結婚式の次の週に九州旅行へ行きました。
トルコからの姉も一緒に車で。姉と運転を交代しながら約7時間。佐賀県のばあちゃんちに到着。ばあちゃん、結婚式に来てたけど、ゆっくり話す時間なかったから佐賀まで来て大正解!
ここにはばあちゃんの長男家族、その長男家族と第三代までの家族が住んでるので大人数です。私からみておばさんといとこのお嫁さんがおご馳走を用意してくれてました。

d0200143_19190032.jpg
90近いばあちゃんが15キロくらいある長男をおんぶしてました。まだ運転もするし、仕事もしている(毎日高校でパンの販売をしている)
d0200143_19202983.jpg
次男はおばさんといとこにご飯をもらう。

d0200143_19211860.jpg
呼子にイカを食べに行った。
ここでも次男はおじさんが面倒を見てくれ、長男はお店の店員さんに愛想を振りまきに行ったので、私はイカ刺しも天ぷらも堪能!
d0200143_15361973.jpg
おもちゃのバイクで一人ツーリング。

お別れの日の朝、ばあちゃんが畑で作っているヤーコンを掘りに行きました。
d0200143_15350756.jpg
次男を背負ったままヤーコンを掘り起こすばあちゃん。次男はケタケタ笑っておりました。
d0200143_16024042.jpg
ばあちゃんちをあとにし、北九州のコストコへ寄って大量にお菓子を買い、いや、大袋に入った大容量のお菓子を買い(アルフォートやらブラッグサンダーなどの大好物が大量で旦那興奮)、小倉の友達のお家に寄りました。
大学時代にお世話になった先輩一家は、とても風情のある昔ながらの平屋に住んでおり、その雰囲気といったら!!先輩のイメージどおり!かわいい食器、かわいい家具もこの家にマッチしております。

d0200143_15404267.jpg
先輩のところの娘ちゃん(4歳)はめちゃしっかり者のお姉さん。お手伝いをしている姿をみてうちの長男も手伝っておりました。
d0200143_15420114.jpg
息子くん(2歳)、バイキンマンが大好き。うちの長男はアンパンマン派なので、どっちが上か、みたいな言い争いやおもちゃの取り合いなんかで最初は喧嘩してましたがすぐに意気投合。二人でおもちゃを全力で遊び倒し、夜遅くまで起きてました。

d0200143_15445284.jpg
こんな素敵な縁側があるなんてうらやましー!外でバーベキューもできるしー!

小倉では私の同級生にも再会することができました。相変わらずキレイなお姉さんでいる友人を見て、自分の老い具合に諦めがつくくらい…カナダ帰ってから頑張るかな…

香川県に戻ってからは最後の追い込みで買い物三昧。食料品や生活雑貨、ほしいものをなんでも買いました。なんてったって今回は7つも預けられるからね、飛行機!

カナダへの飛行機は旦那も一緒なのであんまり気を張っていなかったのですが、バシネット席で広かったし、長男がタクシングから爆睡だったのでかなりノンビリできました。ただイケてないのが、せっかくバシネットでスヤスヤ寝ている次男なのに、乱気流でシートベルトサインが細かく点灯し、そのたびに次男をバシネットから出さないといけなかったこと。あんまりにも頻繁にシートベルトサインがつくので(全然大した揺れじゃないのにーー!)途中から次男を抱っこしたまま。それでも食事はしっかり取れたし爆睡もできました。
なんてったって今回は結構旦那が動いてくれたので(というかことあるごとに用事を頼んだ)、助かりました。

カナダに着いてからは…時差ボケヒドすぎ!家族全員昼夜逆転!
最近ちょっとずつ夜長く寝てくれるようになった子どもたちですが、私と旦那は夜中の2時に目が冷めます。
日本へ行ったときよりもカナダへ帰ってきたときの時差ボケがヒドイのは、太陽の動きに逆らって時間を巻き戻しているから、とか。あとは楽しいことの始まりである日本と、現実に引き戻されるカナダ、という気持ちの持ちようかな…

[PR]
# by k_meiko | 2017-04-20 19:09 | 日本ライフ | Comments(0)

今回の日本旅行の最大の目的は「妹の結婚式」
うちの4姉妹の中で、嫁入りに行くのは3番目だけど唯一結婚式をする妹。
地元の同じ職場で出会った彼と結婚することになり、結婚後も地元で暮らし、今後地元を離れることもない。両家の親にとっては最高のカップルである。

そんな二人の結婚式は、とーっても楽しかったです。滅多に集合することのない親戚がドドーンと集まり、新郎新婦ともにたくさんの友達が楽しいショーもしてくれて、こんなにもゲストが楽しめる結婚式は初めてかも?
新婦のお色直しのドレスの色をゲストが予想したり、キャンドルサービスがビールのサーバーを背負った新郎からのお酌だったり、、、
d0200143_18574460.jpg
披露宴の前の結婚の儀式は、人の前で結婚を誓う「人前式」でした。神父もなし、賛美歌もなし。お友達に承認になってもらってました。
d0200143_18530778.jpg
うちの長男は「リングボーイ」。大好きな妹カップルへリングを運ぶってことで、嫌がることなくすんなり仕事をこなしてました。
d0200143_18561426.jpg
お礼にでっかいプレゼントをもらいました。こちらも式が終わるまで「開けてー」とダダをこねずに偉かった。
d0200143_18590443.jpg
お色直しのエスコートを4姉妹で、、、でっかい4人です。

d0200143_19001036.jpg
d0200143_19010468.jpg
 隣の席の若いギャルたち一人ひとりに愛想を振りまきに行く長男。

次男は最初寝てて、起きてからは親戚のおばさんたちに抱っこされてたので私は料理を楽しむことができました。
d0200143_19025600.jpg
親へのプレゼントに、花束と自分たちが生まれたときの体重と同じ重さのぬいぐるみを手作りしてました。(そういうキットがあるらしい)

結婚式の料理ってちょっとずつしか出なくてお腹いっぱいにならないイメージだったけど、大食い多飲みの家族・親戚・友達を考慮してボリューム満点のお料理でした。ケーキ、二皿出たしね。

自分の結婚式はしなかったけど、こんなに楽しいならしといてもよかったなー。。。



[PR]
# by k_meiko | 2017-04-20 18:43 | 日本ライフ | Comments(0)

2016年にできたばかりの「京都鉄道博物館」へも行きました。
神戸・三ノ宮の駅から京都までは急快速に乗って約1時間。朝のラッシュ時に乗ったわけではないが、かなり満員でした。
私は抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこし、旦那は折りたたんだベビーカーを片手に3歳の長男も抱っこ。(満員の中立たせとくのは息苦しそうなので)
人がだいぶ降りていった大阪あたりまではずっと立ちっぱで、パラパラと人が減ってもだーれも席を譲ってはくれませんでした。
みんなホントに見て見ぬふり。

京都駅にグッタリモードで到着し、博物館までは歩いたほうが簡単そうなので歩いていくことに。

途中、小さな公園がありそこに咲いてた桜がキレイで。あーこの時期の日本は最高やなーと。
d0200143_18102498.jpg
d0200143_18111510.jpg
この小さな公園でしばし遊ばせてあげ、さらに博物館の方へ歩いていくと今度はでっかい公園がありました。
ここでも遊びたいというので遊ばせましたが、春休みということもあり子どもたちがワンサカワンサカ!大きなお兄ちゃんやお姉ちゃんに混じって遊べるようになった長男、成長したなーと感心。

d0200143_18135770.jpg
京都鉄道博物館のチケットはコンビニで前もって購入することができ、当日入り口でチケット購入のために並ばずに入れます。入ってすぐに新幹線やらがドドーンと並んでおり記念撮影もしてくれます。よくあるあれ、「記念撮影の写真は買わなくてもいいですが、自分たちのカメラでも撮らせてもらいます。その後、お客さんのカメラでも撮ってあげますよー」ってやつ。
スタッフに撮ってもらった写真のほうがみんなブチャイクだったけど、かわいい感じのフォトフレームだったので買うことにしました。

d0200143_18180815.jpg
中はドドーンと広くてたっくさんの展示物がありました。
d0200143_18190693.jpg
昔の機関車の操縦席があったり、踏切があったり。
d0200143_18194303.jpg
電車の下を通れるようになってたり。
d0200143_18205755.jpg
オープン1周年を記念してトリックアートが撮れるブースもありました。

あとは本格的な操縦シュミレーションができる場所や(待ち時間がすごいある)、プラレールで遊べるスペースなどがありました。長男はこのプラレールの場所が一番楽しかったみたい。お家と一緒やん!

鉄道関係でよくある「ジオラマ」もありました。が、これ、ジオラマ上映時間が設定されてて、その上映時間じゃないと動いているのが見れない上に、会場が満席になると入り口が閉められてしまいます。私と次男とで30分も前から場所取りをしてました。上映開始7分くらい前に入り口が閉められ、旦那と長男はその入り口をむりやり開けて「中で待ってる人がいるから入れろ」と入ってきました。
開始5分で次男がぐずり、私は退場、、、なんやのんこれ。

ジオラマ、特に時間設定して見せるほどのものでもなかったですよ。自由に見学してくださいってので充分やと思いますよ?

博物館では2時間くらいの滞在を予定し、京都市内の観光や抹茶パフェなんかも考えていたが、4時間以上博物館でいたので、軽くお茶して帰ることにしました。

電車では席を譲ってもらえないことを学んだので、人が増える前に京都を出て、家族四人とも電車でグーグー寝ながら帰ってきました。

今夜は雨。
出歩かずに近所のお店でテイクアウトしたご飯をホテルのロビーで食べました。
d0200143_18302473.jpg
ロビーにあった重厚なソファーの角で。

[PR]
# by k_meiko | 2017-04-20 17:55 | 日本ライフ | Comments(0)

UNIQLOで買い物をし、双子の片割れとその友達と一緒にお寿司を食べに行きました。酢飯よりもネタが大きなお寿司。けして安くはないが、このボリュームなら納得の値段です。
d0200143_01084683.jpg
片割れの友達はレバノン人。日本のアニメが大好きだそうで、写真に写るときはなにかのキャラの真似をしています。これは何だったかな…ワンピース?NARUTO?
d0200143_01094526.jpg
ガッツリ外人顔のレバノン人が日本語を喋りよるんでビビリまくりの次男。ご飯大好きなのに口開けません…

これまでは神戸に来たときは双子の片割れのお家に泊まっていたのですが、この春に狭いお部屋に引っ越ししたので私たちはホテルに泊まることにしました。
三ノ宮の駅の近くの「ヴィラフォンテーヌ神戸」
比較的新しいホテルでとってもキレイ。レストランとかはないのだけど、隣はスーパーですぐ近くに食べ物屋さんがいっぱいある通りがあるので全く困りません。
朝ごはんは洋食のバイキング。めちゃくちゃ種類がある焼き立てパンがたーくさんと、サラダにスープ、オムレツ。シンプルだけど腹マンパンです。

アメニティも充実してて、子供には子供用のアメニティくれました。子供用の歯ブラシ持ってきてなかったからたすかったー!子供用のスリッパもくれましたよ。ちなみに子供料金は払ってません。どうせ添い寝だし食事も親のを食べればいいやーと思ってたので。

このホテルは最高でしたよー!今度神戸行くときも絶対泊まるぞ!
ちなみにお値段は大人2人分を2泊とって3万しませんでした。
ここは外国人のお客さんも多く、スタッフさんも英語大丈夫でした!

そんな最高のホテルに寿司屋から帰ってきてユニクロで買ったものをチェックしていると、買ったものが一つ入ってなかった。レシートにはきちんと購入歴があるし、袋のシールも取れてなかったので落ちたという可能性も低い。
あ、こりゃお店の人が入れてないな、ということで次の日に朝イチで店に電話。
スカイプで電話をかけたら「入れ忘れでした。今から持っていきます」と言うのでホテルのフロントに預けてもらうように頼みました。
出先からホテルに帰ったらちゃんとユニクロからお届け物があり、商品と一緒に手紙も入ってました。
買った人が旦那だったので旦那の名前で手紙が書かれていたのだが、内容は日本語でした。なんでやんっ!!
ごめんねーと言った内容の手紙が小難しい書いてあるだけでクーポンやギフトカードやらは入ってませんでしたー。

ま、ミスを認めてきちんと届けるところは素晴らしいということにしときましょか。

[PR]
# by k_meiko | 2017-04-19 01:07 | 日本ライフ | Comments(0)

数年前から日本では、海外の旅行者に対して免税でお買い物させてくれるお店ができてきました。
観光客の多い場所にたくさんあるのですが、神戸にもたくさんあったしど田舎の香川県でも何店かありました。
免税対応で買えるものは、電化製品や衣料品などの一般商品と、薬や化粧品などの消費商品の二種類あって、それぞれ5000円以上買えば免税対応してくれます。購入者とパスポートが一致していること、カードの場合はパスポートと名前が一緒であること、消費商品は日本国内では開封できないことなどいろいろなルールがあります。詳しくはサイトを見てください。
http://tax-freeshop.jnto.go.jp/eng/index.php

この制度は外国人だけじゃなく、海外在住の日本人でも使えます。パスポートの入国(帰国)スタンプを見せれば大丈夫なのです。

ということで、神戸のUNIQLOで免税対応でショッピングしてみました。免税対応用のレジには中国人らしき人が何組か並んでて少し待たされました。というのも、レジの人が英語が喋れない!!だから客の質問もわからなければ、レジ側の言うことも伝わらない…

私達の順番になり、旦那が自分のカードで買うと言うので旦那にレジの人とやり取りするように黙っていたが、私も一応横に立ってはいた。しかし、すべての質問が私にやってくる。いや、買いたいのは旦那やから旦那のパスポートやし旦那に聞いて…レジの人が言うのを旦那がイチイチ「なになに?」と聞くのでイチイチ訳さないといけない。
免税対応用のレジに立つなら英語しゃべらいかんやろー?せめて挨拶とかくらいは英語でしてよー。免税対応用のマニュアル作ってないんかなー?
免税対応できる店を増やす前に英語力つけたほうがえーんちゃう?と思ったのでした。

そしてこのあとこのUNIQLOであることが起こるのです。


[PR]
# by k_meiko | 2017-04-19 00:48 | 日本ライフ | Comments(0)