人気ブログランキング |

毎回思うこと、それは「モロッコはあと10年くらい行かないな…」ってこと

モロッコは旦那の母国なので今後絶対に行くことはないってことはないのだが、もう何度も行ってるし、カサブランカ以外の都市や観光地も何度も行ってるので、「家族に会いに行く」以外の目的はない。だから、モロッコに行く前のワクワク感も、帰る間際の寂しさ感も全くない。

食べたい物も無ければ買いたいものもない。欲しいものは義母が来るときにお願いできるし。前はスパイスやらなんやらたっくさん買い込んできてたけど、モントリオールでも安く手に入るものも多いから今はほとんど買わない。

d0200143_04440185.jpg
道端で売ってた野いちごみたいなのを買ってみた。味はないが面白い食感。

今回のモロッコでの心残りは「クスクスを食べられなかったこと」土曜に到着で次々週の金曜日に出発だったのが、たった一回の金曜日はイギリスに行っていたため食べられなかった。(注:モロッコは金曜日にしかクスクスを食べない)「クスクスが食べられなくて残念!」って火曜日あたりから言い回ったが、「なら今週は木曜日にクスクスしましょか!」とはならなかった。

モロッコ滞在中、甘やかされまくったうちの子たち。自分たちの要求をホイホイと聞いてくれる大人がワンサカいるが、この大人たちは大人の事情に子どもたちを巻き込むために、子どもたちがギャーギャー暴れて言うこと聞かなくならないように…感がすごい。例えば、ずっとお家でいてもつまらんから外に連れ出してあげよう→けど公園とかは大人が楽しくないから○○さんとコーヒー飲みに行こう→コーヒー飲みながらおしゃべり楽しみたいから子どもには食べたいもの(甘いもの)食べさせてあとはyoutubeでも見せとこう。

そういうのに子どもを付き合わせたくないから、結局私が子どもたちの相手をし、子どもたちのお世話をした。旦那なんて、お昼ご飯の時ぐらいしか会わなかったし、その間もずっとみんなとアラビア語で会話しよるから、わたし、ほとんど喋らなかった。2回くらい買い物に付き合ってくれたけど、それも最後の最後。

家にはおばさんやいとこ、親戚が数人滞在してて、来客も多いのだが、挨拶とかだけはちゃんとするけどその後みーんな私のことは見えてないのか?って言うくらいずっとアラビア語やから、私はそっとフェードアウトして部屋に戻り携帯をいじったりしてたのだが、私達に与えられた部屋は義母が普段使ってる部屋でいろいろなものが置いてあるので頻繁に誰かが入ってくる。落ち着かない。なら出かけよう!子どもたちがギャーギャーうるさいのに、大人たちは自分たちのお話に夢中。なら子どもたちも連れて外に行こう。歩いていけるのはスーパーか遊具のない公園。

こんな生活ならカナダでおる方が何倍も楽しい!

と、毎回モロッコに行くと思うので、次旦那が行きたいと言ったら子ども連れて私なしで言ってもらおうと思ってます。



by k_meiko | 2018-11-10 04:38 | モロッコライフ | Comments(0)