と言い返したったでっ!

土曜日、朝から長男のスイミングに付き合い、昼からは旦那の買い物に付き合い、夕方から友人宅へ。
気の合う友人なので楽しい時間だったが、夜間授乳であまり寝てないので体はクタクタ…咳も出るし、目も痛い。

日曜日、朝からぐったり…というのも、昨晩は授乳とグズグズが多くてあんまり寝れなかった上に、長男が六時半に起きたので、次男を抱っこしたまま長男の相手をしたり…記憶がないくらい眠たくて眠たくて…
何が一番疲れるかって言ったら、旦那が朝10時近くまで寝てたこと!しかもその後ゆっくりシャワーを浴び、優雅にテレビを見ながらコーヒーを飲んでいる!💢💢💢
私は、毎週日曜日のお昼に自宅で地元の子供たちに日本語を教えているので、その間旦那に子どもたちを連れて出かけてもらってるのだが、今日は「も~めっちゃ眠くてしんどいけん、お昼に子ども連れたまま友人の食事にも行ってきてー。私、キャンセルしたい」と言ったら、ぶつくさ言われたけど「なら長男だけ連れて行く。次男と二人は無理」と言われた。。。今日の食事会はモロッコ人家族に呼ばれてて、義理母と義理姉も呼ばれてるらしいから、子ども二人連れてってもなんちゃでないはずなのに…💢💢💢💢💢💢

そしたらそしたらそしたら、そしたらやで!その招待してくれた友人の奥さんから私に直接電話が来て、「なんで来れんの?しんどいん?家に来てリラックスすれば?私のために来て〜!!」としつこく言われた。
もう「はい、わかりました」と言うしかなかった…(T_T)

夜間授乳で寝不足とか、子どもの面倒見て疲れてるとか、風邪気味やとかっていうのが、理解してもらえない。
なぜかというと、モロッコ人の女性は、モロッコでは家政婦が居て、子育ても家事も家政婦がするから疲れることなんてないのである。もちろん仕事に出ている人もいるけど、家政婦が家のことをするから、疲れは「仕事のみ」なのである。
「育児疲れってなに?」なのである。

食事会に行ったその後のことはご想像通りです。
私以外がモロッコ人の集まりでたった一人の日本人、はい、孤立です。
子どもの面倒を他人の家でしただけである。

明日は晩御飯、パンのみにしようと思う。
私は疲れてるんだっ!


[PR]
by k_meiko | 2016-11-21 10:50 | モントリオールライフ | Comments(2)

厳しい母と甘い父

うちの長男は甘えん坊です。
いつも「マミーマミー!」と私のそばを離れません。寝るのもお風呂もご飯も、ぜーんぶマミーと一緒がいいのです。

そんな長男も二歳半を過ぎて知恵がついてきました。
「あ、これマミーに頼んでも絶対ダメって言われる」というものがわかってきました。
チョコが大好きな長男は「チョコレートちょうだい!」としょっちゅう言います。
私はおやつの時間に一つならあげるけど、それ以上は絶対ダメだと言ってあげないし、おやつの時間以外、特にご飯前だとぜーーーーーったいにダメ!と力強く言います。
「ダメなもんはだめなんやっ」

チョコレート以外でも私は「ダメなもんはダメ!」をつらぬいてます。(つらぬいてるつもりです)

ところがどっこい、父は長男にアマアマです。
モロッコの家系はみんなアマアマです。

父である私の旦那は自ら「チョコレートいる?」と息子に聞くくらいである。
さっきおやつを与えたばかりだからご飯まではもう何もあげるつもりはないから、長男に何かちょうだいと言われるまでお菓子の話はしないし、何かちょうだいと言われも「ご飯がもうすぐだからご飯食べようね」と言ってるのに、仕事から帰って来てご飯まで時間が少しあると、「何か食べる?チョコレート?」と息子に聞くのである。
待て待て待てーい!!
と私が制御しなければ、旦那はかまわずにチョコレートを簡単に与えるのである。

そんなアマアマの父を利用して、今日こんなことがあった。

ご飯前、私はキッチンで料理。
息子は父とおもちゃで遊んでいたが突然静かになった。
どうやら息子がどっかからチョコレートを見つけて来て、父に開けろと催促し、開けてもらえたのでコソコソ食べてるらしい。
しかも息子は、旦那に「マミーには言うなよ!」の意味を込めて「シーッ」と合図までしたそうだ。

旦那は私に事後報告で教えてくれたが、ご飯前ってわかってるのにどうしてあげるかなー?!と少しキツく言ってみたら、
「だって自分で持ってきたよ?」だとさ。

それでも「ご飯前はダメやでー」の教育しとるんやから「ダメやでー」って言ってもらわんと…

今後、「フェラーリ買ってー」「タバコ買って」「バイク買ってー」と言われるようになったらどうするんやろ…?


[PR]
by k_meiko | 2016-11-18 11:50 | 長男 育児二歳 | Comments(2)

昨日、旦那側の友人に突然夕飯に招待されました。
旦那側の友人はモロッコ人、奥様はアルジェリア人というアラブ一家なのだが、この奥さんがアラブアラブな考え方をしておらず、一緒にお話をしててもいやーな思いをすることなく、どちらかというと気が合ういい人なので、夕飯の招待を快く受けた。

私と奥さんが電話で話した後、旦那と友人が電話で話したのだが、どうやら他にも人を招待したらしい。その人たちが旦那のお母さんの知り合いらしく、あまり評判が良くないらしい。
旦那がお母さんに電話するというので待ってたら…
「お母さんに聞いたら、その人たちがいるなら夕飯に行かないほうがいいって。その人たちは人の噂ばなしが好きで、根掘り葉掘り聞いたあと他の人たちに言いふらすからって」

基本的にモロッコ人は人の噂ばなしが大好きで、大して驚くことでもないのだが、お母さんにとって私が日本人の嫁であることや、孫がハーフであることを隠したい?もしくは恥ずかしい?がために噂として広げられたくないのか?と疑いたくなるような感じ?
胸糞悪いですね。

もうすでに奥さんに「行くよ」と言っているから自分がキャンセルしなよーって旦那に言うと、
「他にも人がいるなんて知らなかったうちの嫁さんが、アラビア語に囲まれてつまらんって言うから今日はキャンセルする」と言って断ったみたい。
胸糞悪いですね。

アラビア語に囲まれて過ごすことなんてしょっちゅうあり、もう私は慣れっこやし、行きたくないなら人がたくさんいようがいまいが最初から断っておる。私は奥さんが好きだから夕飯の招待を受けたのに…
あんな言い方で断ったら奥さん残念がっただろうに…と思う。

んで結局その日の夜は、旦那の別の友人がうちに来て、しかも七時に!
来るのが遅い上に旦那と奥さんがずーっと喋り倒しておるので、奥さんの旦那さん(こちらが友人)はイヤホンで音楽を聞き出し、私は部屋に閉じこまる始末。二人はフランス語で話すから会話がわからないわけではないが、喋るすきを与えないくらいマシンガンで喋り倒しよるので私も友人もまつまらないのである。

こんなことなら招待された夕飯に行きたかったわー。


[PR]
by k_meiko | 2016-11-14 00:11 | モントリオールライフ | Comments(0)

3月末に耳と鼻の手術をしたうちの長男。
耳には鼓膜にチューブをつけて中耳内の水を抜き、鼻はアデノイドを取り除くという二つのことをいっぺんにするという手術をしました。

手術の結果、耳の聞こえが良くなっておしゃべりが上手になったし、口呼吸をするようになったのでいびきもかかなくなった。

術後の様子は本当は6ヶ月後の9月上旬に耳鼻科の先生と予約があったのだが、先生の都合でキャンセルになり、11月まで延期されてしまっていた。

多忙だと言われれば何も言えないが、術後のチェックが半年後でしかもそれがさらに延期されるって親としては結構不安。
耳の中も鼻の中も素人では全く見れないし、まだ2歳の子供は自分の体のことはよくわかってないし。

鼓膜にちゃんとチューブが残っていますように…アデノイドを除去したところの傷がちゃんと治っていますように…と願いながら耳鼻科の先生とのチェックアップの日を待ちました。

当日、先生に会うまで1時間、診察5分で終了。
鼻の穴を見られることを拒否る長男をあやしながらさっとチェックしてたけど、ほんまに見えたんかな?くらいのスピードやった。

何はともあれ、鼻も耳も問題ないようなので良しとしときましょうか。

[PR]
by k_meiko | 2016-11-11 03:12 | 長男 育児二歳 | Comments(0)

石橋を叩いて渡らない

うちの長男、ビビリのおとっちゃまです。それに人見知り。特に同世代のカナダ人に。

週に数回行くデイケアでは、約1年経った最近ようやくクラスメイトに挨拶をするようになった。
近所の公園では、人っ子一人いなければ遊具で遊ぶが、同い年くらいの子が大量にいると私のそばから離れない。
平日、私と過ごす日は午前中に公園へ行くのだが、10:30ころになると近所のデイケアから子どもたちがたーっくさんやってくる。
そしたら「お家帰るー」である。

でも、少し年上の子(特に女子)や、日本人(あ、ハーフですが)の同年代とは一緒に遊べるのだ。
最近、日本語よりもフランス語の方が上手な気もするが、自分と同じような顔つきの子を好むのだろうか?あと女子。

最近、スイミング教室に通いだした。怖がりや「石橋たたいて渡らない」を克服してほしいのだが、水着に着替えるのも拒み、水にすら入らず時間が過ぎることが多い…こりゃ大変だ。

ご飯も、白ご飯でおにぎりを作れば食べるが、人参などのみじん切りをいくら細かくしてもちゃんと見つけ、絶対食べない。おにぎり一つ一つを入念にチェックして、少しでもご飯以外のものが入ってたら絶対食べない。

なんでもチャレンジしてほしいのですが…誰に似たのやら…
d0200143_22251852.png

[PR]
by k_meiko | 2016-11-10 22:11 | 長男 育児二歳 | Comments(2)

還暦と絶壁

母ネタ続きます。

母がカナダ滞在中、還暦を迎えました。
プレゼントはもちろん赤いちゃんちゃんこ。
d0200143_20203416.png
母がカナダへ来る前にちゃっちゃと手作りしました。
日本でも普段使いできるようにリバーシブルに。
d0200143_20244568.jpg
次男を妊娠中に作ったため、でっかいおなかで試着した私
d0200143_20290026.jpg
余った生地でスリッパとひざ掛けも作りました。

それから、日本にいる私の双子の片割れが、私たち姉妹(4人いる。全員バラバラに離れている)からのお祝いメッセージや写真をまとめてカナダへ送ってくれた。

60歳…決して若くないし、「あれ?お母さんこんなにもの覚え悪かったけ?」と思わされるくらい老いを感じることも。
けれど、還暦という一大イベントを祝ってあげたくて、赤いちゃんちゃんことケーキでお祝いし、レストランで食事もしました。

赤いちゃんちゃんこや子どもたちからのメッセージに喜ぶ母でしたが、「ちゃんちゃんこ、寒くなってきたもうちょっと早くにほしかったわ」とか「スーツケースが満杯で他のお土産が入らないからひざ掛け置いて行こうかなー」と、ちょっとイラっとさせられる一言を発するのである。

そんな母であるが、この年になって私気付きました。「あ、私、めっちゃお母さんに似てる…」と。

d0200143_02163557.jpg
話は変わるが、私の次男、絶壁です。産まれたときから絶壁。寝返りをうつようになったら丸くなる。と言われるが、こんなにきれいな絶壁はこのまま絶壁な気がします。



[PR]
by k_meiko | 2016-11-08 20:17 | 次男 育児0歳 | Comments(2)

母帰国、冬到来

2ヶ月間、産後のお世話に来てくれていた母が6日の日曜日に日本に帰っていった。
18才から一人暮らしを始めた私にとって、母と2ヶ月間もの間ずっと一緒に生活することは未知数だったのだが、やはり自分の母親であるので、気楽に過ごすことができて良かった。
でもこれは私の自己満。
カナダに来るまではバリバリ仕事をこなし、週の何日も趣味やスポーツに出かける母に、なーんにもないカナダで新生児のお世話と不自由な生活を強いらせてしまったことにすごい罪悪感…
母にとって五人目となる孫なのに、今まで一度も新生児を抱かせたことがなかったので(私の一番上の姉も海外で3人を出産しているため)、新生児を抱かせてあげたい!という私の想いでカナダに来てもらったのだが、一番最初は「それなら日本で出産せよ」と母に言われたのであった。
そう言った母の気持ち、もっと真剣に受け止めないといけなかったなーと反省…

そんな母は、「あーやっと日本に帰れるー」な感じで帰って行きました。たーんまりとお土産を抱えて…

母が帰った日から冬時間が始まり、今までより一時間早く一日が始まるので、日暮れが早い。
夕方四時半には暗くなり、五時過ぎるともう夜である。

あー、冬が来た。
暗くて寒くて寂しい冬が始まった。

[PR]
by k_meiko | 2016-11-08 11:21 | モントリオールライフ | Comments(2)

初めてのハロウィン

先週の金曜日、長男をデイケアに迎えに行ったら先生に「月曜日ハロウィンなので仮装してきてね」と言われました。
えーーー!急すぎるー!と慌てた理由は、イスラム教の私たちはハロウィンをしたことがなく長男もまだ小さいと思ってたし、毎日デイケアに行っているわけではないので、ハロウィンの日にデイケア行くことをすっかり忘れていたのである。

土曜日、いろんな店へコスチュームを見に行くが、売り切れや残り物ばかりや、しょっぼい作りなのに50$くらいしたりと、全然いいのが見つからなかった。

家に帰って何かいいのないかなー?と探したら、サッカーのユニフォーム一式があったのでこれにすることに。
d0200143_10570158.png
本人はなぜか消防隊員の格好をしていると思いこんでいる。

d0200143_11041945.png
デイケアには子供たちが色を塗ったカボチャが展示されてて可愛かった。

デイケアの先生に「trick or treat」をフランス語でなんて言うの?って聞いたら「On veux des bonbons(キャンディチョーダイ)」と言うよと教えてくれた。ストレートすぎる…とちょっと驚いてたら「あ、Joyeux Halloween(ハッピーハロウィン)よ」とも教えてくれた。

せっかくコスチューム来てるし、今日はそんなに寒くもないので、初めてご近所を回って見ることにした。そしたら今まで気づいてなかったが、けっこう子どもたちがわらわらと歩き回っている!
ジャック・オ・ランタンが玄関前に置かれているお家はキャンディーをくれるお家というのを聞いていたのだが、うちのまわりけっこう置いてあるところが多い!
ドアベルを鳴らして「Joyeux halloween」と私が言うと、向こうは決まって「キャンディーがほしいのー?」と聞いてくる。あ、やっぱり「On veux des bonbons(キャンディーチョーダイ)」と挨拶するべきなのかーと理解しました。

全部で八軒くらい回ったところで私が疲れたのでお家に帰ることに。キャンディーやチョコレートをたくさんもらえるイベントってことで普段抱っこをせがむことが多い長男が今日はしっかり歩いてました。そして、ご近所のおじさんおばさんにきちんと受け答えをし、きちんと挨拶をしているところを見て「あー大きくなったなー」と感心したのでした。
d0200143_02161736.jpg
数件回っただけでこの量。モントリオールのひしめき合った住宅街だともっともっと大量なんだろうなー。サッカーボールのキャンディーバッグは私の手作り。これを首からぶら下げて増えていくキャンディーに興奮マックスの長男でした。


[PR]
by k_meiko | 2016-11-01 10:41 | モントリオールライフ | Comments(3)