次男の成長はあっという間に過ぎていく。只今10ヶ月。
一昨日、やっと初めの第一歩を踏み出しました。あ、ハイハイのね。ハイハイで前進が出来るようになった彼は、行きたいところへ自分で行き、いろんな戸棚を開けて中身を引っ張り出しては口に入れ味見をしております。お気に入りはタッパーのフタ。

d0200143_09483032.jpg
長男は全くと良いほど口に何かを入れることがなかったので、なんでも口に入れちゃう次男の赤ちゃんらしさに癒やされる。その反面、紙から草から靴からゴミからなんでもかんでも口に入れるので、よく見ておかないといけない。特に、長男のミニカーなんかを口に入れるときは、タイヤが取れてしまわないか不安になる。

d0200143_09512904.jpg
長男が遊んでるもの全て触りたい!食べたい!
d0200143_09525149.jpg
普段の食事は離乳食だが、私に似て食い意地が張っているので何でも食べる。大人が食べてるチキンや牛肉も、ちっさく切ったやつをあげると一生懸命カミカミして食べている。ほっぺがプヨプヨなので、いつも何か口に入ってるんじゃないかと間違うくらい。
d0200143_09553182.jpg
寝顔。口がキレイな富士山型。ご利益ありそう!

便秘になるとパンツに大をしちゃう長男にカツを入れるため、次男にオマルで大をさせてみたところあっさりマスター。「次男くん、オマルでウンチできるでー!このオマル、次男くんにあげる?」と長男に言えば「ヤダー!がんばるー」となるのである。
そんな感じでオマルで大をマスターした次男は、キバル素振りを見せてくれるので、すぐさまオマルに連れてけば本キバリをする。こやつは早めにオシメ卒業できるかな?

[PR]
# by k_meiko | 2017-07-13 09:43 | 次男 育児0歳 | Comments(0)

ミシン、大活躍!

新しく買ったミシン、最近毎日使ってます。パターンがないので、自分の持ち服やサイズを図ってからパターンも作成しなきゃならないので、あー大変!
それでもこの制作意欲が消えるまでに今まで作りたかったものをジャンジャン作らないと!

まず作ったのは帽子。パターンはネットで無料でダウンロードしたもの。
d0200143_09153794.jpg
d0200143_09164822.jpg
友達の娘さんの誕生日プレゼントに。写真は次男が試着したときの。裏地に接着芯を貼ってあるので、つばを自由に折ることができる。

次に作ったのは次男のズボン。
d0200143_09192279.jpg
元は私のTシャツだったものをリメイク。Tシャツからのリメイクで子どもたちのズボンは今までもよく作ったのだが、この新しいミシンだと15分くらいで完成。

他には
d0200143_09212916.jpg
夏らしいトップス。自分の持ち服を元にフリーハンドでパターンをおこしたので少しタイト。これは次男の機嫌がいい間にチャチャチャーと作ったので、パターンおこしから完成まで45分というスピードで作った。も「もっとこうすればよかったなー」と思うところが多数ある。

そして今日作ったのがこれ。
d0200143_09244081.jpg
ガウチョパンツ?って名前?
一度自分の持ち服を参考にしてパターンを作ったら小さすぎたので、今回は自分の腰回りや丈の長さを図ってキッチリとパターンを作りました。
d0200143_09263302.jpg
ゴムウエストだが、前部分にはタックも入れた。するとよりスカートらしく見える。
d0200143_09274791.jpg
サイドにポケットもつけました。ちょっと下につけてしまい、ポケットに手を入れた姿がヤンキーみたい…

長さもちょうどよく、初めて作ったにしてはいいものができたと自己満足。
出来上がったのを履いてから鏡の前で自分の姿をまじまじと見て思ったこと。「あーお尻が四角い…」
ゆるゆるのガウチョパンツを作ったので、これからどんどん崩れていく体型隠しにはちょうどいいね。
d0200143_09333500.jpg
最後は…
d0200143_09342824.jpg
次男のオイロケショットー!



[PR]
# by k_meiko | 2017-07-02 09:12 | 作ってみました。 | Comments(0)

ラマダン明けとガソリン

1ヶ月続いたラマダンが日曜日に明けました。
今回は5月27日から6月24日の1ヶ月でした。
今年も私は授乳中ということでラマダンせず、我が家では旦那だけが断食してました。次男が寝る時間と日暮れの時間が同じなので、旦那はほぼ毎日一人でご飯食べてました。(私は二人の子供の寝かしつけ)

暑い日もあったりして結構大変そうだったラマダンがようやく終わった日曜日、この日は友達んちに行ったり、義理母んとこに行ったりしました。
d0200143_00160500.jpg
友達のとこの娘さん二人に遊ばれた長男。ちょっと女子っぽいポーズをとるあたり、まんざらでもない様子。

d0200143_03304492.jpg
お気づきだろうか。この日はイスラム教徒にとって大事な日なのでうちの男たちはみんなおそろいのシャツ着てます(旦那はひだり、次男を抱っこしてるのは友達の旦那さん)

この日、同じくラマダン明けのお祭りを楽しんでいたであろうパキスタンで悲しい事件が起きた。パキスタンのある地方都市でガソリンタンクを運んでいたトラックが交通事故を起こし、タンクからガソリンが漏れてしまった。そのガソリンを盗み取ろうと近所の住人がわんさか集まったそうな。100人以上の男女、子どもたちが家から持ってきたお鍋やボトルなどにタンクから漏れたガソリンを拾いに集まる…こんな風景、私は想像できません。
ガソリンが漏れてる交通事故現場、絶対近寄りたくない。絶対危ないやん。
この事件で何が悲しいかと言うと、この群がった住人たちの中にタバコを吸いながらガソリンを集めようとしていた人がいたがために、100人以上の人が一気に燃え上がったのだ。
タバコを吸いながら?!タバコ?!
ありえない…

日本ではガソリンスタンドでタバコは絶対に吸ってはいけないことになっている。(禁煙のサインがある)
カナダでも常識としてタバコを吸わないことになっている(サインはない?)けど、たまに吸っている人がいるから怖い。それにカナダのガソリンスタンドにはコンビニの様なお店があり、ここでタバコが売られている。ということは、ガソリンスタンドでタバコを吸ってもいいのか?日本が厳しいだけなのか?
日本が厳しいだけだとしても、パキスタンで起きた事故はやっぱり「無知」や「無教育」から来るものなのかなー?

もしこのトラックが前日に事故を起こしていたら、つまり、ラマダンが開ける前に事故を起こしてたら、タバコを吸いながらガソリンを集める人はいなかっただろうに…(ラマダン中、日中は喫煙も禁止されている)そしたら100人以上の人が一気に燃え上がるなんてことはなかっただろうに…


[PR]
# by k_meiko | 2017-06-27 00:06 | モントリオールライフ | Comments(0)

新しいミシン

ついに買いました、新しいミシン。
ずっと前に、日本へ完全帰国して行った友人にもらったやつを使ってましたが、もらった時からイライラせずに裁縫ができたことがないくらい調子の悪いミシンでして…(くれた友達には悪いが…)

裁縫は上手ではないが、何かを作るのが好きな私は、裁縫が上手じゃないのをミシンのせいにしていた!
だから、ちょっといいヤツを使えば上手に作れる!と信じ、今回ちょっといいヤツを買ってみた。

d0200143_09154189.jpg
PFAFFというドイツの会社の。passport 2.0という型です。お値段499ドルプラスタックス。
お店はSaint HubertにあるClub tissusの中のPenelopeというミシン専門店。
1000ドル以上するやつ買わないとイイヤツじゃないんかなー?と思っていたが、お店の人が「子供のものやちょっとしたものを作るのなら300ドルくらいでも十分」と教えてくれた。1000ドル超えのやつは、スーパーコンピュータが内蔵されてて、刺繍のデザインがたくさんあったりする。もしくは、工業用のやつ。鉄?というかどっしりとした作りのやつで、ガンガン毎日ジーパン縫います!みたいな人に良さそげ。

「んじゃ予算500ドルでー」とお店の人に伝えると、ちょうどプロモーションで激安になってるやつがあるよ。と。(たしか元値は800ドル以上)それが、私が今回買ったPFAFFのPassport 2.0。コンピューターミシンです。
d0200143_09565037.jpg
縫い目の幅など、ボタンをピピっと押すだけで調整できます。
d0200143_09235304.jpg
フットペダルもあるが、無くてもスタートとストップができます。
d0200143_09593984.jpg
ミシンの右端っこにペラっと刺繍の一覧表。こんなにたくさんあっても多分、ベーシックなやつしか使わんだろうな…
d0200143_10013974.jpg
ハードカバーに電源コードを収納するスペース有り。
作業をする場所がダイニングテーブルなので、毎回片付けをする必要がある私には大変ありがたいハードカバーと収納スペース。

最近の楽しみはもっぱら布屋さんに行くこと!Fabric villeのメンバーカードも手に入れたので、いつもお安く布を買うことができる!けど、やっぱりデザインとか質とかが、日本のに比べてわくわくが劣るなー。なんか、日本って最近は若い子や、ママさんなんかがするようになったからか、かわいい布地が多いが、こっちはオバサンがするイメージが強いのか、布の柄や素材が一昔前な感じ。パターンも売っているが、日本ではアンティークな域に入るのではないかと思われるようなヤツが多い気がする。(肩パット入ってる?バミューダパンツ?)

パターンは自分の持っている服から作ることにしました。初めての挑戦たけど、体がでかい私には既成のパターンはサイズが合わないので、自分の持っている服を参考にした方がいいと思って。

いやー、失敗!
ミシンがいい仕事してくれるので、縫う作業は快適なのだが、パターンが失敗しているので、着られない!!

いつか「できたっ!」と満足できるものが出来たらお見せします。


[PR]
# by k_meiko | 2017-06-25 09:11 | モントリオールライフ | Comments(2)

父の日

カナダにも父の日があります。
日本の母の日や父の日に比べて盛り上がりには欠けますが、一応パパである人には「Happy father's day」と言ってあげるようです。

私は自分の父(日本にいる)にパジャマと洋服をプレゼントしました。旦那の父は他界しているので何もせず。
そして私の子どもたちの父である旦那に何かしようかな?と考えておりました。けど、ほしそうなものもなさそうなのでケーキくらい作ろうかな?って思ってました。

d0200143_10081498.jpg
日本語センターで作成した父の日のプレゼント。お父さんの顔を書いているらしい。顔がピンクで塗りつぶされている…クラスの女の子たちはきちんと目や鼻、口に髪の毛としっかり顔が書いてあるのだが、長男のは「20世紀少年」のトモダチみたい。(わかるかな?)

さて、父の日当日、かなり気温が上がるってことで朝の涼しいうちに公園に子どもたちを連れて行きました。それでももうすでに暑かった…
この日、早朝から仕事に出かけた旦那(オンコールなので土日でも問題発生で呼び出しがあれば出勤しなければならない)は9時半には家に帰ってきて、私達が公園で遊んでる間は寝てたみたい。

公園から帰ったらみんなで出かけよう!というので11時くらいにお家に戻ったら旦那はまだ寝てた!起きる気配もなし!

ま、父の日ヤシ、朝早くから仕事に行ってたからゆっくり寝かせてあげよう。
本当なら「いつまで寝てるんだー!子供と遊んであげなよー!」と叩き起こすところだが…

昼からはみんなでお出かけして、帰ってきてからみんなで昼寝をして(この時も旦那は誰よりもたくさん寝た)、いつもと同じように私が子どもたちの相手をしながらご飯の用意や片付けを一人でしたので、旦那にケーキを作る時間はありませんでした。

子どもたちが大きくなって父の日がわかるようになったら何かしてもらいー。



[PR]
# by k_meiko | 2017-06-20 10:04 | モントリオールライフ | Comments(0)