カテゴリ:作ってみました。( 18 )

学生の頃に持ってたマリメッコのバッグ。今でも日本で大人気です。
カナダではマリメッコ見ないなぁ…いや、モントリオールでは見ないだけで、トロントとかバンクーバーとかのアジア人がもっと多いところではお店もあるのかも?

と、ふと思ったのでマリメッコのカナダのサイトを見つけ、いろんな商品見てたら面白いバッグを見つけてしまった。
ラグビーボールというか、納豆が入った藁の形というか…柔らかいレザーで作られたこの面白い形のバッグは、カナダのサイトでも日本のサイトでも売り切れしまくっておる。お値段三万以上なのに?!

専業主婦の私がお値段三万以上のバッグを、形が面白いからという理由で買えるわけもなく…つくろ!
d0200143_12421816.jpg
マリメッコの本家のものに比べればラグビーらしさが倍増しておりますが、わたし的には大満足の仕上がりになりました。しかもかかった費用はたったの1ドル!
よく行く生地屋さん(fabric ville)でたまたま見かけたレジ横のワゴンの中にあった「どれでも1ドル」の生地の中にこの黒革があったのです。もちろん合皮ですが、わたしゃ本物のレザーは縫えないので合皮でオッケー。内側に使った布は家にあったやつだし、ジッパーは古い服から剥ぎ取ったのでゼロドル。

合皮といえど普通の布よりは縫うのが大変だったけど、色々頭で考えながら一か八かで作ってみたら意外とうまく行ったのですんごく達成感があります。
試行錯誤したので細かい部分がやばいのだが、ちゃんと使えるし良しってことで。
d0200143_12530640.jpg


[PR]
by k_meiko | 2018-02-15 12:35 | 作ってみました。 | Comments(0)

今年から多くのスーパーでビニール袋が有料になりました。大手のスーパーはもうずいぶん前から袋一つ5セントかかってましたが、小さなお店でも同じように5セント払わないと袋がもらえないようになり、今まで以上にお買い物袋を意識して持ち歩くようになりました。(5セントも取るくせにすぐ穴があくような質の悪さでゴミ袋としても使えない…)

前作った、簡単に一発で収納できるお買い物袋は、コンパクトに持ち運べるのに広げれば大量に入れられるのでかなり重宝しています。
d0200143_08345475.jpg
d0200143_08384300.jpg
d0200143_08401401.jpg
ただ、子ども二人と一緒にお出かけしててこのバッグを使うとき、肩掛けになってしまうから両手が自由になりません。やっぱりリュックになるのが欲しいなー、買おうかなー?と思いながらちょっと作ってみたらなかなか便利なやつができました。
d0200143_12202799.jpg
背負ってるところの写真。鏡越しに撮ったのでなかなか難しかった。
d0200143_12223187.jpg
肩紐をまとめて持てばトートバックにもなります。
d0200143_12233922.jpg
クルクル折りたたんで内ポケットに収納できるので、コンパクトに持ち運べます。

リュックの状態ではあまり大量には入らないのだが、子供二人を追いかけなければならない時に使うにはとても便利。と言ってもあまり子供二人を連れて自分一人だけでお出かけすることはない。(そんな時は旦那も一緒にいる)
今のところ、トートの状態ではよく使っているかな?



[PR]
by k_meiko | 2018-02-15 12:10 | 作ってみました。 | Comments(0)

思い出の残し方

子どもたちが赤ちゃんの時に着ていた服、思い入れのある服、皆さんどうやって保管してますか?

きれいな状態のものは次の子のために取っておいたり、お友達にお下がりとして渡したりもしましたが、何箱分も保管できるほど大きな家ではないので、汚いけれど捨てたくない服たちは、こんな感じにリメイクしました。
d0200143_12000492.jpg
同じ大きさの四角に切ってパッチワークしたあと、巾着袋にしました。フェルトで作ったイニシャルをつけ、中の生地には防水加工のある生地を使いました。
この中には、へその緒、初めて切った髪、母子手帳、赤ちゃんのときに好きだったおもちゃなどを保存しておこうと思います。
子どもたちが大きくなって巣立っていくときにこの巾着袋を渡したいと思います。
まあまあ大きなサイズに作ったけど、残しておきたい思い出の品、こん中に入りきるのだろうか…

[PR]
by k_meiko | 2018-01-20 11:53 | 作ってみました。 | Comments(0)

12月に入ってもまあまあ温かいと感じていたのもつかの間、最近はどっさり雪が降ったり、最高気温がマイナス20度とかで、全く外に出たくない。

そんな時にはミシンをカタカタする時間が長くなります。
最近作ったものを紹介!
d0200143_08284727.jpg
子どもたちの家用ベスト。使わなくなったフリースのブランケットを中生地につかい、外側は余ってたキルティング。うちの家はセントラルヒーティングで基本的には暖かいのだが、夜とか寝起きは冷えると思い子どもたちに1つずつ作りました。けど、脱ぎたがる。子供は体温高めやったね。

d0200143_08321858.jpg
中身が見えるおもちゃ入れ袋。テーブルの保護なんかで使うようなビニールがうちに残ってたのでそれを使ってシャシャシャーと作りました。ビニールがしっかりしてるのでヘターっとなることなく自立するので中身が見えやすい。もう少し大きいものをもう1つ作りました。

d0200143_08345475.jpg
でっかいショッピングバッグ。
d0200143_08355552.jpg
冬のお出かけでは分厚いジャケットに帽子、手袋、マフラーと大荷物。外は凍てつく寒さでもお店の中はヌクヌクなので、お店についたら子どもたちが脱いだジャケットなんかを入れられるようなバッグが欲しいと思って作りました。
d0200143_08384300.jpg
バッグを使わないときは両端を左右に引っ張ればこんな細長い形になるので、それを端っこからクルクルと巻けば小さく収納することができます。
d0200143_08401401.jpg
比較対象がないので分かりにくいが手のひらサイズ。これ、めちゃ便利。

d0200143_08415645.jpg
ソウソウのキャンバス生地で作った2口トートバッグ。
d0200143_08431616.jpg
こんな感じで真ん中に小さなポケットを挟んで大きな入り口が2つあります。
d0200143_08445410.jpg
片方に借りた絵本、もう片方はクラスで使う教材を入れるのにピッタリ。日本語センターで便利に使えるものが欲しくて作りました。
肩からかけても窮屈じゃない長さの紐にして正解。重い本たちも楽々持つことができます。

d0200143_08470491.jpg
余った生地で作った旦那さんのお弁当袋。これはもう型紙も何もなく適当過ぎる感じで作りました。旦那さんのものとなると意欲がわかない…?
d0200143_08484583.jpg
ついでに、日本のダイソーで買ってきていた手ぬぐいであずま袋を作り、お弁当を包むのに使ってます。
d0200143_08502091.jpg
最後は、友達親子に作ったエプロン。ポケットの付け方はわざとデザインを変えてみたけど、こうやって写真で見てみると同じにすればよかったな。

こんな感じで、この冬、まだまだいろいろ作ります!


[PR]
by k_meiko | 2017-12-28 08:23 | 作ってみました。 | Comments(0)

最近の製作活動

次男がデイケアに行くようになってから、今までたまりにたまっていた製作欲望をドドーンと満たしております。
作りたかったもの、どんどん作っているのですが、これがめちゃいいストレス発散になっているのです!
家事と育児だけをするのであれば、長男も次男も毎日家に居てくれていいのだが、裁縫とかDIYが好きな私は、これらをする時間もほしい!ということで、子どもたちには週2か3でデイケアに行ってもらっています。もちろん、デイケアに行かせる理由は他にもあるのですが…

ではでは製作活動をご紹介!
d0200143_11261724.jpg
友人にお下がりで頂いたハッピをリメイクして作ったトート。
d0200143_11271728.jpg
腰紐、ハチマキも一緒にもらったので、ハッピを着ているかのようなデザインにしてみました。
d0200143_11282266.jpg
中の裏地はイケアで安売りしてたキャンバスっぽい生地。余ったハッピの袖を内ポケットにしてみました。
持ち手の紐も家に残ってたのを使ったので、家にあるものだけで作ることが出来ました。

次はこれ。
d0200143_11304027.jpg
ソウソウの生地で作ったソウソウ風の斜めがけバッグ。
厚手のキャンバス生地なので、ジーンズ用の針でもなかなか難しく、縫うのが結構大変でした。生地が4枚重なっているところでギリ。
d0200143_11324674.jpg
チャックは家にあったものを使用。端から端までキチンと閉じられるように付けてみました。
d0200143_11340704.jpg
内ポケットは、携帯とお財布がすっぽり入るようにつけてみました。
1メートル四方の生地を余すことなく使い切ったので、ポケットは生地のミミをそのまま利用。
d0200143_11360218.jpg
お財布(右)と同じサイズのカード入れも作成。
d0200143_11370897.jpg
蛇腹に折り込んで端をミシンでガーッと直線縫いするだけでできるので簡単なのだが、生地の厚さがハンパなかった!針、折れなくてよかったー。

他にも…
d0200143_11384530.jpg
d0200143_11392436.jpg
ランチョンマットにもなる巾着袋。
円形なので長い紐が必要なのだが、家にある紐じゃ長さが足らなかったので紐も作成。
円を縫うのって結構難しい。基本的に縫い代込みで生地を裁断するので、縫い線と言うものを引かずにミシンをするのだが、この巾着の外側の生地は、イチョウ型の生地を4枚縫い合わせて円形にしているので、どうしてもズレができてしまい、外側の円形と縫い合わせるときに形が合わなかったりして困ったり…

写真には撮ってないが、この他にもスカートやトップスを作ったりしました。生地が足らなくて急遽デザインが変わってしまったり、ポケット付け忘れたり…など、いろいろ不満足な部分もあるが、日頃のストレスが解消されるので、そこは満足!

さぁ次は何を作ろうかな?

[PR]
by k_meiko | 2017-10-21 11:20 | 作ってみました。 | Comments(0)

タッカイ値段したミシン。ついでに生地屋さんもメンバー登録したので生地を安く買うことができるので、最近はもっぱら暇さえあればミシンミシン。
最近つかまり立ちをし始めた次男が後追いをするし、ミシンというマシーンに興味アリアリの長男に邪魔されながら(邪魔されると危ないので、私の膝に長男を乗せて、簡単なボタン押しなどをお願いしている)、時間はかかるがイロイロ作ってみた。

d0200143_07035654.jpg
まずは、長男の日本語センター用のリュック。ファイルや筆箱、おやつに水筒を入れても重くならないように。まだ実際にセンターには使っていないのでわからないが、自分でかろってくれることを期待。
d0200143_07064366.jpg
マグネットボタンなので、子供でも開け閉めが簡単。
d0200143_07075125.jpg
ヒモは調整可能。クッション性のある肩紐にしようかと考えたが、そうすると肩からスルスル滑り落ちそうな気がするのであえて素のままのヒモにしました。

d0200143_16502439.png
サファリハットも作りました。この写真の生地は、きなくなったシャツから切り取りました。リバーシブルになってるので、生地の端を処理する手間などがなく、とっても簡単に作れます。

d0200143_16531355.png
もう一つ作りました。こちらは長男の保育園の先生に頼まれて作ったもの。
d0200143_16551924.png
リバーシブル。自分用に作ったやつよりも丁寧に作ったので、だいぶキレイに出来た。

ワンピースやショートパンツなどの夏の服をたくさん作りたかったが、肌寒い日が多い今年のモントリオールの夏。あんまり着る機会がないまま秋が来そうな気がするのです。

[PR]
by k_meiko | 2017-08-10 06:59 | 作ってみました。 | Comments(1)

ミシン、大活躍!

新しく買ったミシン、最近毎日使ってます。パターンがないので、自分の持ち服やサイズを図ってからパターンも作成しなきゃならないので、あー大変!
それでもこの制作意欲が消えるまでに今まで作りたかったものをジャンジャン作らないと!

まず作ったのは帽子。パターンはネットで無料でダウンロードしたもの。
d0200143_09153794.jpg
d0200143_09164822.jpg
友達の娘さんの誕生日プレゼントに。写真は次男が試着したときの。裏地に接着芯を貼ってあるので、つばを自由に折ることができる。

次に作ったのは次男のズボン。
d0200143_09192279.jpg
元は私のTシャツだったものをリメイク。Tシャツからのリメイクで子どもたちのズボンは今までもよく作ったのだが、この新しいミシンだと15分くらいで完成。

他には
d0200143_09212916.jpg
夏らしいトップス。自分の持ち服を元にフリーハンドでパターンをおこしたので少しタイト。これは次男の機嫌がいい間にチャチャチャーと作ったので、パターンおこしから完成まで45分というスピードで作った。も「もっとこうすればよかったなー」と思うところが多数ある。

そして今日作ったのがこれ。
d0200143_09244081.jpg
ガウチョパンツ?って名前?
一度自分の持ち服を参考にしてパターンを作ったら小さすぎたので、今回は自分の腰回りや丈の長さを図ってキッチリとパターンを作りました。
d0200143_09263302.jpg
ゴムウエストだが、前部分にはタックも入れた。するとよりスカートらしく見える。
d0200143_09274791.jpg
サイドにポケットもつけました。ちょっと下につけてしまい、ポケットに手を入れた姿がヤンキーみたい…

長さもちょうどよく、初めて作ったにしてはいいものができたと自己満足。
出来上がったのを履いてから鏡の前で自分の姿をまじまじと見て思ったこと。「あーお尻が四角い…」
ゆるゆるのガウチョパンツを作ったので、これからどんどん崩れていく体型隠しにはちょうどいいね。
d0200143_09333500.jpg
最後は…
d0200143_09342824.jpg
次男のオイロケショットー!



[PR]
by k_meiko | 2017-07-02 09:12 | 作ってみました。 | Comments(0)

最近作ったもの

次男の歯が生えてきてるのか、最近ヨダレがすごい。首元が厚めのよだれかけをつけているのだが、バタバタ動いているうちにクルクル回って背中部分にいっちゃってることが多々ある。

どうにか固定したやつを…と探したけどカナダにはないのか?
エプロンタイプの後でクロスしてあるやつ、どこにある?

ないなら作ろうってことで二種類作りました。
d0200143_12005165.jpg
d0200143_12012506.jpg
最初に作ったのはこれ。肩の部分にもスナップボタンを付けて脱ぎ着をしやすくしたのだが、背中のスナップボタンが痛いのでは?あと、可愛いかなと思ってわざと目立つ糸でステッチしたのがド手作り感まるだしになってしまったので、違うタイプも作りました。
d0200143_12040411.jpg
d0200143_12044201.jpg
背中はクロスさせるのみで肩の部分にスナップボタンを付けました。周りをバイヤステープでグルッと縫い付けただけなのですぐできた。けど、寸法間違えてかなりデカイ。肩部分を少し縫い付けて修正したのでまたまた手作り感丸出し。ま、いっときしか使わんしえーね。

d0200143_12073365.jpg
d0200143_12080311.jpg
丸く切った生地に紐通しをつけて紐を付けた、でっかいおもちゃ収納巾着袋。なかなか便利。

こんな感じでカナダの長い冬を家の中で楽しく過ごしていますー。

[PR]
by k_meiko | 2017-03-13 11:57 | 作ってみました。 | Comments(0)

私、上手ではないですが裁縫が好きです。
子供のものや自分のもの、家庭のものなど、ほしいものがあったらまず自分で作れないか試してみます。しかも、いらなくなった服やシーツを使ったりもするので安上がり!
ってただの貧乏やん…

そんな貧乏かあちゃん、新しいアイテム手に入れました。
d0200143_11444071.jpg
プラスチックのスナップボタンをつけるやつ。
正式名称は『Plastic snap plier』
アマゾンで格安のを購入しました。カラフルなプラスチックスナップがたくさんついてきて14$ほど。送料も込みっていうんで即買い!!
d0200143_11495876.jpg
したら、なかなか来ない…どうやら送り元は中国だそうな。
商品に心配がよぎるが、簡易包装で送られてきたわりにはしっかりのしており、使い心地も悪くありません。スナップボタンもしっかりしてます。

そして早速このスナップボタンをつけてみました。
d0200143_11492715.jpg
長男のパジャマの上下を止めるために、サイドに2箇所つけました。
日本の某アパレルメーカーが、子供が寝ているときにお腹が出ないようにと上下が止められるようになっているパジャマがあって、いいなーと思ったので真似しました。

d0200143_11522135.jpg
こんな風にパジャマのズボンがずり落ちたりしないので、お腹が出ません。

ただ、子供には少し硬めのスナップボタンで、トイレに行くときは大人が外してあげる必要があります。
あっ、てか、うちの長男、まだおしめやったわ。



[PR]
by k_meiko | 2017-02-16 11:41 | 作ってみました。 | Comments(0)

納豆第一弾

カナダでも納豆が買えます。
日本食材を扱っているコリアンスーパーマーケットなどで売っているのですが、日本で3パック100円も出さずに買えるのに、3パックで300円以上します。1パック100円。毎朝ご飯では食べれないし、うちは長男も納豆好きなので私の取り分は少ないです。(旦那は大嫌い。大嫌いで大結構!!)

なので作ることにしました。
10月に納豆の作り方を教えてくれるワークショップに行き、詳しい作り方を教わりました。

今回は自分の覚書のためにも細かく記録しておこうと思います。

大豆500g
納豆菌ほんの少し(耳かき1匙ぶん)

大豆は一晩水につけておく。その後でっかい鍋で茹でるのだが、豆系は圧力鍋でやるとキケンだと聞いたので地道に鍋でじっくりと茹でました。がしかし5時間くらいかかったかな?途中で水を足しながら、硬さを確かめながら茹でました。納豆の硬さかな?ってところでザルにあげて少しそのままにしておき粗熱をとります。

オーブンの温度を40度くらいに設定。40度という温度設定はできないので、オーブン内のランプを点灯し続けておくとだいたい40度になります。そしてこの温度をずっとキープ。きちんと温度計を使ってキープします。

粗熱が取れた大豆に、大さじ1の水に溶いた納豆菌をふりかけてよけかき混ぜます。
ふきんをかけてから蓋をし、40度のオーブンに入れたら10時間放置。
一旦かきまぜてさらに10時間放置。

大豆が白っぽくなって納豆の匂いがしたら出来上がり。
d0200143_12292071.jpg
写真ではわかりにくいが、結構ネバネバしています。
でも大豆が思ったよりも硬い。茹で上がったときに食べてみたらちょうどいいような気がしたけど、納豆が出来上がったら結構硬かった。

d0200143_12320574.jpg
納豆を買っていた今まではご飯に乗せて食べるくらいしかしてなかったが、手作り納豆は大量にあるので、こんな贅沢食いもできる!これはサラダに入れたもの。オクラも入ってネバネバサラダーーー!!

第二弾は大豆の茹で方に気をつけて作ってみようと思います。



[PR]
by k_meiko | 2017-01-15 12:16 | 作ってみました。 | Comments(0)