次男 21ヶ月 陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)

ジメジメ暑い今日、日系文化会館で着付けのワークショップに行ってきました。このワークショップのおかげで、家でも一人で着物が着られるようになったし、自分でいろんな着物や帯なんかを作るのが楽しくて仕方がない!

今日は昼から次男の病院の予約があったので、着付けワークショップにも連れて行きました。
d0200143_08551398.jpg
最初少し恥ずかしがってましたが、すぐに慣れ、広い広いホールを走り回ったり、遊んでもらったりしてとても楽しそうでした。長男と違って「ママー!!」と泣きついたりグズったりワガママ言ったりしないので、2時間のワークショップでも大丈夫でした。
最後は遊んでもらったお姉さまの膝の上に寝転がったりと、少しお行儀が悪かったですが…

楽しい着物ワークショップのあと、Vendome駅のところにあるMontreal Children Hospitalへ行きました。
行った先はUrology(泌尿器科)。そう、おチンチンです。
次男、生まれた頃から左の睾丸が右よりも大きくて、というより腫れてる?風船のように膨らむ?小さくなったり大きくなったりするのです。1歳半の検診のときに専門家に見てもらうように紹介状を書いてもらい、ようやく予約がとれました。(3ヶ月強待ちました)
予約をとったときに担当してくれる先生の名前を聞き、病院のサイトで見たら、めちゃ厳しそうで面白くなさそうなオジサン先生だとわかったので、「こんなオッサンとチンチンの話するイヤや」と言うことで、旦那にも来てもらいました。

最初に研修員の若くてかっこいい先生が軽く診断してくれたのだが、この人とも二人きりでチンチンの話はできんかったな…旦那がいてくれてよかった。

その後、サイトで見た「厳しそうで面白くなさそうな先生」が登場したのだが、全く逆でした。
部屋に入ってくるなり次男を抱きしめ、「かわいいねー、僕と友達になってー」と、強制的に自分の懐へ取り込むのがとても上手で、次男もすぐにこのオッサン先生に慣れました。デリケートゾーンだし、割礼のときのトラウマとかもあって、ギャン泣きするやろなーと思っていたのだが、診察中ずっと大人しくしてくれてました。

そして診断結果は「陰嚢水腫」睾丸の中に水が溜まってるようで、成長とともに無くなる場合もあるが、無くならなければ手術。今の時点では手術をする方がいいので、次男は手術をすることになりました。と言っても6ヶ月後ですが…

手術はとってもカンタンで麻酔の時間を入れても1時間くらいで終わるそう。その日のうちに帰れるので入院もなし。
簡単やから心配しなくていいよー。傷口もちっさいし、術後も痛くないからねー。
と言ってくれるが、母心ではやっぱり心配。出来れば手術はさせたくないので、今から6ヶ月の間に水がなくなりますように…(多分無くならないから手術やでー(笑)と先生には念を押されましたが)
d0200143_21144674.jpg
待合室で壊れたおもちゃで1人遊ぶ次男。

[PR]
by k_meiko | 2018-06-19 08:52 | 次男 育児 1歳 | Comments(0)