<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

別荘で一泊

こないだ初めてシャレー(別荘)に避暑しに行ってきました。
と言ってももう肌寒いのですが…

旦那さんの友人の友人が保有しているシャレーを、この友人が4日間借りると言うことで、私達家族も誘ってくれました。私たちはお泊りは無しで日帰りの予定で行きました。

朝早くから出発しようと思ってたのにいつも通りの遅出…到着も昼前になってしまいました。

「広くてキレイでめちゃんこリラックスできるでぇー」と前々から言われていたのでかなーり期待していった。のが間違いだった!!

d0200143_11095906.jpg
ふ、フルイ…狭い…
私が想像してたのは、韓国ドラマとかで出てくるような別荘…
全然違う…

古いからといってオンボロなわけではないし、掃除もきちんとされてるので不快ではないが、やっぱ想像と違ってたというのがあって結構へこみました。

d0200143_11133309.jpg
別荘のテラスから見える景色は最高によかったです。これは湖。向こう岸に見えるのはビールメーカーのMolson家が所有する島らしい。

d0200143_11175537.jpg
この別荘は湖に面して建てられていて、湖まで降りていけるようになってました。これは、別荘の主が所有するボート。うちら誰も運転の仕方がわからないので乗れませんでしたが。
d0200143_11204435.jpg
長男は大海原に出てるような気分。
d0200143_11235803.jpg
次男も冷たい水で足バシャバシャして楽しそう。
d0200143_11252356.jpg
「ジャグジーもあるよ~」と前もって言われていたが、こちらも期待とは違うもの。でっかいビニールプールのような感じでした。ブクブクーとなる感じは気持ちよかったです。長男も次男もめちゃ楽しかったみたい。

今のところこれと言って「リラックスー」な感じは味わえてないのだが、普段と違うところといえば、何と言っても旦那の友人が一緒にいるというところ。この友人、50代後半とかなり上の人なのだが、ソロソロ自分にも孫がほしいというタイプで、長男も次男もずっとみててくれます。この友人の彼女さん一緒に来てて、同じくらいの年で、料理も片付けも子供の面倒もみてくれるので、その時間私はの~んびりすることができました。お義母さんなんかに預けるよりももっと安心できるカップルです。

d0200143_11342154.jpg
日が暮れるとかなり寒くなってきたが、このキャンプファイヤーの周りはとってもヌクヌク。

私は次の日に友達に会う約束があったので、お泊りはせずにこの日のうちに家に帰る予定だったのたが、この友人カップルに言いくるめられて結局泊まる羽目になった。「私は明日友達と約束があるって言ったよね?元々日帰りするつもりで来てたよね?お泊りセットはないよ?オシメもないよ?」と友人にも旦那にも何度も言うが「夜の運転は危険だ」とか「コンタクトレンズつけたままで寝れば?」とか色々言われて、しかも旦那が全然味方してくれない。アンタ泊まる気満々やったやろー!!

私は友達との約束をキャンセルしなきゃならないことにすごくイヤな気分になり、しかも、子供二人の寝かしつけや、寝付いた後でもベッドから落ちないかどうかが心配で、結局子供が寝る時間に自分もベッドにいなきゃいけなかったこと、その間旦那はキャンプファイヤーのところでのんびり星空を眺めていたことなんかがゼーンブ嫌になり、「どんな手を使ってこのイライラを発散させようか…」ということを考えながら眠りにつきました。

朝早くに出発すれば昼から友達に会えるかもよ?と旦那が言ってたから早起きしたのに、結局のんびり朝ごはん食べて、何でか知らんが近くの養蜂場の行くことになったりして…家に着いたのはお昼過ぎてました。

その後一人でベッドにダイブして、耳栓して寝始めた旦那にイライラマックス。

晩御飯、作りません。
茶碗洗いもしません。
旦那に全部やってもらいました。




[PR]
by k_meiko | 2017-08-24 11:04 | モントリオールライフ | Comments(0)

最近話題になかったことですが、久しぶりにモロッコのこと。

そう、うちの旦那さんはモロッコ人。つまり義理の家族も友人の多くもモロッコ人です。
今回は愚痴話になりますー。私自身のイライラをスッキリさせたいだけなので、笑い話として聞いてください。

まず義理母。
たまーにうちに来て泊りがけで過ごすことがあるのですが、孫たちと遊ぶときに自分のやりたいことを強制させます。うちの子どもたちはクルマとかで遊ぶのが好き、あとは歌やダンス。普段私といる時は日本語の歌や絵本で日本語に触れさせるようにしています。
アラビア語を教えたい義理母はいきなり「はい、横に座ってー、リピートアフターミー、、、」と数やアルファベットなどをむりやり教えようとする。もちろん楽しくないので「も~しなーい」という子供。それに対し「この子は勉強が嫌いね~」と言う義理母。
ちゃうやろっ!他にも彼女に対するイライラポイントはあるのだが、嫁と姑と言うものはこういうものだと思うので割愛します。

次、義理姉。この人一番ありえない。
独身で子供もいない義理姉だが、普段保育園で働いているので知識はある(と思う)。
が、爪が長い。これで子供と触れ合っているのか?と言うくらい長い。
オシメの替え方がめちゃ下手。
一歳未満の赤ちゃんにハチミツをあげようとする。
うちの長男が「歌うたってー」と寄っていくとYoutubeをつける。
ハイハイするような小さな子がいる我が家なのに土足であがる(カナダなので土足オッケーな家庭もたくさんあるが、うちは前から土禁だと知っているのに、だ)
他にももっとありえないことがたくさんあるのだが、なぜか育児のことや親子関係の話になると、自分も子育てをしたことがあるかのようにベラベラ喋りだす。そして「アンタ(私)のやり方は間違ってる!」的な感じで自論を押し通す。
絶対に子供を預けたくないひとである。

最後に友人。
これは昨日の話だが、夜の8時過ぎに予告なしに来客しやがった。何度も言いますがうち、小さい子供がいるんですっ!その友人(家族四人)が来たとき、うちの旦那は買い物に行ってておらず、私は子供の寝かしつけをしておりましたがな!突然来たから旦那に電話して「○○さん来たけど、くる予定だったん?」って聞いたら「いや、知らん」って。もし旦那が知ってたらこりゃ旦那が悪いのですが、(いや、8時過ぎの訪問はいかんやろっ!)旦那にも知らせずに来るって…結局帰ったの10時過ぎ。眠気が通り過ぎた子どもたちは全然寝ず、しかも、この家族を車で家まで送り届けた旦那も不在中で、私の疲労はマックス超えました。コンタクトをのけずに寝てしまいましたよっ!

あー、もーいやー!!
これってお国柄なんかな?日本人でもこういう人たちっておるんかなー?


[PR]
by k_meiko | 2017-08-11 09:00 | モントリオールライフ | Comments(0)

タッカイ値段したミシン。ついでに生地屋さんもメンバー登録したので生地を安く買うことができるので、最近はもっぱら暇さえあればミシンミシン。
最近つかまり立ちをし始めた次男が後追いをするし、ミシンというマシーンに興味アリアリの長男に邪魔されながら(邪魔されると危ないので、私の膝に長男を乗せて、簡単なボタン押しなどをお願いしている)、時間はかかるがイロイロ作ってみた。

d0200143_07035654.jpg
まずは、長男の日本語センター用のリュック。ファイルや筆箱、おやつに水筒を入れても重くならないように。まだ実際にセンターには使っていないのでわからないが、自分でかろってくれることを期待。
d0200143_07064366.jpg
マグネットボタンなので、子供でも開け閉めが簡単。
d0200143_07075125.jpg
ヒモは調整可能。クッション性のある肩紐にしようかと考えたが、そうすると肩からスルスル滑り落ちそうな気がするのであえて素のままのヒモにしました。

d0200143_16502439.png
サファリハットも作りました。この写真の生地は、きなくなったシャツから切り取りました。リバーシブルになってるので、生地の端を処理する手間などがなく、とっても簡単に作れます。

d0200143_16531355.png
もう一つ作りました。こちらは長男の保育園の先生に頼まれて作ったもの。
d0200143_16551924.png
リバーシブル。自分用に作ったやつよりも丁寧に作ったので、だいぶキレイに出来た。

ワンピースやショートパンツなどの夏の服をたくさん作りたかったが、肌寒い日が多い今年のモントリオールの夏。あんまり着る機会がないまま秋が来そうな気がするのです。

[PR]
by k_meiko | 2017-08-10 06:59 | 作ってみました。 | Comments(1)

次男が11ヶ月を迎えました。
すくすくと元気に育ち、できることがどんどん増えてきました。
目が離せないっ!

10ヶ月を過ぎてからハイハイするようになり、今ではスタコラさっさとどこへでも移動します。
最近はつかまり立ちが大好きで、イス、ソファ、テーブル、人、なんにでもつかまって立とうとします。
コーヒーテーブルに食べ物を置くと必死に取ろうとするので気をつけないと!

11ヶ月になったその日、次男の割礼をおこないました。
長男はモロッコでしたのですが、次男はモントリオールのクリニックで行いました。(義理母がモントリオールに滞在している間にやってしまおうということで)

土曜の夜、18時の予約。遅くないか?と思ったけど、処置後にそのまま朝まで寝てしまうので、結果的にはこの時間でよかったです。
クリニックにはたーっくさんの男の子が割礼しに来てました。処置代が500ドルと結構高いので、「一晩だけでこの人数の処置をするならボロ儲けやなー」とずっと言ってた旦那。

モロッコでの割礼は250ドルくらいだったかな?全身麻酔でレーザーカット、しかも、親元から離されて看護婦さんに連れて行かれたので親たちは処置後の子供に会うことになるのだが、モントリオールでは局所麻酔でカッターでカット、しかも親が子供のそばについていなきゃいけない。
私的には全身麻酔は怖いので局所麻酔の方がいいし、子供の様子をずっと見ることができるのでモントリオールのやり方の方がいい。
局所麻酔だから痛みはないはずだが、なにかカチャカチャされてるのが怖いようで、ずっとギャン泣きしてた次男。今までこんなに泣いているのを見たことがないくらいの泣き方でした。
処置が始まってすぐ、私、気を失いそうになったので、旦那にバトンタッチをして部屋を出ました。部屋の外でもギャン泣きが聞こえてきて、5分くらいで終わると聞いてたのにすんごーく時間がかかってて、とっても心配でした。(5分がとてつもなく長く感じられただけかも?)

モロッコで割礼をした長男の時は、処置前も後も対して説明なんかもなく、経験豊富な親戚のおばさん(親戚中の男子の割礼の世話をしてきた)や、薬剤師をしているおばさんなんかのアドバイスでアフターケアをしていたが、モントリオールでは処置前も後も看護婦さんからの細かい説明があって、24時間対応してくれる電話番号なんかもあってキチンとしていました。パンフレットなんかもわかりやすい説明が書かれてあるので、家に帰ってからのケアもちゃっちゃとできました。

d0200143_10010297.jpg
モロッコでは割礼は大イベントなので伝統衣装を着ておばあちゃんと記念撮影。おばあちゃんもいい服着てきてました。

処置中にあんなに泣きまくった次男ですが、その後はまったく痛みを感じていないのかあまり泣かないし、普段通りに過ごしています。
無事に終わってよかったー!


[PR]
by k_meiko | 2017-08-08 09:38 | 次男 育児0歳 | Comments(0)