一般的に第一子よりも第二子以降の方が成長が早いと言われています。お兄ちゃんお姉ちゃんというお手本がおるから、チャレンジするのも習得するのも早くなるわけです。

うちの次男も僅差ではあるが、長男よりも早めに出来るようになったことがたくさんあります。歩く、走る、階段、ジャンプ、言葉…

そんな次男、デイケアでは赤ちゃんクラスを卒業し、少し年齢の高い子どもたちが行くクラスに行くようになりました。
「マジで、全然手がかからんっ!!泣かないし、グズらない、ご飯もしっかり食べるし、昼寝は即寝。言うことなしっ!!」とべた褒めする担当の先生に、「家ではモンスターですけど?」というと「うっそやん!!」と驚かれます。

d0200143_12084478.jpg
でっかいキャンディをパパに買ってもらったみたい。嬉しそう!口も手もベッタベタ!

d0200143_12103918.jpg

d0200143_12113880.jpg
兄弟で仲良く遊ぶことも増えた分、喧嘩をすることも多々あります。おもちゃの取り合いをしたり、プロレスみたいな遊びをしたり、全然優雅にコーヒー飲みながら二人の遊び姿を眺める、なんていう暇なし!!特に次男はデイケアでお友達に3回も噛まれた経験があるからか、おもちゃを取られそうになると長男を噛む。まぁそれで長男に噛み返されていますが。

魔の二歳児とまでは言わなくとも、自我が芽生えできた次男は自己主張もいっちょ前にするから大変だ。二人を連れて公園に行くと、長男はシーソーがしたいけど次男はブランコがしたい。長男はプールに入りたいけど、次男はブランコがしたい。(次男は公園ではもっぱらブランコ!)二人の意見を尊重しながらうまいことなだめて…って頑張るけど、そんなもん聞いちゃおらんし、心にも響いてない…だから最終的にはどっちが泣くことになるのだが、今日は次男がギャン泣きすることになり…
d0200143_12183531.jpg
公園から帰る時に泣きまくっていたが、そのまま寝てしまいました。

うちは男の兄弟やからかろうじておもちゃの趣味は一緒なのだが(二人共車とか電車が好き)、性別の違うきょうだいを一緒に遊ばせるのはかなり大変なのではないか?と思った1日でした。

[PR]
# by k_meiko | 2018-08-04 12:02 | 次男 育児 1歳 | Comments(0)

スイミングスクール

この夏、長男次男ともに市のスイミングスクールにいかせてます。
私たちが住む市には、何箇所かプールがあって、各プールで年齢別のスイミングスクールが開かれております。
申し込むのが遅かったため、長男と次男は別々の場所になってしまいました。長男は土曜日に屋外のプール、次男は日曜日に屋内のプール。最初、「屋外かぁ、寒いかな?結局行かなくなるかもな…」と思ってましたが、そう考える親が多いようで、長男の時間帯に申し込みしたのは長男を含み二人のみ。とりあえず行かせてみてからやなっと思って行ってみたら、もう一人は一切来ず、結局長男と先生のマンツーマンレッスン。計8回のコースが30$と格安なのに加え、プライベートレッスン。儲けた感がプンプンです。
去年までプールに顔をつけるのも怖がっていた長男だが、今では浮き輪なしでも飛び込みしまくるくらいプールが好きになりました。ただ、マンツーマンをいいことに、若くてかわいい先生にゾッコンな様子の長男は、ずっと世間話をしています。それにイチイチ対応する先生、優しーわー。

それとは反対に初プールの次男は、初日と2回目はギャン泣きで途中退場。お風呂も好きだし、水に顔をつけるのも怖がらない次男だから、プールも好きだろうと思っていたが、はじめてのでっかいプールにビビってしまったようです。
次男のクラスはまた親がついていないといけなくて、最初の2回は母である私がついていたが、3回目からは旦那についてもらうことにしました。4回目になると慣れたようで、ほとんど泣かない上にめちゃんこ楽しんでいるようです。

まだ小さい次男(1歳10ヶ月)なので、彼には屋内のプールで良かったと思うが、来年の夏は二人共、長男が行く屋外のプールに申し込もうかなーと。



[PR]
# by k_meiko | 2018-07-30 05:58 | モントリオールライフ | Comments(0)

題名からすると「なんのこっちゃ?」ですが、今から旦那さんが見つけた、彼にとってディズニーランド並にわくわくするところのご紹介をします。

それは、ここ。
d0200143_20390232.jpg
Kenny U-PULL
ここは、壊れた車とか廃車とかとかが大量に並べてあって、客は自分の必要なパーツを自分で取り出して購入することができます。

我が家の車は2007年で205000km超えのおじいさんです。古い車だけどいろいろな機能が備わっていて、結構快適なのである。が、よく壊れる…今回壊れたのはシフトレバーと運転席の窓。
d0200143_06421189.jpg
d0200143_06425501.jpg
普通はブレーキを踏んでいればPからシフトができるのだが、そのへんが壊れているので、ドライバーのような細長いものでフックみたいなのを外しながらシフトを動かさなければならない。両手を使わなければならない面倒さ!困ったことにこの車、よくエンストをする。信号が青に変わったときにエンストしたら、いちいちこの作業をしなければならない…めんどくさっ!!

d0200143_06484012.jpg
運転席の窓はボタンを押しても自動で上がらなくなってしまいました。とりあえずカバーをのけてみたところ。

この2つを修理に出すと軽く300$はかかるのだが、自分で直すことが出来るのであれば、このU-PULLで部品を安く買うことができる。ちなみにこの日、旦那が払った金額は32$。しかも、修理には必要ない部品(「これは高く売れるで!」という理由で買ったらしい…)が24$もしたので、実質修理にかかったのは8$ということになる。

普段いろんなことにイライラさせられるうちの旦那さんですが、車の修理、家の修理、コンピュータの修理などは全部自分でできる。家の修理は「なにそのセンス?だっさ!」と思うこともあるが、車なんかはどうでもよいので、直せるだけで大尊敬!

車の修理、自分で出来る方には夢のような場所のようですよ、旦那様がたー!!



[PR]
# by k_meiko | 2018-07-16 20:36 | モントリオールライフ | Comments(0)

ジメジメ暑い今日、日系文化会館で着付けのワークショップに行ってきました。このワークショップのおかげで、家でも一人で着物が着られるようになったし、自分でいろんな着物や帯なんかを作るのが楽しくて仕方がない!

今日は昼から次男の病院の予約があったので、着付けワークショップにも連れて行きました。
d0200143_08551398.jpg
最初少し恥ずかしがってましたが、すぐに慣れ、広い広いホールを走り回ったり、遊んでもらったりしてとても楽しそうでした。長男と違って「ママー!!」と泣きついたりグズったりワガママ言ったりしないので、2時間のワークショップでも大丈夫でした。
最後は遊んでもらったお姉さまの膝の上に寝転がったりと、少しお行儀が悪かったですが…

楽しい着物ワークショップのあと、Vendome駅のところにあるMontreal Children Hospitalへ行きました。
行った先はUrology(泌尿器科)。そう、おチンチンです。
次男、生まれた頃から左の睾丸が右よりも大きくて、というより腫れてる?風船のように膨らむ?小さくなったり大きくなったりするのです。1歳半の検診のときに専門家に見てもらうように紹介状を書いてもらい、ようやく予約がとれました。(3ヶ月強待ちました)
予約をとったときに担当してくれる先生の名前を聞き、病院のサイトで見たら、めちゃ厳しそうで面白くなさそうなオジサン先生だとわかったので、「こんなオッサンとチンチンの話するイヤや」と言うことで、旦那にも来てもらいました。

最初に研修員の若くてかっこいい先生が軽く診断してくれたのだが、この人とも二人きりでチンチンの話はできんかったな…旦那がいてくれてよかった。

その後、サイトで見た「厳しそうで面白くなさそうな先生」が登場したのだが、全く逆でした。
部屋に入ってくるなり次男を抱きしめ、「かわいいねー、僕と友達になってー」と、強制的に自分の懐へ取り込むのがとても上手で、次男もすぐにこのオッサン先生に慣れました。デリケートゾーンだし、割礼のときのトラウマとかもあって、ギャン泣きするやろなーと思っていたのだが、診察中ずっと大人しくしてくれてました。

そして診断結果は「陰嚢水腫」睾丸の中に水が溜まってるようで、成長とともに無くなる場合もあるが、無くならなければ手術。今の時点では手術をする方がいいので、次男は手術をすることになりました。と言っても6ヶ月後ですが…

手術はとってもカンタンで麻酔の時間を入れても1時間くらいで終わるそう。その日のうちに帰れるので入院もなし。
簡単やから心配しなくていいよー。傷口もちっさいし、術後も痛くないからねー。
と言ってくれるが、母心ではやっぱり心配。出来れば手術はさせたくないので、今から6ヶ月の間に水がなくなりますように…(多分無くならないから手術やでー(笑)と先生には念を押されましたが)
d0200143_21144674.jpg
待合室で壊れたおもちゃで1人遊ぶ次男。

[PR]
# by k_meiko | 2018-06-19 08:52 | 次男 育児 1歳 | Comments(0)

ラマダン終了!

1ヶ月間のラマダンが終わりました。
日が暮れるのが8時半過ぎで結構遅いのですが、ぐったりするほど暑い日がなかったので比較的楽だったようです。(私は今年も授乳中なので断食してません)

朝から夜まで仕事に行く旦那は、毎晩帰ってきてから日が暮れるまで寝て過ごしていました。その間に私と子どもたちは晩御飯を食べ、お風呂に入り、遊ぶ。それが終わったら次は旦那のご飯の用意。ほとんど毎日同じものを出すのだが、せめて1品は新しいのを出そう!ということで、ギャーギャーうるさい子どもたちの相手をしながら、また料理。それをしながら茶碗洗い。
日が暮れる10分くらい前に昼寝から目覚めた旦那はテレビを見る。その目の前で私がテーブルのセッティングをする。

私、今年断食してないし、旦那は飲み食い一切せずに朝から晩まで仕事してきてるのだから、あんまり「自分もちょっとは動きなよっ!」って思わなかったけど、これ、私が断食してたら旦那は動くんかな?いや、動かんやろうな。

ま、そんな愚痴はこのへんにしといて…

ラマダンが終わった次の日、金曜日だったのだが旦那が仕事を休んでいたので、みんなで近所の寿司食べ放題の店へ。
d0200143_05101065.jpg
旦那がワールドカップのモロッコ対イランを見ている間に私着物に着替えましたの。
d0200143_05112409.jpg
子どもたちは甚平。旦那さんは普段着です。
最近、暑い日は甚平で過ごす子どもたちを見て、「自分も甚平がほしい」というから作ってあげたのにそれは着ず…なんやのんっ!!!

話は変わるが、ワールドカップのモロッコ対イラン。旦那が見てたアラブのチャンネルでは「モロッコが勝つ!」と誰もが思ってる、みたいな感じだったらしく、実際モロッコがオセオセだったようだが、一点も入れることができず、最終的にはイランにオウンゴールする形で1点取られ、負けました。
そんな試合を見たあとだったので、旦那はずっとその話ばっかりしてました。おもんなっ!



[PR]
# by k_meiko | 2018-06-17 05:02 | モントリオールライフ | Comments(0)